資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
CGクリエイター検定エキスパート 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
0

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    JUGEMテーマ:プログラミング

     

     

     

    ■はじめに

    二年前にCGエンジニア検定エキスパートおよび画像処理エンジニア検定エキスパートを合格してエンジニアリングマイスターの称号を得ていたので、今回はCGマイスターの称号も取るべくCGクリエイター検定を受験することにしました。

    元々3dsMAXで趣味程度にキャラクターモデリングをしていましたし、カメラ撮影もしているので受験前のモチベーションはかなり高かったです。こういった背景から、初学者と比べてかなり有利な状態での学習スタートだったと思います。

     

     

    ■概要

    CGマイスターというのは公益財団法人 画像情報教育振興協会(通称:CG-ARTS協会)が認定する称号の1つです。この資格体系は少し複雑ですので以下簡単に説明します。


    まず、CG-ARTS協会がCG-ARTS検定を主催しております。この検定は大きく5つのカテゴリーに分かれておりまして、それぞれ「CGクリエイター検定」「CGエンジニア検定」「Webデザイナー検定」「画像処理エンジニア検定」「マルチメディア検定」となっていて、それぞれの検定に「ベーシック」と「エキスパート」の2つのレベルが設定されております。そして、複数のエキスパート試験(ベーシックを複数合格しても意味ありませんよ!)に合格するとCG-ARTSマイスターとして認定されます。得られるマイスターの組み合わせは以下の4通り。

     

     ・「CGマイスター」

      CGクリエイター + CGエンジニア

     

     ・「クリエイティブマイスター」

      CGクリエイター + Webデザイナー

     

     ・「エンジニアリングマイスター」

      CGエンジニア + 画像処理エンジニア

     

     ・「ディジタルメディアマイスター」

      Webデザイナー + マルチメディア

     

     

    さらに、マイスターの取得数に応じて「ピュア→シルバー→ゴールド→ブラック」と認定証が発行されます。


    つまり私の場合は、前回CGエンジニア検定エキスパートと画像処理エンジニア検定エキスパートに合格しており、今回新たにCGクリエイター検定エキスパートに合格したことで、エンジニアリングマイスター&CGマイスターとともにマイスターシルバーに認定されたことになります。

     

    さて、次に試験日程、試験時間です。

    試験は年2回、7月の初めと11月の終わりに実施されます。1回の試験でベーシック2つまで、エキスパート2つまで併願可能です。詳しく説明すると、ベーシックは午前、エキスパートは午後に行なわれ、それぞれ2つまで併願できるシステムです。残念ながらエキスパート4種とかは受けられないので注意が必要です。


    また、単願と併願では試験時間が異なります。併願受験では単願受験の約2倍の試験時間となります。なので、一般的に難しいと言われるCGエンジニアエキスパート検定や画像処理エンジニアエキスパート検定を受験する際に、他の試験区分と併願して試験時間を稼ぐ方法もあるわけです。もっとも、CGエンジニア検定と画像処理エンジニア検定は出題が結構かぶってるので一緒に受けてしまった方が効率が良いのですが、準備不足になってしまった場合にこの手法は使えそうではありますね。


    次に試験方式ですが、すべてマークシート方式となっていて記述はありません。問題数は大問が10問で、それぞれに小問が4、5つ出題されるので合計40〜50問です。問題冊子は100ページ以上と非常に厚くなっていて、5つの試験区分すべての問題が1つの冊子となっております。マークシートも5検定分すべてマークする箇所があります。この試験は、事前に受験する検定を申告し、その問題を解答しなければなりません。なので、問題が配られてから他の検定が簡単だからといって、受験する試験区分をその場で変更することはできませんので気をつけましょう。事前に選んだ検定試験のところだけにマークしていくことになります。

    この方式が嬉しいのは、次回受験予定の過去問が手に入るところですね。


    試験の解答は試験日の1週間以内に公表され、合格発表は約1ヵ月後にされます。マークシートなんだからもうちょっと早く分かってもいいような気もしますが……

     

     

    ■試験結果

    ・期間:10日(勉強時間 10 時間)
    ・費用:13,512円(受験料6,600円、参考書代等6,912円)
    ・得点:90%(70%以上で合格)

     

    1日1時間、10日間の勉強で合格することができました。結果は40問中36問正答の90%。合格基準である70%を大きく上回りました。やはり3DCGとカメラの経験はかなり影響しています。今回私が合格した時の合格率は23.55%とかなり難しく、過去問より深く突っ込んだ内容が出題されましたが、経験をもとに答えられた問題も多く、テキストだけではカバーしきれていない内容も多かったと思います。

     


    ■計画

    まずは計画からです。とはいえ、CG-ARTSの検定試験については前回受験時に下調べは終わっていたので、今回もその延長で対策をすることにしました。


    使用したテキスト、問題集ともに公式教材。「ディジタル映像表現 -CGによるアニメーション制作-」「CGクリエイター検定エキスパート・ベーシック公式問題集」の2冊。私は自信があったので「入門CGデザイン -CG制作の基礎-」は買いませんでしたが、CGクリエイターとは何ぞや?? という方は入門書から読み込んだ方が良いかと思います。なお、私は書籍版を購入しましたが、Kindle版の方が安いのでタブレットやPCでの学習慣れしている方はそちらを選んだ方が良いでしょう。


    教材の進め方はまず問題集から。公式問題集にはエキスパート試験3回分、ベーシック試験2回分が収録されておりますので、初めにベーシックをやってからエキスパートに着手します。ここでベーシックがあまりにも解けないようであれば、ベーシック2回分終わらせてから復習した方が良いでしょうが、ある程度解ける感触があればベーシックからエキスパートまで通してしまって構わないでしょう。


    テキストは辞書代わりに使います。問題集を解いていて分からない用語があった場合に開く程度で良い。このテキストはCGクリエイター検定だけに使えるのではなく、CGクリエイターとして活動する際にも役立つ本なので試験合格後にも空いた時間にすぐに手の届くところに置いておくと良いかと思います。


    試験対策期間は10日でしたので、1日目に公式問題集のベーシックを終わらせ、そこから2日かけてエキスパートを終わらせて合計3日間で1周目を終わらせます。そこから2日かけて2週目を終わらせ、1日で3周目終了。ここまで合計6日間。


    問題集を終えたら不安な箇所を中心にテキストに戻り、関連分野を覚えていきます。「実写撮影、映像編集」「モデリング、リギング」「CGアニメーション」「シーン構築とリアルタイムCG」にそれぞれ1日かけてテキストの内容をじっくりと頭に入れていきます。知的財産権に自信のない人はここに時間をかけましょう。エキスパート検定では必ず共通問題として出題される知的財産権分野を得意にしておけば、今後マイスター称号を増やしていく際に有利に働くからです。


    なお、「プロダクションワーク」「Appendix」については特に対策をしなくても良いかと思います。常識で解けますし、難問が出題された場合はテキストの範囲を大きく超えることが多く、コスパが悪いからです。

     

     

    ■実行

    まずは問題集のベーシックパートから。
    初見で解ける問題が多く、特に引っかかるところはありませんでした。暗記で切り抜けられるため、3DCG経験がない人でも進められると思います。


    ベーシックをササっと終わらせてエキスパートへ。問題のレベルが一気に上がります。趣味で3DCGをやっていたときは人体モデリングがメインだったため、Ceaseの適用をしたことがなかったため、こういう機能もあるんだなと学習。確かに無機物を作成する際には役立つ機能です。


    シャッタースピード、F値、露出あたりはカメラ撮影している人なら楽勝。F値を大きくすれば被写界深度が深くなってボケにくくなるとか、シャッタースピードを落とせば露光時間が長くなるため明るくなるとかは体が覚えています。しかし、ホワイトバランスは普段の撮影であまりイジったことがなかったので、多少勉強時間を割くことになりました。


    ここら辺の理解をテキストだけで学ぼうとすると難しいと思います。いや、難しいというよりも面白くなさそう。やはり実際に撮影してみるのが良いでしょう。一眼レフカメラがおススメですが、最近のスマホはマニュアル撮影もできるようなので、色々と設定をいじって撮影してみると良いかも。簡易三脚を取り付ければスマホでもシャッタースピードを遅くできますしね。実機を触る時間がなければ捨ててしまっても構いませんが。


    動画撮影についてはショットサイズ、イマジナリーライン、パンやティルト等のカメラオペレーションが頻出。ショットサイズのところはもう覚えるしかない。ミディアムショットとクローズショットの違いとか、テキストに戻りながら理解していきます。イマジナリーラインはそういうものだと覚えるだけなので得点源。
    カメラオペレーションについてはドリーの理解が少し難しいかも。ズームインとドリーインはともに被写体に近づいていく手法なんですが、ズームインが撮影者の見ている風景を拡大したものですが、ドリーインは撮影者自体が被写体に近づいているため周囲の風景が変わります。

    これらは暗記というよりも、実際にカメラを動かしたときにどう風景が変わるかをイメージすることで応用問題に対応することができます。実機を


    映像編集についてはモンタージュ理論、そしてカットつなぎが良く出題されるようです。まぁ理論についてはそういうもんだと覚えるとして。フェードイン・アウトやワイプはパワーポイントでアニメーションを設定したことのある人であれば問題ないでしょう。ダブルエクスポージャーやインサートカットとかに普段から馴染みのある人は少ないと思いますが、テキストの内容を暗記するだけで問題ありません。


    モデリングに関しては、3DCG経験者が圧倒的に有利です。階層化した時の動き方等を頭の中だけで理解するのは難しいので、合格を目的にするだけならここは捨ててしまっても構いません。その代わり、ペジェ曲線やマッピング、マテリアル設定でしっかりと得点できるようにしておきましょう。


    リギングは、モーフターゲット、スキニング、インバースキネマティクス(IK)およびフォワードキネマティクス(FK)そしてコンストレインあたりを抑えておけば良いでしょう。ここの分野も実務経験がなくてもテキストだけで十分です。


    アニメーションは、パスアニメーション、キーフレーム、シミュレーション、そしてキャラクターアニメーションの手法、リップシンクあたりを中心に学習すれば良し。キャラクターアニメーションの手法では、アピールやアンティシペイション、ヒップファースト、セトルやホールドといった個々の手法まで出題されるので理解しておきましょう。かなり覚えることが多いです。


    シーン構築は、マテリアル表現のサブサーフェススキャッタリング、アンビエントオクルージョン。ライティングでは、方向性ライトや面光源、ポイントライトは特に頻出。グローバルイルミネーションについては、ラジオシティ法、フォトンマップ法、パストレーシングまで踏み込むように。レンダリングは、ビューボリュームのLODやモーションブラー、フォグ効果等のレンダリング手法、そしてZバッファ法、スキャンライン法、レイトレーシング法といったレンダリングアルゴリズムの概要くらいは覚えておくべきです。ここら辺の理解は難しいので、苦手であれば捨てても構いません。


    リアルタイムCGについては、ハードウェアの基本構成とビルボードやLOD等の技法を覚えておけば十分です。また、ファイル形式については出題されることも多いのですが、すべてのファイル形式の特徴を覚えるのは得策ではないので、JPEGやTIFFといった代表的なものだけ覚えておけばOK。


    で、知的財産権は過去にエキスパート検定を受験している人であれば対策済みでしょうし、私の場合は中小企業診断士試験の経営法務でここら辺はみっちりとやったので読み飛ばしました。知的財産周りは、CG周りの実務をする上で必ずまとわりついてくるものですので、初学者はここでシッカリと対策しておきましょう。


    試験前日までに公式問題集をすべて解けるようにしておき、テキストで不安な用語のところに付箋を貼っておきます。当日に付箋の貼られた箇所だけ目を通して、試験会場に向かいます。

     

     

    続きを読む >>




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    エンジニアリングマイスター 独学1発合格 〜勉強時間:30時間〜
    0

      JUGEMテーマ:プログラミング

      JUGEMテーマ:検定試験にむけて

       

       

      ■はじめに

      本格的にVRアプリを作りたいと考えておりまして、まずは知識取得のために何か資格試験はないかなぁと模索していたところ丁度良いものを発見しました。それが今回取得したエンジニアリングマイスターというもの。このエンジニアリングマイスターというのはCGエンジニアエキスパート検定と画像処理エンジニアエキスパート検定の2つに合格すると与えられるもので、今回はこれら2つの試験をダブル受験して、無事合格することができました。本記事はダブル受験の合格体験記となっていますが、それぞれの検定の特徴なども踏まえて書きますので、片方だけ受験する方もぜひご覧下さい。

       

      なお、CGクリエイター検定エキスパートも後日合格しました。

       

       

      ■概要

      エンジニアリングマイスターというのは公益財団法人 画像情報教育振興協会(通称:CG-ARTS協会)が認定する称号の1つです。この資格体系は少し複雑ですので以下簡単に説明します。

       

      まず、CG-ARTS協会がCG-ARTS検定を主催しております。この検定は大きく5つのカテゴリーに分かれておりまして、それぞれ「CGクリエイター検定」「CGエンジニア検定」「Webデザイナー検定」「画像処理エンジニア検定」「マルチメディア検定」となっていて、それぞれの検定に「ベーシック」と「エキスパート」の2つのレベルが設定されております。そして、複数のエキスパート試験(ベーシックを複数合格しても意味ありませんよ!)に合格するとCG-ARTSマイスターとして認定されます。得られるマイスターの組み合わせは以下の4通り。

       

       ・「CGマイスター」

        CGクリエイター + CGエンジニア

       

       ・「クリエイティブマイスター」

        CGクリエイター + Webデザイナー

       

       ・「エンジニアリングマイスター」

        CGエンジニア + 画像処理エンジニア

       

       ・「ディジタルメディアマイスター」

        Webデザイナー + マルチメディア

       

       

      さらに、マイスターの取得数に応じて「ピュア→シルバー→ゴールド→ブラック」と認定証が発行されます。

       

      つまり、私は今回CGエンジニアエキスパート検定と画像処理エンジニアエキスパート検定に合格したため、エンジニアリングマイスターとして認定されたとともにマイスターのピュアに認定されたことになります。

       

      さて、次に試験日程、試験時間です。

      試験は年2回、7月の初めと11月の終わりに実施されます。1回の試験でベーシック2つまで、エキスパート2つまで併願可能です。詳しく説明すると、ベーシックは午前、エキスパートは午後に行なわれ、それぞれ2つまで併願できるシステムです。残念ながらエキスパート4種とかは受けられないので注意が必要です。

      また、単願と併願では試験時間が異なります。併願受験では単願受験の約2倍の試験時間となります。なので、一般的に難しいと言われるCGエンジニアエキスパート検定や画像処理エンジニアエキスパート検定を受験する際に、他の試験区分と併願して試験時間を稼ぐ方法もあるわけです。もっとも、CGエンジニア検定と画像処理エンジニア検定は出題が結構かぶってるので一緒に受けてしまった方が効率が良いのですが、準備不足になってしまった場合にこの手法は使えそうではありますね。

       

      次に試験方式ですが、すべてマークシート方式となっていて記述はありません。問題数は大問が10問で、それぞれに小問が4、5つ出題されるので合計40〜50問です。問題冊子は100ページ以上と非常に厚くなっていて、5つの試験区分すべての問題が1つの冊子となっております。マークシートも5検定分すべてマークする箇所があります。この試験は、事前に受験する検定を申告し、その問題を解答しなければなりません。なので、問題が配られてから他の検定が簡単だからといって、受験する試験区分をその場で変更することはできませんので気をつけましょう。事前に選んだ検定試験のところだけにマークしていくことになります。

      この方式が嬉しいのは、次回受験予定の過去問が手に入るところですね。実は、私も次回はCGクリエイター試験を受験予定なので1回分の過去問が入手できたのは非常に嬉しいです。

       

      試験の解答は試験日の1週間以内に公表され、合格発表は約1ヵ月後にされます。マークシートなんだからもうちょっと早く分かってもいいような気もしますが……

       

       

      ■試験結果
      ・期間:22日(勉強時間 30 時間)
      ・費用:31,560円(受験料13,200円、参考書代等18,360円)
      ・得点:CGエンジニアエキスパート検定 82%(70%以上で合格)

          画像処理エンジニアエキスパート検定 80%(70%以上で合格)

       

      1ヵ月かけてある程度シッカリと勉強したら合格基準を10%以上も上回って合格できました。なお、本記事執筆時にはまだ合格は確定していませんので、不合格だった場合は記事を削除します。

       

       

      ■計画

      まずはいつも通りインターネットで情報収集からです。

      CG-ARTS検定の中でもCGエンジニアエキスパート検定と画像処理エンジニアエキスパート検定は比較的難易度が高いことが分かりました。なので勉強時間も長めに1ヵ月とりました。

       

      調査した結果、物理、特に数学がかなり重要らしいことが分かりました。物理・数学の習熟度レベルで合格までの時間はかなり変わるようです。私の場合は、物理学科出身であり、理系科目の家庭教師をやっていることもあるので、ここら辺は一切心配ありませんでした。数学では線形代数、微分積分、三角関数、極座標変換、物理ではレンズの焦点距離などが不安な方は基礎を固める時間も考慮した方が良いかと思います。フーリエ変換や確率、ガウシアンやラプラシアンに関しては頻出ですが、目的だけ理解すればよいので途中式を1つ1つ丁寧に追う必要はありませんのでご安心ください。

       

      さて、学習計画はCGエンジニアと画像処理エンジニアでそれぞれ1日1時間のペースで10日ずつ確保し、最後に試験直前の総復習のためにそれぞれ5時間ずつとりました。参考書と問題集は公式書籍を使いました。具体的には、参考書についてはCGエンジニア検定と画像処理エンジニア検定の共通入門書である「ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門-」、CGエンジニア検定の「コンピュータグラフィックス」、画像処理エンジニア検定の「ディジタル画像処理」の計3冊。問題集はそれぞれの検定用の「CGエンジニア検定エキスパート・ベーシック公式問題集」および「画像処理エンジニア検定エキスパート・ベーシック公式問題集」の計2冊。参考書と問題集合わせて合計5冊です。

      しかし「ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門-」は必要なかったかもしれません。もちろんあった方が良いとは思いますが、節約したい方は上記入門書は省いても良いかと。他4冊は必須です。

       

      まずはCGエンジニア。

      学習を開始するのは「CGエンジニア検定エキスパート・ベーシック公式問題集」から。本ブログでも何度も申し上げておりますが、最短合格が目的であればまず問題集からはじめてください。学校教育通りに参考書から読み始めるのは愚の骨頂です。読んだだけで頭の中に入るようなら誰も苦労しません。実践あるのみです。参考書は問題集を終わらせてから知識の補完のために利用してください。

       

      問題集にはベーシック3回分、エキスパート3回分掲載されておりますので、1日に2回分解けるとして3日で十分でしょう。その際には分からなかった問題だけチェックするようにすれば2回目以降の学習の時間が短縮されます。そして2周目は2日。3周目は1日。合計6日で問題集は終わる計算です。

      次に参考書の「ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門-」を2日。「コンピュータグラフィックス」を2日。ここまでで合計10日。

       

      次に画像処理エンジニア。

      こちらも「画像処理エンジニア検定エキスパート・ベーシック公式問題集」から開始。この本はCGエンジニアの問題集よりボリュームが多く、ベーシック3回分、エキスパート5回分掲載されております。なので1日2回分計算で4日。2周目を2日。3周目を1日の計7日。

      次に「ディジタル画像処理」はコンピュータグラフィックスよりも少し内容が重そうなので3日で読み切ります。これで画像処理エンジニアだけで合計10日。CGエンジニア検定と合わせて20日経過。

       

      最後に試験直前日にそれぞれ5時間ずつ復習して試験に備えます。

       

      続きを読む >>



      本ブログはランキングに参加しています。
      応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
      にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



      | katekyonet | 資格勉強 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      エンジニアに向いていない人の特徴を4つほど考えてみた
      0

        JUGEMテーマ:ビジネス

        JUGEMテーマ:就職活動

         

         

        小さな損をすることができなければ、遅かれ早かれ、丸損を経験することになる。

           

        ジャック・D・シュワッガ

         

        これはマーケットの魔術師という書籍の著者である有名トレーダーの言葉です。小さな損というのはトレードでいう損切のこと。当初は上がると思って株を購入したけれど予想とは逆に下がってしまった場合に、損失額が大きくなる前に手放すことです。つまり、意図していた方向性が間違っていたら素早く手仕舞し、再起不能に陥ることを回避するべきだという教訓です。


        人生においても損切をすることは非常に重要です。人には必ず天職がありますが、新卒で就いた仕事が自分の天職だとは限りません。むしろ世の中に存在する仕事の数を考えれば、初めの仕事が天職である可能性の方が低いでしょう。もし天職でないと判断したら、早めに損切して他の職に切り替えるべきです。


        それでは天職かどうかの判断はどうすれば良いのか。同じようなトピックでネットサーフィン(死語?)をしてみると「コミュニケーションが苦手」とか「スケジュール管理ができない」とか「効率化の意識がない」といったエンジニアというよりも働くうえで致命的になるようなものや「プログラミングが苦手」とか「パソコン操作が苦手」といった議論するまでもないことをわざわざあげているサイトが多く見受けられました。


        向いていない理由をそのようなマイナス面で考えるよりは、自身が好きなこと、得意なことを基準としてエンジニアに向いているかどうかを議論した方が有益です。そこで、エンジニア職を経験し、それが天職ではないと判断した筆者の経験を踏まえて、エンジニアに向いていない人の特徴を考察していきましょう。

         

        ■直感を大切にする行動力の高い人
        エンジニアは「なんとなく良さそうだな」とか「なんとなく分かったからOK」みたいな思考はNGです。「なんとなく」という感覚的な部分を根絶やしにして、無理やりにでも論理に落とし込むような姿勢が求められる職業だからです。


        私は物事を突き詰めて考えることが好きではありません。何かはじめるときはメリットとデメリットを3つくらいずつ挙げてみて、メリットが上回れば実行してしまいます。これまでの人生の中で心配し過ぎたことの9割以上が実際には起こらなかったという経験からも突き詰めて考えるという思考があまり得策ではないと実感しています。考えることは重要ですが、考え過ぎてしまうと行動に移せないというケースは多々見受けられます。


        考え過ぎることとトレードオフにあるのが直感です。そしてこの直感が行動力に結びつきます。
        例えば、新規ビジネスをはじめる際に直感は重要です。なぜならば、現在のビジネス環境は非常に複雑化しており、頭の中で描いた戦略通りに事が運ばれることはほぼあり得ないからです。よく使われるSWOT分析にしても、完璧にマトリックスを作り上げることは不可能でしょう。特に、O(機会)とT(脅威)については、実際にその中に身を置かなければみえてこないことは多い。S(強み)とW(弱み)についても、自分では強みだと気がつかなかった要素が実需要に対して強みになっていたということもあり得ます。


        本ブログも元々は出世を目標とする30代前後の男性サラリーマンを対象としていました。しかし、実際にブログを運営してみると女性読者が非常に多く、むしろ男性よりも女性読者に支えられていることが分かりました。アロマテラピー検定や色彩検定の記事について問い合わせで多くのご意見をいただき、またアプリや商品リンクから多くご購入いただいています。そのような方々のおかげで本ブログを継続できており、非常に感謝しております。


        考え抜くことがあまり好きではなく、ある程度感覚に頼る部分を重視する人はエンジニア以外の職業が天職である可能性は十分に高いと思われます。

         

         

        ■すぐに人に聞きたくなる性格
        解決すべき問題があるときに、すべて自力で何とかしようとするのがエンジニアです。基本的には自分で解決し、どうしても難しい場合のみ助けを求めるというスタンスで仕事をする人が多いように思います。その逆が、すぐに人に助けを求めるタイプの人です。


        これは、初めて訪れた場所で「自力で目的地にたどり着こうとするか」「初めから人に聞くか」で自分がどちらのタイプか分かります。地図を見たり、スマホの道案内アプリを使って、自力で目的地を探すような性格はエンジニア向きです。一方で、すぐに目的地までの行き方を聞く人はエンジニアとしては微妙かもしれません。


        確かに自分で調べるプロセスを経て学べることも多いでしょうが、少なくとも目的地に着くということだけを重視するのであれば人に聞くのが一番でしょう。もしかしたらその日は交通規制があるかもしれません。また、地図には載っていない裏道を教えてくれるかもしれません。


        エンジニアでいると気づきにくいかもしれませんがすぐ人に聞く性格は長所です。たとえ自分自身のスキルで何とかできるとしても、他の得意な人がやればもっと上手くやれる。その空いた時間を使って自分の得意なことに打ち込む。このような思考を持っている方はエンジニアでは苦労するかもしれませんが、別の仕事では評価されることを覚えておかなければなりません。


        かの有名なヘンリー・フォードは、ある時エンジニアから技術的な質問を受けたそうです。彼はすぐに電話をとってその道のエキスパートに電話をかけて代わりに答えてもらったようです。


        何でも人に聞くことは短所でもなんでもありません。特に、人を使って何かをするようなビジネスオーナー向きの性格だとも考えられます。

         

         

        ■プレゼンを観衆を楽しませる手段と考える
        机に座って黙々と作業し続けることがあまり好きではなく、むしろ皆の前でプレゼンをすることが好きな人はエンジニア以外の選択肢も考えてみてはどうでしょうか。


        プレゼンといっても学会や技術発表で行われるような、自身のやっている仕事内容や技術について深掘り・考察するような技術プレゼンではありません。ここでいうプレゼンは、人に興味を持ってもらえるように物事を分かりやすく説明したり、自分の主張を広くアピールするようなものです。専門家の間ではなく、専門外へのプレゼンというイメージでしょうか。これを先ほどの「技術プレゼン」に対して「一般プレゼン」と呼ぶことにします。


        技術プレゼンと一般プレゼンの大きな違いは、訴えるポイントにあります。技術プレゼンの目的は、技術原理や実験結果の紹介、それについての考察がメインとなります。聞く側も専門家が多く、すでに興味の下地ができているため話す側がわざわざ興味を持ってもらおうとしなくても熱心に聞いてくれるため、事実を淡々と説明するだけで良いという特徴があります。


        一方、一般プレゼンは原理や結果なんてどうでも良く、聴衆が何を知りたいか、何を求めているか、どのように話したら興味を持ってもらえるか、にフォーカスします。つまり、相手のメリットを起点とし、それを面白おかしく聞いてもらうことが目的。なので原理などはどうでも良いのです。


        プレゼンを議論の手段ではなく、相手に伝えたい、知ってもらいたいというコミュニケーション手段と考えている人はエンジニア向きではないかもしれません。

         

         

        ■幅広いスキルを習得したい
        幅広いスキルを習得したいというと響きがいいのですが、つまりは飽きっぽい性格の人です。1つのスキルを追究できるのがエンジニアです。が、私のような飽きっぽい人間は1つのことをある程度やったら、他のことに手を出してしまいたくなります。


        私がなぜこのように手を広げるのかというとナンバーワンよりもオンリーワンになるという信念があるためです。なぜならば、ひとつのスキルを極めるよりも複数のスキルの組み合わせで差別化を図る方が効率が良いからです。例えば、野球でイチローになろうとしたら100万分の1の才能を引き当てなければなりません。これは非常に難しい。しかし、英語×IT×法律のような3つのスキルセットでそれぞれ100分の1の人材になれたとすれば100*100*100=100万となり、イチロー同様に100万分の1の人材になることができます。100万人に1人と言われると努力だけではなく才能が関わってきますが、100人に1人くらいであれば努力で何とかなるでしょう。


        またまた私の実例ですが、情報技術者試験のようなIT資格は世の中に学習アプリが出やすいです。実際にGoogle Play StoreやApple Storeで検索すると分かりますが、基本情報技術者試験の学習アプリは数えきれないほど検索にかかります。しかし、世界遺産検定やアロマテラピー検定、エコ検定といったITスキルとはかけ離れている学習アプリになるとアプリ数が極端に減ります。お陰で私のアプリが選ばれることが多くなっており、実際に教育有料アプリでランキング1位を取得したことがあります。


        これらは「アロマテラピー×IT×教育」「世界遺産×IT×教育」「地球環境×IT×教育」という異なるスキルを組み合わせた一例です。つまり、ひとつのスキルをとことん極めることよりも、複数のスキルセットで勝負するという選択肢に魅力を感じる人はエンジニア以外にも目を向けてみると幸せになれるかもしれません。

         

         

        ■自分のスキルを生かせる道
        エンジニアには向き不向きがあります。突き詰めて考えることが嫌いであればどうしようもありません。将来何かやりたいことがあって、その手段としてエンジニアということであれば構いませんが、そうでなければ他の道を考えるのは賢い選択でしょう。


        かくいう私もエンジニアには向いていないことを実感しています。スキルを学びはじめたのが遅すぎますし、何よりプログラミングとか全然好きではありません。こんな人間がエンジニアが天職の人にどうしたって勝てっこありません。それではなぜエンジニアになったのか。それはエンジニアとしてのスキルが自分の将来やりたいことにどうしても必要だったからエンジニア職を選んだという経緯です。


        もし、あなたがエンジニアに向いていないことを自覚し、そして社内でのポジション異動が難しい場合は転職する選択肢もありでしょう。そこでおススメするのがBizreach(ビズリーチ)です。私自身が転職活動で一番役に立ったのがこのサイトです。プロフィールを載せておけば、企業側からアプローチをしてくれます。このサイトが秀逸なのは、転職エージェントだけでなく、企業から直接オファーが届く点です。

         

        なお、Bizreachは転職を急いでいる人というよりも長期的にしようと考えている人向けのサービスです。私は登録をしてからしばらく放置していて、気に入った企業からメールが届いた場合のみ反応していました。


        エンジニアとして評価されないからといって世間から評価されないということではありません。人それぞれ得意・不得意があるので、色んな選択肢に目を向けて、最終的に得意なフィールドに立てることが人生成功への道ではないでしょうか。

         




        本ブログはランキングに参加しています。
        応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
        にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



        | katekyonet | 転職 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        財務諸表の全体像を初心者にも分かりやすく 〜財務3表一体理解法のすゝめ〜
        0

          JUGEMテーマ:ビジネス

          JUGEMテーマ:検定試験にむけて

           

           

          「貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書」


          名前は知ってるし、どんな項目があって、それぞれの役割は何となく分かる。けど、それらの繋がりや読み方、実際に会社を設立したときに数字がどう動くのかをイメージできない人は多いのではないでしょうか。


          今回は、財務諸表のひとつひとつの項目を詳細に説明したり、仕訳のやり方を説明したりするのではなくもっと広い視点。各財務諸表の役割、そしてそれぞれがどう繋がっているかを簡単に説明します。


          本記事は中小企業診断士のような経営的な視点での財務諸表の見方に興味がある方や、簿記をやっているけれど何のために学習しているのか分からない方を対象としております。会計学に詳しい方は不十分だと思う点があるかと思いますがご容赦ください。

           

           

          ■貸借対照表
          貸借対照表はBSと表記されます。これは英語の"Balance Sheet"の略です。BSは資産と負債、純資産の状況がまとめられています。


          貸借対照表には左側と右側があって、左が資産、右が負債および純資産を表しています。資産や負債は分かりやすいですね。しかし、純資産って一体全体何でしょうか。資産に純がついただけなのに、貸借対照表上は資産と同じ左側ではなく反対の右側ってのが初心者には分かりづらい。負債は債権者から、純資産は株主から、とか言われても債権者って専門用語をすんなり理解できる時点で結構博識です。


          そこで、もう負債とか純資産とか分けずに考えてしまいます。貸借対照表の右側は会社が使えるお金、左側はそのお金の使い道、と理解してしまいましょう。

          試しに右側の負債の中身を見ていると銀行等から借りてきた「借入金」という項目が見られるかと思います。これは銀行から借りたお金です。

           

          貸借対照表図1


          で、純資産の中身をみてみると「資本金」と書かれているのが分かります。これは会社自身の持っているお金。また、この純資産には会社が自身で利益を上げた「繰越利益剰余金」というものがあります。借入金、資本金、繰越利益剰余金はすべて会社が使えるお金です。

           

          次に、左側を見ると「現金」「商品」「建物」といった項目があります。これは、会社がお金を使って得た資産であり、貸借対照表の右側のお金がどのような資産に変わったかを表しています。会社が商品や建物を買えば、その購入金額が左側の資産の部に書かれることになります。つまり、貸借対照表の右側と左側は一致することになります。

           

          貸借対照表図2


          貸借対照表を埋めるためにはルールを覚える必要があります。簿記で学ぶ「仕訳」とは、そのルールにならって貸借対照表を作成する作業に他なりません。


          貸借対照表は右側が会社が使えるお金、左側がお金の使い道。そして左側には繰越利益剰余金という会社自身が稼いだ利益があることを覚えてください。

           

           

          ■損益計算書
          損益計算書はPL。"Profit and Loss statement"からきています。PLからは企業が売り上げた収益と、それにかかった費用が分かります。


          PLには5種類の利益「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」があります。売上総利益は粗利とか呼ばれたりもします。

           

          損益計算書図3


          売上総利益は売上高から売上原価を引いたもの。つまり、その企業の商品力だけで稼げる利益の指標です。例えば、製造業などはこの売上総利益が重要になります。


          営業利益。これはその企業が主ビジネス(本業)で稼いだ利益です。人件費はここに含まれます。つまり、売上高から商品の原価、人件費を引いたその企業の稼ぐ力を表しています。たとえ商品力が高くても人材を使いこなせる力が弱ければ営業利益は少なくなってしまいますし、その逆、商品力が弱くても人材を上手く使って商品を売ることができれば営業利益は増えます。理想は商品力も人材力も高いことです。この営業利益は製造業に限らずすべての業種で非常に重要な指標です。


          経常利益。これは営業利益に主ビジネス以外で稼いだ利益を加えたものです。例えば、不動産賃貸や株・為替の利益などです。仮に経常利益で赤字だったとしても、それだけで企業に稼ぐ力がないとは断定できません。本業で黒字ーーすなわち営業利益がプラスであれば、その期は一時的なマイナスだったと考えられます。企業分析においては営業利益と同じくらい重要な指標です。


          税引前当期純利益。災害が起こった場合の社屋の損傷等を含めたものです。特別な事態を含めた利益なので、企業分析では営業利益や経常利益の方が重要視される傾向にあります。そして、当期純利益は税引前当期純利益から税金を引いたものです。つまり会社の手取り額です。税効果会計とか特殊なことを考えない限りはこの理解で構いません。

           

          損益計算書図4

           

          損益計算書では、営業利益や経常利益が企業分析をする上でとても重要ということ。そして当期純利益が会社の手取り額だと覚えてください。

           

           

          ■キャッシュフロー計算書
          キャッシュフロー計算書はCS。"Cash flow Statement"からきています。家庭における家計簿に相当します。


          このキャッシュフロー計算書は現金の出入りを表します。貸借対照表に書かれている売掛金や固定資産は資産ですが、すぐに現金化できないため現金とは分けて考える必要があります。例えば、その期に黒字だったとしても、いざ税金を支払おうというときに手元に現金がなかった場合、最悪黒字倒産ということもあり得ます。そのような事態は何としてでも避ける必要があり、現金を管理するキャッシュフロー計算書の必要性はここにあります。


          ではキャッシュフロー計算書の中身をみていきましょう。企業は、お金をもってきて、何かに投資して、稼ぐ、という3ステップを踏みます。そこで、それらの活動を財務活動、投資活動、営業活動と分けて、それぞれのキャッシュフローをひとつの表にまとめたものがキャッシュフロー計算書です。

           

          キャッシュフロー計算書図5


          一般的にキャッシュフロー計算書では、損益計算書の税引前当期純利益を基準にして、そこから現金が増えた分と減った分を足し引きして現金を求めます。といいますのも、会社の膨大な現金をゼロから順番に計算するのは非常に手間がかかるからです。小さな個人事業ならともかく、売上何兆円もの大企業になると非常に大変です。そこで、損益計算書ですでに計算済みの税引前当期純利益を使って、貸借対照表を参考にしながら出ていったお金と入ってきたお金を和算すれば比較的楽に現金の流れが把握できそうですよね。


          この足し引きの方法ですが、基本的には財務諸表に書かれている数字を用いて行ないます。例えば、棚卸資産が増えた分は資産として計上されていますが購入するのに現金を使っているのでキャッシュフロー計算書上ではマイナスします。一方、減価償却費は現金が出ていないにも関わらず利益を押し下げていますので、その分をプラスしてあげて手元にある現金を求めていきます。貸借対照表の「現金」は、このキャッシュフロー計算書から求められます。

           

          キャッシュフロー計算書図6


          キャッシュフロー計算書は現金がいくら残っているのかを教えてくれて、税引前当期純利益を基準にして求められることを覚えておきましょう。

           

           

          ■財務3表の関係性
          さて、ここまで貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CS)について概要を説明してきました。それではここからは三つの財務諸表がどのように連携しているのかを簡単に紹介します。


          まず、貸借対照表(BS)から見ていきましょう。
          BSの左側、つまり資産の部の「現金」はキャッシュフロー計算書(CS)の一番下の「現金」に繋がっています。そしてキャッシュフロー計算書(CS)の一番上に書かれている税引前当期純利益は損益計算書(PL)と繋がっていて、そこから税金が引かれた後の「当期純利益」は貸借対照表(BS)の右側、純資産の部の「繰越利益剰余金」と繋がっています。

           

          財務諸表の繋がり図7


          簿記アレルギーの方は、まずこのように財務諸表全体のつながりを覚えて、それから個別の仕訳を学んでいくと簿記の学習も楽しくなるかと思います。

           

           

          ■まとめ
          財務諸表について簡単に説明しましたが、より詳しく学びたい方は國貞克則氏の「財務3表一体理解法」をご一読ください。仮想会社を設立して商品を仕入れて、売上げて、決算までにどのように財務3表が変動するのかを丁寧に説明されています。この財務3表一体理解法を実際に紙とペンで書きながら覚える実践ドリルもありますので、より実践的な理解を求めている方はこちらもおススメです。


          筆者も簿記で仕訳をやったり、中小企業診断士で財務分析をしたりしていましたが、それぞれの財務諸表がどう繋がるかについてはかなり曖昧でした。そして、この本と出会ってそれぞれの財務諸表、構成項目、そして繋がりが見えたおかげで企業分析が楽しくなりました。特にこの本と出合う前はキャッシュフロー計算書の足す項目と引く項目についてはすべて暗記していました。が、CSの意味を考えれば暗記なんてする必要もありません。このような確かな理解をしたことで、その年中小企業診断士二次試験に合格することができました。


          中小企業診断士や簿記等の受験生、そして投資家をはじめとした企業分析に興味ある方々は財務諸表の読み方を一度じっくりと学んでみることをお勧めします。

           

           




          本ブログはランキングに参加しています。
          応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
          にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



          | katekyonet | ビジネス書 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          人生を成功に導く究極のスキル「引き算思考」
          0

            JUGEMテーマ:教育

            JUGEMテーマ:就職活動

            JUGEMテーマ:ビジネス

             

             

            「完璧がついに達成されるのは、 何も加えるものがなくなった時ではなく、. 何も削るものがなくなった時である。」 by サン=テグジュペリ


            今は何でも手に入る時代です。欲しい物があればネット通販ですぐに買えますし、知りたい情報であれば検索エンジンを使えばたくさんのホームページが表示されます。そしてこの作業には別段熟練のスキルが必要なわけでもなく、スマホ1台あれば小学生でも欲しいモノに辿りつけるという非常に便利な世の中になっています。


            では、このモノに溢れた世界で個々人に求められてるスキルとは何でしょうか。それは何かを収集したり、蓄えたりする力ではありません。その逆、余分なものを省く、すなわち引き算思考ではないか、というのが今回のテーマです。

             


            ■パソコン VS スマートフォン
            個々人のスキルを議論する前にまずは現代人の趣向についてみていきましょう。人々が求めているモノを知ることで、それを作り出す側のスキルが見えてくるのではないかというアプローチです。

            いきなりですが、パソコンとスマートフォンを機能比較したらどちらに軍配があがるでしょうか?


            ……考えるまでもありませんね。圧倒的にパソコンの勝利です。しかし、実際に消費者が選んでいるのはどちらでしょうか?


            総務省の統計によると、2017年の時点でスマートフォンの世帯保有率がパソコンを上回ったようです。パソコンにできてスマートフォンでできないことはあっても、スマートフォンでできることはすべてパソコンでできると言っても過言ではありません。にも関わらず、人々はスマートフォンを選んでいるのです。


            スマートフォンがパソコンに勝っている点はシンプルさです。パソコンはパソコンで非常に高機能で素晴らしい発明です。パソコンが登場した時代にはそれが求められたのでしょう。しかし、今の時代が求めているのはむしろスマートフォンの方です。なんでもかんでも詰め込むといった多機能製品は現在では敬遠される傾向にあります。パソコンからキーボードやら重いバッテリーやらを取っ払って、持ち運びが簡単かつ片手で操作ができる、それでいて人々が生活する上で必要な機能はほとんど網羅されているのがスマートフォンです。


            スマートフォンの開発は我々が予想する以上に困難だったと思われます。なぜならば、適当に機能を省いてしまってもそれは劣化パソコンとなってしまうからです。
            人々が携帯端末に求めている機能のみを特定する、すなわち無駄なものを省く作業を実行するためには徹底的に考え抜かなければなりません。かのスティーブ・ジョブズはこのコンパクト化を実現するために相当悩んだそうです。
            顧客が何を求めているか、の調査からはじまり、そこに自社の技術をどのように適用するか、そしてどのように製品を仕上げるか。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という有名な孫子の言葉がありますが、まさにその通り実践した結果がスマートフォンなのではないでしょうか。このように絞り込むという作業は非常に大変かつ難しく、現代が求めているのはまさにこの「引き算思考」です。

             


            ■受験は「引き算思考」をできる人が勝つ
            さて、ここから資格キラーのブログらしく受験の話に切り替えたいと思います。


            先ほど例にあげたパソコンとスマートフォンの話は、受験勉強についても同じことが言えます。ある試験を受けようとした際に、書店に行けば何冊、何十冊もの教材が見つけられます。それらを全部購入するのは非常にお金がかかるのは当然ですが、それ以上に、そんなに教材を揃えても情報過多になってしまい、吸収しきれず、結局中途半端になってしまうことが容易に想像できます。


            そこで重要なのが絞り込む力となるわけです。絞り込むといっても無計画に絞りこんでも仕方がありません。スティーブ・ジョブズが実践したように、必要なポイントを抑えつつ、省くことが重要です。


            ではどのように省くのか。それは前述した孫氏の言葉通りに実践するのみです。


            まず、自分が受験する試験を徹底的に研究します。受験日はいつなのか、出題範囲はどうなっているのか、配点はどうなっているのか、過去問ではどのような問われ方をされているのか。

            そして次に自分自身の研究です。受験資格を満たしているのか、試験を受けることが自身の目的に合致しているのか、自分の得意分野はどこか、苦手分野はどこか。

            そして最後に、実際に本を開いてみて、自分のスタイルに合っている教材か、出題範囲が網羅されているか、網羅されていなければ補足としてどの教材を加えれば良いのか、分量は適切か。


            そのような思考プロセスを経て、ようやく自分オリジナルの受験対策教材集が出来上がることになります。つまり、ここで必要なスキルは教材を収集する力ではなく絞り込む力、すなわち「引き算思考」だということです。

             


            ■最後に
            昔はモノが少なかったので、何でも備えていることに利点がありました。しかし、現代はモノに満ち溢れています。そのため、処理するデータ量が多過ぎてパンクしている世の中になっていると言って良いでしょう。なので、今になってそれらを処理する力が求められてきたということです。つまり、時代の変遷とともに「足し算」という思考から「引き算」の思考へと求められる力がシフトしたのです。


            で、実はこの記事を書きながら以前から更新が止まっていたホームページを変更しました。以前は「スカイプ家庭教師」という非常に幅広い層に向けた内容だったのですが、今では「中小企業診断士特化型スカイプ家庭教師」と変更しました。これによりアクセスされるキーワードが変化してきております。


            本記事に興味を持たれた方は、ぜひとも「引き算する勇気 ―会社を強くする逆転発想」を読んでみてください。中小企業診断士の試験委員も勤めたこともある岩崎邦彦さんの書籍です。本の中では、ここで説明したことをより多くの具体例とともに紹介してくれています。
             




            本ブログはランキングに参加しています。
            応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
            にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



            | katekyonet | ビジネス書 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「強み」だけに捉われない幅広い知識こそがアイデア創出の源泉である
            0

              JUGEMテーマ:ビジネス

              JUGEMテーマ:教育

               

              最近「業務に関係ない種類の資格をたくさんとって何の意味があるんですか?」と聞かれることが多くなりました。

               

              ビジネス本を読んだり、SWOT分析に関する本を読むと必ずと言っていいほど「強みを作りなさい」とか「コアコンピタンスに注力すべし」みたいなことが書かれています。実際これは企業戦略に関しては正しくて、確かに強みを作らなければ他社との差別化は難しいでしょう。しかし、それを一個人レベルに落とし込んで忠実に実行してしまった場合のリスクについて語られることはあまりありません。


              今回は「強み」に捉われない幅広い知識がアイデアを生み出す元になるということを綴っていきたいと思います。

               


              ■「強み」の正体に迫る
              まず、企業の強みという意味であれば、販売力を強くしたいから人材を投入するとか、販売研修を充実させるとか、具体的なアクションをイメージしやすいでしょう。ですが、一個人レベルで考えた場合はどうでしょうか。

               

              個人の強みというと、プログラミングだったり、会計知識だったり、人脈だったり、マネジメント能力だったり…… もっと具体化すれば、プログラミングでもデータ構造に強いのか、アルゴリズムに強いのか、それともC言語やJava、Python等のいわゆるプログラミング言語に強いのか。さらにデータ構造の中でも…… というように非常に細かく細分化できます。同様に、会計知識やマネジメント能力についても細分化できてしまうわけで、一言で「強みを伸ばしなさい」と言われても何を伸ばすべきなのか困ってしまいそうです。つまり、強みというのは一般的に定義できるようなものではなく、状況に応じて範囲を広げたり、狭めたりする必要があるものだと解釈できそうです。

               

              まぁそんな言葉の本質に迫っていても議論は進まないので実際のケースを挙げてみましょうか。例えばサラリーマンが上司から「強みを伸ばしなさい」と言われた場合は、おそらく今現在携わっている業務のスキルを伸ばせということになるでしょう。つまり、今現在従事していること、すなわち自身の専門を「強み」とでもしましょうか。そもそも強みが自身の仕事でなかった場合は、なんで得意でもない仕事に対してお金を払う必要があるんだって話にもなりますしね。

               


              ■で、「強み」を伸ばすってどういうこと?
              で、「強み」が専門だとして、一体全体自分の強みを伸ばすことができていない人なんているのでしょうか? 毎日その業務に浸っているわけで、その専門スキルが伸びないなんてことがあるとは到底思えません。先ほど例にあげたプログラマーであれば、ほぼ毎日プログラミングをしているでしょうし、成長するスピードに差はあれど伸びているに違いありません。

               

              つまり、強みなんてものは普通に日々の業務をこなしているだけで自然と伸びてしまうものなので、わざわざ意識して伸ばすようなものでもないということになります。

               


              ■世界に目を向けてみよう
              それによく考えてもらいたいのは、こういった専門スキルは日本中、いや世界中に同じようなものを持った人間がたくさんいるということです。ひとつの専門分野に特化し過ぎてしまった場合、それだけで勝負するってことは努力だけではどうしようもないーーいわゆる才能が関わってくることについても意識すべきです。

               

              IT人材を例にあげると、日本だけでも100万人程度はいるようですし、世界までその範囲を広げればその十倍以上にもなるのではないでしょうか。自分に100万分の1の才能、1000万分の1の才能が備わっているという自信がない限り、その専門だけで勝負するという選択をすべきではありません。

               

              専門だけに特化することについては他にもリスクがあります。それは、そのスキルが時代の流れとともに不必要となってしまった場合です。こうなってしまった場合、再雇用先もなくなってしまうため、専門を絞り過ぎてしまうと相当なリスクを負っているということを理解しておくべきでしょう。

               

               

              ■知識の幅を広げるという選択肢
              これまで専門だけで勝負するのは難しいと話してきました。それではどうすれば良いか? 答えは至ってシンプル。専門知識を生かせば良いのです。

               

              ところで皆さんはアイデアの源泉は何だと思いますか?

               

              私もこれまでアイデアの源泉とは何かについて考えあぐねたことがありますが、ある一冊の本との出会いでその疑問が解消されました。それがジェームス W.ヤングの「アイデアのつくり方」という本です。この本の内容についてここで詳細に述べるつもりはありません。あとで読者の皆さんに読んでいただければ良いでしょう。この本の中で、アイデアというものは専門知識と一般常識の掛け算だと書かれています。

               

              ここでいう一般知識とは専門知識以外のことです。それは学校で学んだ教養かもしれませんし、前職のスキルかもしれませんし、あなたの趣味かもしれない。はてまた、あなたの地域固有の習慣かもしれない。この一般知識を広げることで新規アイデアが生まれる確率を高められるということです。

               

              例えば、現代のサッカーが発展した過程に、バスケットボールの動きを取り入れたというものがあるようです。これは、バスケットボールに知見のあるとあるサッカーコーチが試しに練習に取り入れてみたところ、絶大な効果を発揮したというものです。まさに専門知識(サッカー)と一般知識(バスケットボール)の掛け算だと言えるでしょう。

               

              「専門知識だけで生まれるアイデアもある!」と反論される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんなものはすでに他の誰かが考えついていて、すでに出尽くしていると思いませんか?

               


              ■アイデアの作り方だけを意識した場合の落とし穴
              さて、本記事ではこれまで一般知識を広げることを薦めてきたわけですが、それだけでは評価されない事実があることも心にとめておかなければなりません。

               

              仕事にしろスポーツにしろ何にしろ、絶対に抑えておかなければならないスキルがあります。それができていなければ、どんなに一般知識があったとしても使えない人間のレッテルを張られてしまいます。試験でいうところの足切りに似ていますね。仮に複数科目で100点を取ったとしても、一科目だけ基準点に達していなければ問答無用でバッサリ斬られるアレです。つまり、まずはその最低限抑えなければならないところをクリアすることが必要です。

               


              ■まとめ
              結局、アイデアというものは無からいきなり出てくるものではなく、専門知識と一般知識の掛け算という過程を経て生まれるものです。専門だけを伸ばしていてもアイデアは生まれません。それ以外の一般知識がアイデアの源泉となるため、それを広げることでより多くの組み合わせが思い浮かぶようになり、アイデア創出に繋がるわけです。

               

              私はエンジニアでありながら法律も会計も語学も学んでいますし、趣味として音楽、スポーツにも触れています。これがきっと将来的に新たな閃きに繋がると確信しているからです。

               

              もし皆さんがアイデアが生まれないことに行き詰っていたら、いったん専門から離れて、一般知識を増やすという選択肢にも目を向けてみることをおススメします。
               




              本ブログはランキングに参加しています。
              応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
              にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



              | katekyonet | ビジネス書 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
              0

                JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                JUGEMテーマ:プログラミング

                JUGEMテーマ:AI

                 

                 

                ■はじめに
                昨今のAIブームを受けてディープラーニング(深層学習)についての知識を増やそうという目的で、何か面白い資格はないかなぁ、とインターネットサーフィン(もしかして死語?)をしていたらたまたま見つけたのがこのG検定です。

                 

                ちょうど筆者もディープラーニングに手を出しており、TensorFlow&KerasでAndroidアプリを作ってみたり、VGG16に転移学習をして新たな画像認識にチャレンジしたり、LSTMでTwitterbotを作成したりしていました。しかし、体系だった知識がなく、一般的な手法やその歴史を学ぶことでさらに深い知識を得ることを目的とし、受験を決意しました。

                 


                ■概要
                ディープラーニング検定とは、日本ディープラーニング協会(JDLA)という団体によって2017年から開催されている検定試験で比較的新しい試験です。このJDLAの理事長にはディープラーニングの権威である松尾豊氏が務めています。さらに、トヨタ自動車や日立、さらにはGoogle等が賛助会員として登録されています。

                 

                ディープラーニング検定にはG検定とE検定があり、G検定がディープラーニングを事業活用するジェネラリスト向け、E検定がディープラーニングを実装するエンジニア向け、となっております。本当はE検定に興味があったのですが、受験するためにJDLA認定プログラムを終了しなければならないという面倒臭さがあったので、まずはG検定を受けることにしました。

                 

                G検定の試験時間は120分で自宅受験形式です。試験を受ける際の注意書きにカンニング行為はダメだと書かれているため、試験中のインターネット検索は禁止されていると考えるべきでしょう。とはいえ、インターネット検索してもバレることはないとは思いますが、どちらにせよ120分で226問も出題されるため、1問あたり30秒以内で答えなければなりません。ゆえに、問題ごとに検索していたら間に合わないので、やはり正攻法で挑むのが良いかと思います。

                 

                 

                ■試験結果
                ・期間:20日(勉強時間 10 時間)
                ・費用:19,008円(受験料12,960円、参考書代等6,048円)
                ・得点:不明


                期間は20日。1日30分電車の中で勉強しました。参考書は2冊に絞ったため、費用は2万円もかかりませんでした。得点は残念ながら非公表で合格最低点も分かりません。受かっても分野ごとの得点詳細等は何もなく、ただ合格通知が届くのみです。

                 


                ■計画
                まずはインターネットで情報集め。合格率が60%前後で推移しているため、必要最小限の知識を抑えれば合格できそうです。とはいえまだ歴史の浅い試験のため、現在受験している方々はある程度ディープラーニングへの知識があると推測されます。

                 

                試験対策本が少ないので、出題範囲を確認する目的も含めて公式テキストの購入を決めました。出題傾向としては公式テキストの「第4章 機械学習の具体的手法」「第5章 ディープラーニングの概要」「第6章 ディープラーニングの手法」の3つの章だけで全体の6割を占めているようだということが分かりました。


                この第3章〜第6章をより深く理解するためには、JDLAの公式推薦図書でもある岡谷氏の「深層学習」が良いとの情報を得たので購入。実際にこの判断は正しかった。本試験受験後に思ったのは、よほど実務で色々な種類のニューラルネットワークを実装している人でない限り、公式テキストだけでの合格は難しいかなと。あとは、大学で線形代数や微分積分を学んでない場合はかなり覚悟して挑む必要があるのかなとも思いました。


                他サイトには「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」が第1章〜第3章、「AI白書」が第7章〜第8章をカバーしているのでおススメだと書かれてはいましたが、試験合格のためには6割取れれば十分との判断から今回は極力書籍を揃えずに挑むことにしました。もし万全を期して挑みたいのであればこれら2冊を追加しても良いでしょう。本試験では前半にAI白書問題が連続で出題されたため、初めは全然解けず結構不安になりましたので。


                あと、Study-AIというサイトの模擬テストが無料で受けられるらしいので会員登録しました。

                ここのサイトに載っている問題と全く同じ問題が本試験で出題されたので必ず登録しておきましょう。

                 

                続きを読む >>



                本ブログはランキングに参加しています。
                応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                | katekyonet | 資格勉強 | 20:29 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                行政書士合格者が「資格スクエア」を使用して感じたメリットとデメリット 〜効率的な使い方も紹介〜
                0

                  JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                  JUGEMテーマ:塾と家庭教師

                   

                   

                   

                  最初に断っておきますが、独学できる方はわざわざこの記事を読む必要はありません。独学できればそれに勝るものはないので。


                  さて、これまで資格キラーのブログでは独学での合格体験記のみを公開してきました。というのも、私自身が通学や通信を利用したことがなかったことが大きな理由です。


                  しかし、今回ゆえあって資格スクエアさんのサービスを利用することとなりました。使わせていただいたのは、去年私が合格していた行政書士の講座。実際に使ってみると独学に慣れていない方々に対して上手くサポートできているなという印象を受けました。公式では通学でも通信でもないと謳っておりますが、オンライン動画配信による自習というスタイルになるため、通信に分類されるサービスなのかなと思います。


                  本記事は、独学慣れしていない読者をターゲットに、筆者が感じた資格スクエアのメリットとデメリットを列挙し、最後に資格スクエアの効率的な使い方について紹介したいと思います。

                   

                   


                  ■資格スクエアのメリット

                   

                  ◎レジュメを自分なりに書き換えられる

                  PCでマイページにログインするとレジュメを編集することができます。追記したり、ハイライトしたり、文字色変えたりできます。テキストに書き込みするような人には重宝する機能かもしれません。


                  初めはスマホでしかログインしていなかったので、こんな機能があることに気がつきませんでした……


                  ◎他分野と関連付けて学習できる

                  これが独学にはない最大のメリットですね。受験のプロが頻出ポイントを抑えたうえで他分野と関連付けて説明してくれます。特に、書籍だけで独学していると大事なところでも読み飛ばしてしまったりもするのですが、講師の先生が重要な箇所を強調して説明してくれる点がグッド。


                  ◎通勤時間中に「倍速」で講義が視聴できる

                  個人的にはこれが一番嬉しい。しかも1.5、1.6倍のように細かく調節できる。筆者は大体1.7倍速〜2.2倍速くらいで聞いてました。講師の先生メッチャ早口(笑)


                  通勤時間の満員電車だと本を広げられないこともあります。しかし、スマホであればスペースを取らないし、スマホすら見られないほどの満員状態でもリスニング学習できるので非常に有難いと思います。

                   

                   

                  ■資格スクエアのデメリット

                   

                  △倍速で動画を再生すると動画が途切れ途切れになる

                  1倍速で講義を動画で見る分には全く問題なかったのですが、2倍速以上だと頻繁に動画をローディングしまくりで勉強できたもんじゃなかった。それが嫌なら別途3〜4万円する動画ダウンロード機能を追加で購入しろと言われればそれまでですが。


                  対処法としては、動画を切って音声だけにすれば問題ないので分かりづらいところだけ低倍速にして動画を視聴し、基本は2倍速で音声のみにして使うのがイイかなと。事前に問題集とかである程度内容を理解していればこの方法で対応できると思います。


                  △頻出分野ではない講義がやたらと多い

                  今回は行政書士講座を使わせていただいたのですが、実際に試験で出題される範囲のうち憲法は全体のごく一部。にも関わらず、講義数がやたらと多い。個人的には憲法を削って民法や行政法を増やすべき。もしくは問題演習を増やしてもいいと思いました。


                  △料金が独学と比べて高い

                  これはまぁ当然かなと。私が独学で行政書士に合格した際のトータル費用は2万円もしませんでした。とはいえ通学だと20万円くらいするらしいので、その半額以下の資格スクエアはコスパ良いと思います。

                   

                   

                  以上、メリットとデメリットを挙げてきましたが、デメリットに関しては料金以外はやり方次第でどうとでもなるのかなと。資格スクエアに限ったことではありませんが、ツールを使いこなせるかは使い手にかかっているので、メリットが多いと感じたのであれば申し込んでみるのも良いのかなと。

                   


                  ■資格スクエアの効率的な使い方

                  まず、公式ホームページの「資格スクエアの学習法」に書かれているような、講義を聞いてから問題を解いていくというスタイルはおススメしません。筆者は行政書士試験に一度合格し、それから一年程度間をおいてから資格スクエアの講義を聞いてみました。ところが説明が全く頭に入ってこない…… そこで受験時代に使用していた参考書や問題集をパラパラめくってある程度思い出した後に講義を聞いてみました。すると頭の中が整理されていく感じでした。


                  ここで皆さんにご理解いただきたいことは、一度行政書士試験を合格している人間でさえ、いきなり講義を聞いても理解しづらいということです。まぁ「憲法を分かりやすく」のように漫画形式で進めてくれるようなものならいいんですがねー。


                  とはいえ完全独学と違って試験に出るポイントは丁寧に説明を受けることができて、なおかつ質問もできる仕組みは秀逸です。独学では分からない問題があっても、とりあえず分かった気になって最後まで一度通す、というのが王道です。これができずに挫折する人が多いんです。一方で、資格スクエアを使えば分からないところを潰しながら進むことができるため、挫折率が減るのではないでしょうか。


                  さて、ようやく具体的な使い方ですが、筆者のおススメは次の1〜3のサイクルを回すことです。


                  1.講義のタイトルを確認
                  2.問題集でその分野を学習
                  3.講義を聞く


                  問題集は資格スクエア公式の「コンパクト行政書士の問題集All-in-One」を使用すると講義に沿った学習ができますが、すでにご自身で良書があればそれを使っても良いかと思います。

                   

                   

                  ■まとめ
                  今回はじめて有料のサービスを使わせてもらいましたが、独学で難しい点を上手くカバーしているなと気がつかされる点も多く、勉強になりました。


                  独学が不安で、通学するための時間もお金もない方にはおススメしたいサービスだと思います。しかし、当ブログの読者の最終目標はあくまでも独学だと考えています。せっかく高いお金を払うのですからこういうツールを使いながら、ポイントの抑え方を真似してみて、学習内容だけでなく学習の仕方を学ぶところまで視点を広げていただきたいと思います。

                   




                  本ブログはランキングに参加しています。
                  応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                  にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                  | katekyonet | 資格勉強 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                  0

                    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                    JUGEMテーマ:行政書士試験

                     

                     

                    ■はじめに
                    社労士試験が終わってから、何か面白そうな試験はないかと調べてたら11月に行政書士試験があることを知りました。9月から10月の上旬までは何かと準備があったので勉強する時間を確保できず、実質1ヶ月の勉強期間になりそうでしたが、たとえ不合格になっても来年再度受験すればいいや、という軽い気持ちで受験申し込みをしました。

                     


                    ■概要
                    行政書士とは、官公庁に提出する書類作成および提出、またその相談などを行なう業務独占資格です。行政書士試験は、その業務に必要な憲法や民法、行政法などの知識を問う試験となります。試験範囲を詳細にすると「憲法」「行政法」「民法」「商法・会社法」そして「基礎法学」「一般常識」から出題されます。

                     

                    以前は比較的取得が容易な資格とされていたようですが、近年は資格保有者数や受験者数の増加に伴い、中小企業診断士や社会保険労務士などと肩を並べるほどの難関試験となっています。

                     

                    また「もっとも稼げない資格」のように言われることも多い行政書士試験ですが、使い方次第だと思います。行政書士は「街の法律家」とも言われるように、日常生活上関係してくる民法や商法の専門的な知識を取得することができます。後見人や相続、土地所有権問題、さらに会社設立事項などを知っておくことは、自分がその立場になった際に役立つ知識だと思います。

                     


                    ■試験結果
                    ・期間:30日(勉強時間 100 時間)
                    ・費用:18,232円(受験料7,000円、参考書代等11,232円)
                    ・得点:208点(300点満点中180点以上で合格 ただし、法令等科目の合計点122点以上、一般知識等科目の得点24点以上)

                    (内訳)
                    〇法令等
                    5肢択一式:128点
                    多肢選択式:18点
                    記述式  :22点

                    〇一般知識等
                    5肢択一式:40点

                     

                     

                    今年は記念受験のつもりでしたので、試験後に自己採点は一切しませんでした。合格発表の当日に郵便ポストを確認したら一通の葉書が入っており「やっぱり不合格だったか」と思いました。概して、合格の場合は合格書類が同封されている場合が多いので書留とか大きな封筒で郵送されてくることが多いからです。

                     

                    得点だけ確認しようと中を開いてみたら、まさかの合格。しかも合格最低点をそこそこ上回ってました。非常に嬉しかったですね。これだから難関試験受験はやめられません(笑)

                     


                    ■計画
                    勉強期間が1ヶ月しかないので最小限の学習に絞らなければなりません。記念受験といっても、ただ不合格になっても仕方がありません。少なくとも1ヶ月は試験に注力するわけで、合格率4割程度には持っていきたいのですよね。

                     

                    まずはインターネットにて情報収集開始…… と行きたいのですが、今回は書店に直行しました。そこで行政書士試験コーナーに行って唯一おかれていたのが「スッキリわかる行政書士シリーズ」。手に取って中をパラパラめくるとイラストが多くて初学者でも取り付けそう。その場でインターネットで調べても悪い噂はなかったですし、個人的に日商簿記2級ではスッキリシリーズにお世話になっていることもあって、早速購入を決めました。この場で購入したのはスッキリわかる行政書士シリーズのテキストと頻出過去問題集のみです。

                     

                    次にインターネットで調べたところ、テキストや過去問だけでは不十分なことを知りました。特に、行政書士試験では民法と行政法の配点が非常に高い! ということで伊藤塾の「うかる! 行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」を補助教材として購入。

                     

                    また、頻出過去問題集だけでは不安を覚えて演習量を増やすために早稲田経営出版の「合格革命 行政書士 一問一答式 出るとこ千問ノック」。さらに、記述式対策として「合格革命 行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集」を購入しました。

                    他のサイトで「行政書士試験の勉強をするのに行政書士試験の参考書を購入しても受からない」との情報がありまして、司法書士試験や国家公務員試験の問題集を紹介しているところもありました。しかし、司法書士試験の民法の範囲は行政書士をかなりオーバーしておりますし、国家公務員試験も試験範囲にズレがあります。ですので、素直に行政書士試験のテキスト・問題集だけで挑みました

                     

                    さらに、判例集や条文集は使わないことにしました。というのも、これらは読むのが苦痛…… 私は文字を淡々と読むのが非常に嫌いなのです(笑) それゆえ、テキストや問題集の中で出てきたものを覚えていくことにしました。たとえ判例を知らなかったり条文を覚えていなくても、法律知識を使って読み取れば正答できることも多いとの意見をいくつか見ましたしね。

                     

                    そして、一般常識は足切りが存在するので怖いといえば怖いのですが、試験日まで1ヶ月しかありません。何が出るのか分からないのであれば自分の知識を信じるしかないので、自分の知識外、書籍外の問題が出たら諦めて切り捨てることにしました。これまでに中小企業診断士、日商簿記、社会保険労務士の学習をしてきてるし、そしてIT系は専門なので多分大丈夫でしょう(笑)

                     

                    あとですねー、憲法については書籍を買わずに「憲法をわかりやすく」のサイトを利用しました。サイト運営者様は法学部出身の方のようで、対話形式で憲法を非常に分かりやすく説明してくれます。書籍を読む前にこのサイトを読んだ方が効率が良いと思いますが、自分は勉強の途中に当該サイトを知ったのでスッキリシリーズを終わらせた後に使わせていただきました。

                     

                    特に憲法の重要判例についてはイラストで説明してくれるので判例集よりも理解しやすいと思います。

                    以上よりまとめると使用する書籍は5冊、参考サイト1つ。そして、判例集は買わず、条文も読みません(大事なことなので2度書きました)。

                     

                    具体的なスケジュールは以下の通り。

                     

                    1.「スッキリわかる行政書士シリーズ」頻出過去問題集を3周
                    2.「スッキリわかる行政書士シリーズ」テキストを3周
                    3.「憲法をわかりやすく」を1読
                    4.「うかる! 行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」を3周
                    5.「合格革命 行政書士 一問一答式 出るとこ千問ノック」を3周
                    6.「合格革命 行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集」を3周
                    7.書籍5冊の総復習

                     

                    1〜7を1ヶ月で終わらせることになります。先にも書きましたが、3のインターネットサイトは一番初めに読んだ方がいいと思います。法律の頂点に立つ憲法を初めに知ることで各法律の理解が早く進むと思いますので。

                     

                     

                    ■実行
                    まずは頻出過去問題集から。
                    進め方は、問題を読んですぐに解説を読みます。いきなり学習を開始して過去問を解けるはずがありません。そんな感じで基礎法学と憲法を終わらせます。丁度この頃、衆議院選挙があったので内閣の機能などは非常に興味深かった。特に、解散後の初総選挙だったので最高裁判所裁判官の投票もあったという。

                     

                    ここで気をつけることは天皇、内閣、国会、議院、裁判所の役割を1つ1つ丁寧に覚える必要はないということです。問題に出てきたものだけを覚えてください。そうでないと全然先に進みません。各役割については学習を進めていくうちに自然と覚えていくことになります。

                     

                    あ、でも衆議院と参議院の違いは抑えておいた方がいいです。衆議院には内閣不信任請求権と予算の先議権があって、参議院には緊急集会を開く権限がある、のように。

                     

                    憲法の次が大変だった…… 行政法です。もう行政強制とか行政審査不服法とか行政事件訴訟法って一体全体何なの?? という(笑)
                    もうひたすら解説を覚えていくしかありません。行政法は取りあえず分かった気になって進めましょう。行政審査不服法と行政事件訴訟法がゴッチャになると思いますが、徐々に違いが分かっていけばいいのです。どうせ伊藤塾の本で再度より詳しく学ぶことになるわけなので。

                     

                    その次がこれまた大変でした(泣) もう本当に勉強が嫌になりましたね。はい、民法です。
                    私は中小企業診断士試験をクリアしていたので、この分野は全く初学者ではありませんでした。そのため、心裡留保とか詐欺とか強迫等の用語には困りませんでした。しかし、一番大変なのはそこじゃなかった。
                    債権者代位権と詐害行為取消権の違いとか、売り主の担保責任とか、抵当権とか…… もう行政法と同じで民法も分かった気になって先に進めました。どうせ後で伊藤塾の(以下略
                    相続のところは興味があったので楽に進められたのが救いでした。特に遺言状のところは直近関係しそうなところなので念入りに学習しました!

                     

                    次が商法・会社法。
                    まぁこの商法・会社法の分野は配点低いし、最悪は捨ててもいい。中小企業診断士や簿記で学んだところだからサクサクっと。株主総会の普通決議、特別決議、特殊決議の定足数とか頭から抜け出てたので覚え直す感じでしたね。細かい数字なんてどうでもいいじゃんね?

                     

                    法律が終わると次は多肢選択式。この分野は判例からの出題が多いという特徴があります。
                    ここの進め方も問題文読んですぐに解説読めば大体理解できると思います。特にこのスッキリシリーズは判例知識がなくても文脈と選択肢から正解を絞り込む方法が説明されてるのが良いですね。星の数ほどある判例を片っ端から覚えるよりも国語力を駆使した方が現実的でしょう。

                     

                    そして記述式。
                    記述式は如何に適切なキーワードを使いこなせているか。今までの択一式や選択式の応用ともいえる分野です。他サイトで「記述式は全捨てでいい」と書かれているところもありましたが、それもあながち間違いではありません。おそらく記述式の学習を捨てても合格圏内に入ることは可能でしょう。が、ここにきて行政書士試験の面白みに気がついてしまいました。


                    基礎知識を応用して与えられた訴訟を読み解く、というのはとても面白いですよね。単なる法律の丸暗記ではなく、暗記した知識を適切な事件にあてはめ、しかも適切な文字数以内にまとめるという行政書士に絶対的に必要な能力。
                    まぁ、こんなのは合格してからやればいいんですが、この記述式でこれまで淡々とこなしていた暗記作業がとても楽しくなりモチベーションが一気にあがりました。

                     

                    頻出過去問題集にある最後の一般常識は適当に覚えればよいでしょう。
                    この問題集に載ってるのは膨大な試験範囲の中から一部を抽出したものでしかないので、これを全部覚えたとしても本試験で出ることはまずないでしょう。それこそ砂浜から1粒の砂金を探し当てるようなもの。この分野にこだわる必要はないでしょう。

                    頻出過去問題集を3周ほど終わらせた後で、テキストに移ります。


                    テキストも馬鹿正直に初めから読んではいけません。テキストはまず章ごとの確認ミニテストをやってから、確認として本文を読むこと。これを実践すれば3周はすぐに終わります。

                    このテキストを進めながら頻出過去問題集で理解があやふやだったところの知識保管になりました。特に民法の債権あたりはイラストが載ってたので分かりやすかったです。

                     

                    スッキリシリーズが終わり、ここからインターネットサイト「憲法をわかりやすく」での憲法理解。
                    結構ボリュームがあるのですが、面白いのでサクサク進みました。エホバの証人事件とか、重要判例も文章で読むよりよっぽど分かり易かった。
                    ここで恥ずかしながら初めて憲法が人権を守るためのものだという一般常識を知りました。逆に言えば、このレベルでも行政書士試験に受かることができるということです!

                     

                    そして一番重い伊藤塾の民法と行政法の本。率直に言って難しい。本自体は薄いんだけどねぇ……
                    本書の構成は演習問題を解きながら理解していくというものなので初めから順番に読んで、ポイントごとの問題を解いていけばOK。いきなりこの本からはじめると挫折しそうですが、スッキリシリーズである程度知識はついているので、全く理解できないということはないでしょう。

                    1周目で理解できなくても最低3周は読むので、分かりづらいところがあっても気にせずに進みましょう。これも3周こなします。

                     

                    さて、ここまで学習した時点で知識だけ考えれば合格レベルに達していると思います。しかし、演習量が圧倒的に足らない。ということで一問一答で演習量を増やします。スッキリシリーズや伊藤塾とは違った出版社による書籍なので、問われる論点も当然違います。このように1つの出版社に絞らないことで幅広い勉強ができます。1つの出版社に絞ると各書籍の連携が取れているので、それはそれで利点はあるんですけどね。
                    この本は大体3日くらいで1周終わりました。3周繰り返します。

                     

                    最後に記述式の特訓。丁度早稲田出版の記述式本には多肢選択式問題も含まれてるので、これにて全ての試験形式の演習をこなせることになります。試験日が近づいてきたため少し頑張った結果、2日で1周目が終わりました。記述式は設問のキーワードに反応して、適切なキーワードをあてはめられるようになるための訓練です。もう初めてきく用語はないでしょう。3周終わらせます。


                    試験日前日に去年の過去問を時間を計測して解きました。普通に解いていって時間が余ることが分かれば十分です。過去問を解いて時間が余らなかった、もしくは時間ギリギリの場合は解くペースを少し早めにすると良いでしょう。練習で試験時間ギリギリだと本番試験では時間内に終わることはできません。そもそも去年の問題はテキストや問題集でも何問かみているので本番よりも早く解けて当然です。


                    昨年度の問題の採点はしませんでした。過去問から全く同じ問題が出題されることがほとんどないことが知り、本番でかなりの応用力が試されることが分かったので、昨年度の問題を完璧にしても仕方がないと考えたからです。

                    最後に、全部のテキスト・問題集を解き直し、出来なかったところや気になったところに付箋をペタペタ貼りました
                     

                    続きを読む >>



                    本ブログはランキングに参加しています。
                    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                    | katekyonet | 資格勉強 | 15:49 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
                    独学したい人必見! 独学成功の『3つの秘訣』
                    0

                      JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                      JUGEMテーマ:大学受験

                      JUGEMテーマ:参考書

                       

                       

                      最近「勉強時間は嘘だろ!」とか「アフィリ目的乙」といった苦情らしき問い合わせ、コメントが寄せられることが多くなってきました。弊ブログがそれなりに影響力が出てきたというのは喜ばしいことではありますが、やはり事実に対して疑われるのは気分が良いものではありません。ということで、今回は私がどのように独学しているかを公開することで透明性を確保し、少しでも疑い(?)を晴らしたいと考えて執筆に至りました。


                      まず、皆さんに理解していただきたいことは、概して通学より独学の方が短期間で合格できるということです。つまり、資格学校を利用すると勉強時間は必然的に長くなりますので、例えば応用情報技術者の合格までの平均勉強時間が数百時間という情報が世に出回ることになります。独学が通学と比べて効率化できる理由については以前の記事で紹介したのでご参照いただくか、「24週間で独学合格!公認会計士試験マル秘学習法」を読んでいただければなと。
                      この書籍の筆者は公認会計士試験に1,000時間以内で合格しております。勉強時間が減る理由については私のブログよりも丁寧に説明されているので、ご一読をおススメします。


                      さて、早速私がどのように独学しているのかを紹介していきたいと思います。ポイントは「可視化、優先付け、スケジュール管理」です。

                       

                       

                      ■可視化
                      試験を受けると決めて最初に実施することは作業全体の洗い出しです。こと受験に関しては試験範囲の特定および使用教材の列挙をこの段階で決定します。この可視化をせずに教材が終わる都度、追加購入してしまうと合格までの学習量の全体像が見えないため、学習意欲の低下を招きます。その結果、挫折するリスクが高くなってしまいます。


                      この可視化作業は受験経験者からのヒアリングやインターネット情報などを参考に決定します。身近に受験経験者がいて、尚且つあなた自身の実力や性格を良く知っている人がいれば問題はありませんが、インターネット情報を参考にする際には注意が必要です。なぜならば、ネット上の情報というのは万人に有効ではない場合があるからです。例えば、当ブログはある程度試験慣れしている方々を対象にしているため、受験経験が少ない方にとっては有用ではない可能性も高いということになります。


                      可視化ではこれらのことを踏まえて、自身にあった教材を取捨選択するところがポイントになります。
                      基本的にこの段階で決定したものは変えてはいけません。学習を進めるうちに当初予定した教材だけでは不足だと気がつくことはありまして、その際には教材を増やすという選択も出てくるわけですが、極力そういったことを防ぐことが最短合格につながります。


                      PDCAサイクルではプラン(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Action)を回すとのことですが、改善の必要がなければプランを立て直すこともありません。もっと言えば、チェックすらも本来省きたいところです。つまり、一度プランを立てたら実行のみすることが最効率となるわけです。

                       

                       

                      ■優先付け
                      可視化を終えたら次は手を付ける教材(テキスト・問題集・過去問)の順番を決定します。この優先付けは挫折率を低下させ、高効率な学習を可能にしてくれます。例えば、得意分野と苦手分野を交互にすることで飽きを排除したり、暗記科目を試験直前に持っていくことで復習の回数を減らすなどです。


                      また、教材の取り組み順序は、参考書を読むことから始めるのではなくいきなり問題を解くことを推奨します。学校の勉強に慣れている人は、参考書からはじめる傾向にあるように思えます。しかし、その方法は本当に効率的でしょうか? 説明を聞いて、すぐに問題を解けたことはあるでしょうか? 一部の天才や自分の得意分野においては参考書を読んだだけで問題が解けるようになりますが、一般的には問題を解きながら学ぶ方がはるかに効率的です。


                      過去問の着手タイミングに関しては賛否両論ありますが、可能であれば過去問ははじめに着手するのが理想です。試験まで十分に時間があったり、解説を読んでも全く理解できない場合に限り、問題集から開始しても良いのではないでしょうか。実際に私自身、中小企業診断士試験までは8ヶ月ほどあったので問題集から開始し、行政書士試験の時は試験日まで一ヶ月しかなかったので過去問から開始しました。
                      過去問は出題傾向の確認と、現在の自身の実力を知ることに大いに役立ちます。
                      少し話がビジネスの話にそれますが、一般的に問題解決のプロセスは、まずゴールを知り、次に現状を知り、最後にゴールと現状の間を埋めることになります。受験ではゴールは合格に対応します。


                      基本的には「過去問→問題集→テキスト」の順番を意識し、適切な優先付けのもとで次のスケジュール管理に進むのが良いでしょう。

                       

                       

                      ■スケジュール管理
                      最後にこれまで検討したものをスケジュールに落とし込みます。優先付けまでの段階では、立てた計画通りに学習を進めて試験日まで間に合うかどうかは分かりません。絵に描いた餅を実際に食べられるようにするのがスケジュール化の目的のひとつです。


                      スケジュールにおいては各教材を「何日間で終わらせるか」でとどまらず「何月何日から開始して何月何日に終えるのか」まで検討します。ここでのコツは、複数教材を並行して進めるのではなく、ひとつの教材をやり切ってから次の教材に進む計画を立てるのが良いでしょう。学習においてモチベーション維持は非常に重要なので、教材が中々終わらないと途中で勉強を投げ出したくなってきます。ひとつでも教材を終えると達成感を得られるとともに一冊やり切ったという事実が自信につながります。


                      次に教材の進め方です。
                      ひとつの教材を章ごとに区切って各章を完璧にしてから次の章へ進むという方法をとっている人が多いように見受けられます。おそらく、学校の授業の仕方が関係しているのだと思います。学校では単元ずつ定期テストを実施し、間違ったところをすべて復習し、完璧にした後で次の単元へ進みます。この方法が頗る悪い。なぜならば、合格のためには満点を取る必要はなく――試験にもよりますが――大体6割〜8割が合格ラインです。つまり、苦手分野をすべて潰す必要はなく、その分得意分野を伸ばすことに注力した方が良い場合が多いのです。合格ラインが6割〜8割ということは、80%以上の理解は、こと試験合格を目的とした際には不要となります。資格学校が豪語している平均勉強時間はほぼ確実に合格できるまでのものであり、ギリギリ合格を目指す独学には当てはまらないということです。


                      さらに、各分野は相互に絡み合っていることが多々あります。中等教育に例えれば、三角比は三角関数を理解していた方が学びやすいですし、単振動は微分を使った方が本質を捉えられます。
                      まずはひとつの教材をとりあえず全て終わらせてしまいましょう。分からないところは無理に理解せずに、ひとまず暗記で対応してしまっても構いません。


                      スケジュール管理は手帳で管理してもExcelで管理しても独自のデータベースシステムで管理(ここまでやる人がいたら尊敬しますが)しても構いません。ただし、必ず予定と実績が比較できるように管理してください。予定よりも大幅に遅れた場合は何かしらの改善アクションが必要になります。遅れたことに気が付かずにズルズル日が過ぎ、もう試験日までどうしようもなくなった、という事態は避けねばなりません。スケジュールを前倒しで進められれば予定と実績のチェックが減るのでより時短になります。


                      スケジュール管理は期限まで設定し、教材はひとつひとつ終わらせるようにすると良いでしょう。

                       

                       

                      ■まとめ
                      以上長々と説明してきましたが、本記事で言いたいことは大きく2つで「過去問→問題集→テキストの順に着手する」「独学は通学よりも効率的」ということです。

                      特にブログでコメント欄が荒れているITストラテジストについて一言書かせてもらうと、合格までの勉強時間と試験難易度は比例しないことをご理解いただきたい。ITストラテジストは間違いなく難関試験です。しかし、勉強する内容は極端に少なく、それよりも発想力や論文能力が試されるため何千時間費やしても受からない人はいらっしゃるでしょう。

                       

                      記事が長くなったのでまとめはこのくらいにしておきます。何かコメントがあれば遠慮なくお願いします。




                      本ブログはランキングに参加しています。
                      応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                      にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                      | katekyonet | 資格勉強 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        こなた (08/08)
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        資格キラー (08/08)
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        こなた (08/08)
                      • 独学で意識すべき5つのこと
                        資格キラー (07/10)
                      • 独学で意識すべき5つのこと
                        ヨウスケ (07/09)
                      • ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
                        あ (07/08)
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        資格キラー (06/24)
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        初学者 (06/24)
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        響也 (06/08)
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        資格キラー (05/28)
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      当サイトはリンクフリーです。
                      + PROFILE