資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
就職活動における学歴・資格の重要性
0
    JUGEMテーマ:教育
    JUGEMテーマ:就職活動

    文部科学省および厚生労働省の発表によると、大学等(大学、短期大学、高等専門学校)卒業者の就職率は約95%である。しかし一般に言われている通り、学校の授業で学ぶことのほとんどは社会で役立つことはない。例えば、古典や漢文、生物で学んだことが直接会社で実用できることはまずない。特に大学では高度な数学や自然に関する定理、他国のマニアックな歴史について学ぶこともある。そこで「どうして勉強する必要があるのか?」と、疑問を持つ学生も少なくない。筆者自身、生徒から何度も同様の質問をされている。そこで今回は、就職活動における学歴・資格の重要性をテーマとする。

    ところで、学歴フィルター(一定レベル以上の大学に在籍しているか、という基準で採用・不採用を決めること)という言葉があるが実在するだろうか。
    答えは間違いなく「YES」だ。
    企業の採用においては、バックグラウンドが同じ人間を採用することによる企業文化の構築、真面目で学力の高い人材の確保等、様々な基準がある。中でも企業文化の構築は非常に重要で、採用後においても年功序列文化のある会社においては学歴により入社後の処遇が決まってしまうことは珍しくない。
    調べてみれば分かることだが大企業の上役は高学歴で占められていることが多い。自分の出身地と同じ芸能人や野球チームを応援するのと同じように、高学歴は高学歴に愛着を持つ。そのため、高学歴というバックグラウンドは採用時に優遇され、さらに社内でも上司に気に入られやすく出世しやすいのは必然だ。
    以前、Twitterで就活中の学生が出身大学を東京大学とFラン大学でそれぞれ登録したアカウントで企業説明会予約ページにログインし、説明会の予約状況をアップロードしたことがあった。その内容は、同じ企業で東大では予約が空席となっていたが、もう一方の大学では予約が満席になっていたのだ。
    その学生は、企業が学歴で差別していることを明らかにしようとしたわけだが、実際のネットでの反応は「学歴フィルターなんて常識だろ」、「大企業にFランで入ろうとすることが非常識」、「学生時代遊んできた奴と差が出て当然」等、厳しい批判が殺到した。

    このように学歴フィルターは存在する。ではなぜ企業は学歴を判断材料にするのだろうか。学校での能力と社会で求められる能力に乖離が生じていることは明らかだ。実際に仕事で使えない東大生も多い。それでも企業は学歴でフィルターをかけるし、親は子供に学歴を高めるための勉強を強いる。

    企業は採用での失敗を避ける手段として学歴フィルターを用いる理由については、経済学の「市場の失敗」を例に挙げて説明する。経済主体である企業は採用ミスによる市場での失敗を極力抑えたいと考えている。
    市場の失敗が生じる主なケースを以下に示す。
    • 不完全競争
    • 外部効果の存在
    • 公共財の存在
    • 費用逓減産業
    • 情報の不完全性

    今回はこの中でも「情報の不完全性」に焦点を当てて企業が学歴フィルターを設ける理由を考察する。

    情報の不完全性とは、経済主体が取引される財に関する全情報を持っていない状況である。就職活動に関して言えば、経済主体は求人者(企業)と求職者(学生、転職者)、取引される財は求職者本人となる。また、情報の不完全性には「性質に関するもの」と「行動に関するもの」があり、就職活動のような契約前(内定前)に情報の偏りが存在しうるものは性質に関する情報の非対称性という。そして情報の非対称性が存在する時、逆選択(アドバースセレクション)という現象が起こるとされている。

    逆選択とは、質の良い財よりも悪い財が多く市場に出回るようになる現象のことである。保険契約を例にとれば分かりやすいと思うが、不健康な人ほど保険契約をしたがり、逆に健康な人は保険に入りたがらない。就職活動においては、優秀でない求職者ばかりが世に多く出回るようになる。

    これでは企業は優秀な人材を確保することは難しい。そこで企業は以下の方法をとる。ちなみにこれらは一般的な逆選択の解消法として知られている。
    • 第三者の介入
    • 標準化
    • スクリーニング
    • シグナリング
    今回はこの中でもシグナリングについて考えてみる。

    シグナリングとは、情報を持っている主体(学生、転職者)が持っていない主体(企業)に対して自ら情報を発信することだ。この情報は客観的であればあるほど信頼性の高いものとなる。例えば「頑張って働きます!」「御社が大好きです!」と言ったとしても、企業としては本当に頑張ってくれるか、本当に好きなのか、は判断できない。一般的に求職者は内定を勝ち取るために事実を誇張し、時には嘘もつく。しかも最近は数多くの就活本が世に出回っているため、就活生のテクニックはどんどんレベルが上がってきている。面接官が就活生の嘘を見抜くのは昔と比べて難しくなっているのだ。

    その一方、学歴、資格は企業にとって客観的な判断材料となる。学歴が高ければ、学生時代に真面目に勉強してきた証となるため仕事を一生懸命することを期待できるし、学力が高いため業務上必要となる資格をすぐに取得してくれるだろう。業務に関連する資格を取得していれば業務に対する意欲、興味があることも分かる。
    つまり、シグナリングによって企業は自社にとっての優秀な人材を確保しやすくなるのだ。

    以上より、学歴や資格は就職活動において非常に有力な武器となる。勘違いしないでいただきたいのは、必ずしも学歴が高い人間が仕事が出来るというわけではない。あくまでも学歴は就職活動、すなわち契約前で役に立つものである。仕事が出来るかどうか、社員が怠けないかどうか、は別問題である。




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 学歴と就職 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    採用側から見た学歴フィルター
    0
      JUGEMテーマ:就職活動

       

      今回は、一般的にあまり良い意味では使われない「学歴フィルター」について考えていきたいと思います。
      この記事を読んでいるみなさんの中でも学歴フィルターに納得がいかなかったり、あまり良いイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか。
      それもそのはずで、世の中は圧倒的に採用される側が多く、かつ高学歴と呼ばれる人たちが相対的に人数が少ないため、マイナスのイメージが浸透するのは必然でしょう。では「学歴フィルター」はどうして存在するのでしょうか。今回は採用する側からの視点で考えていきます。

       

      はじめに1つ質問をします。

      数十分の面接時間で人の能力は見極められるでしょうか?

      ここで「Yes」というのであれば、以下の記事を読む必要はありません。前提共有ができていない場合、議論をしても全く意味がないからです。

       

      面接の高々数十分でそれまで何十年と積み重ねられてきた人の本質を見抜けるか、と言われたら私なら迷わず「No」と答えます。
      私自身も面接はコミュニケーション能力を見るという目的のためにはとても良い手段であると思います。しかし、面接で分かるのはほぼコミュニケーション能力だけといっても過言ではなく、それだって本番の調子次第になってしまう可能性もあります。

       

       

      コミュニケーション能力は組織で働くに当たり、もっとも重要な能力であることは間違いありません。一人で業務に取り組むことは稀で、組織に属する限りほぼ必ず何かしらのチームに属するはずです。そこで、チーム内での連携が取れなかったり、チームメンバーとの関係が不和になってしまっては、業務に差し障りが出てしまいます。だから企業は、コミュニケーション能力を図るための最良な方法であると考えられている面接という手段を使って採用を行なうのです(最近では面接対策本やセミナーなどの普及によって、面接の有用性も危ぶまれていますが)。

      しかし、面接は万能ではありません。面接時の調子が悪い場合もあればコミュニケーション能力以外の能力も評価したい場合もあるでしょう。そこで企業は、学歴などの実績で評価します。学歴は、それまで頑張ってきた努力の証であり、そして嘘をつくことができないため人を評価するにあたって客観的に理解できる指標になるのです。
      今回は学歴に絞って話しを進めます。学歴は以下の2つの能力を証明する良い指標になります。

      1.勤勉さ
      2.頭の良さ

      1つめの勤勉さですが、新卒は入社後、当然に新しい業務を覚えることになります。そこでマニュアルを読み込んだり、一生懸命業務に関する知識を詰め込んたり、勉強会に参加したりします。よほどの天才を除いて、大学受験に合格するにはそれなりの勤勉さが必須となります。つまり、学歴によって勤勉であることの証明ができることになります。

      2つめの頭が良い人ですが、頭の良い人を雇いたくなるのは当然です。仕事では限られた時間の中で成果を出さなければなりません。そこで要領よく物事を進められたり、優先順位をつけて自ら考えながら仕事を進めていかれる人間は非常に重宝されます。受験勉強においても要領の良さや優先順位は非常に大事です。過去問を徹底的に研究し尽くして、出来る限り不必要な分野を勉強せずに、出題されるところだけ勉強する。そういった学習方法で進めてきた人間が高学歴にはそうでない人と比べて比較的多いのは事実です。
      以上より採用側からしたら学歴で区別するのは妥当です。特に新卒採用においては、できるだけ採用リスクを減らしたいため、学歴フィルターを用いることは当然でしょう。新卒一人を内容するために企業は何百万、下手をしたら何千万のコストを費やしているのです。

      将来やりたいことが明確で学歴に頼るつもりがないのであれば、必死になって勉強する必要はないかもしれません。しかし、大学生活中に将来やりたいことが変わるかもしれません。やりたいことをする上で、学歴が必要になる場合も当然出てくるでしょう。
      採用側が「学歴フィルター」という手段を用いている以上、将来の選択肢を増やすためにも勉学に励んでみたらどうでしょうか。

       




      本ブログはランキングに参加しています。
      応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
      にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



      | katekyonet | 学歴と就職 | 21:59 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
      面接突破にもっとも重要なスキルとは?
      0
        JUGEMテーマ:就職活動

        このブログを読んでいる人の多くは将来就職すると思います。就職するときは面接を突破しなければなりません。面接を通過するために必要なスキルはたくさんあります。では面接でもっとも重要な能力とはなんでしょうか?

        はじめに結論を言ってしまうと「 コミュニケーション能力 」です。協調性ではないのか、と疑問に思う人もいるかと思いますが間違いなく一番重要なのはコミュニケーション能力でしょう。

        ここでいうコミュニケーション能力とは「相手に自分の考えていることを伝えられる能力」のことです。たとえ協調性があったとしても面接でそれを面接官に伝えられなければ意味が無いのです。つまりコミュニケーション能力は基盤であるといえます。社会では常に他者との共同作業になるので意思疎通を図りながら仕事を進めていかなければならないのでコミュニケーション能力は必須というわけですね。

        受験勉強はひたすら自分との勝負です。質問をするよりも自分で参考書を読んで理解するという作業の繰り返しです。ですのでコミュニケーション能力は大学入学後に習得しても全く問題ありません。しかし受験勉強でコミュニケーション能力を習得できれば就職で得をするだけでなく効率的に勉強を進めることができます。

        コミュニケーション能力はどのようにして習得すれば良いのか?
        現役生ならば学校の授業で質問をすることです。参考書で読んでも分かりづらい問題はあるでしょう。それを学校の先生に質問するのです。浪人生ならば塾や家庭教師を使っているのであれば教師に質問することができます。一般に自分で参考書を読むよりも分かっている人に質問したほうが解決は早いです。このように受験でも質問をすることで時間を効率的に使うことができます。ただし、考えないで質問するのはやめてください。考える力が養われなくなるからです。10分、20分程自分で考えて分からなかったら質問するというスタンスを忘れないでください。



        本ブログはランキングに参加しています。
        応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
        にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



        | katekyonet | 学歴と就職 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        学歴フィルターについて
        0

          学歴フィルターというものをご存知でしょうか? 就職活動においてある一定以上の学歴の人しか企業説明会にエントリーできなかったり志願資格が与えられなかったりすることです。受験生に分かりやすく言うとセンター試験を受けずに高校の偏差値だけで大学の志願資格が決定されるようなものです。東大は灘、開成、筑駒からしか受けられませんよ〜という感じです。現在就職活動においてこの学歴フィルターが非常に顕著です。

          とくに新卒の就職活動においては「 リクルーター制 」というものを採用している企業がたくさんあります。これはある学歴以上の学生だけを対象として4月前に非公式に面談をするというものです。本面接にはリクルーター面談を通過したものしか呼ばれません。大抵このリクルーター面談は在籍している大学のOBがおこないます。つまり採用実績のない大学からは決して採用されないということです。リクルーターを採用している企業は某大手自動車会社や中央銀行、鉄道各社など多数の大企業がおこなっております。

          親が子供に勉強しろと強く言う理由の一つには子供に将来大企業に勤めてもらって安定な人生を歩んでもらいたいという願いがあります。親は社会のシステムを理解しているので勉強をして良い大学に入って大企業に就職してもらいたいというわけですね。子供を思う親としては当然の心境です。ちまたでは近々学歴社会は崩壊するという説もあるようですが、バブル世代が会社に在籍している限りなくならないと思います。バブル世代を40代とすると最低定年までのあと25年間は学歴主義は続くでしょう。

          私は大企業に勤めて高収入と地位を手に入れることが人生の目標だとは思っていませんが、やりたいことが決まっていないのであれば取り敢えず大企業を目指すのは妥当だと考えています。大企業に入るためには学歴が必要です。将来の選択肢を増やすためにも高校の1〜3年は勉強に費やすことは得策だと思います。しかし、やりたいことが明確になっているのであれば学歴はそこまで必要ではありません。子供がミュージシャンになりたいとかスポーツ選手になりたいというような素質が関係しているものならば保険のためにも勉強させた方が良いですが、ペットショップの店員になりたいとかパン屋さんで働きたいとかであればやりたいようにやらせてあげるべきだと思います。

          現在高学歴の平均年収はそれ以外と比べて明らかに高いです。これは大企業の平均年収が中小と比べてはるかに高いからです。将来金持ちになって遊びたいとか考えているのであれば今勉強しておくと良いかと思います。



          本ブログはランキングに参加しています。
          応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
          にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



          | katekyonet | 学歴と就職 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << December 2017 >>
          + SELECTED ENTRIES
          + RECENT COMMENTS
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            管理人 (12/03)
          • 独学で意識すべき5つのこと
            管理人 (12/03)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            タイトル変えませんか (11/28)
          • 独学で意識すべき5つのこと
            はは (11/23)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            管理人 (11/07)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            ty (11/03)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            管理人 (08/06)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            ty (08/06)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            yi (07/28)
          • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
            管理人 (07/19)
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + Twitter
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          当サイトはリンクフリーです。
          + PROFILE