資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
現代文の解き方
0
    家庭教師では理数科目しか教えていませんが現代文(主に評論)の解き方について説明しようと思います。就職活動においてもGABなどのWEBテストで現代文読解をすることになるので、受験で現代文を使わなかった人・苦手だった人もぜひとも解き方だけはマスターしてもらいたいと思います。今回書くことは多少なりとも現代文の解き方を学んだ人にとっては当たり前のことなので、そのような方は読み飛ばしていただいても構いません。

    まず現代文ではすべて本文に答えが書いてあるということを理解してください。現代文の冒頭には必ず「次の文章を読んで、あとの問いに答えなさい」と書かれています。つまり、次の文章を読めば答えられるということなんです。現代文が出来ない人は自分が思ったことを答えてしまう傾向にあるようです。現代文の文章中に書いてあることは絶対です。
    文中に「人は鳥のように空を飛べるのだ」と書いてあれば現実とは矛盾していても文章に書いてあることが正解になるということです。
    答えはすべて本文に書いてあり、書いてないことはすべて間違いなのです。

    また現代文では作者の主張は具体例を伴うということも理解してください。まず筆者は文章を書く前に自分の主張したいことを考えます。そしてその主張に説得力をもたせるために具体例をもってきます。「主張→具体例→主張」が基本形です。
    「日本人の多くが英語を苦手とする」というのが作者の主張だとします。それだけでは説得力に欠けるので色々なデータを持ってきます。世界の国々と比較したTOEICの点数の一覧表を持ってきて日本が下位に位置するということを提示するなどですね。
    ですので、具体例が出てきたら常に「これはどの主張を支持するための例なんだろう」と考えてください。具体例は主張を強めるために用いられるのです。

    以上簡単にですが現代文の解き方を説明しました。受験生だけでなく就職活動をする学生にも現代文読解は必要です。今回の記事を見返していただけると分かると思いますが見事に「主張→具体例→主張」となっています。これがもっとも相手を説得するときに有効な方法だと言われているからです。今まで直感で現代文を解いてきた方の参考になれれば嬉しいです。

    この記事を書く際に参考にした書籍を載せておきました。興味のある方は読んでください。それでは今回はこの辺で終わりにします。






    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 高校授業 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    進学校の授業のスピード その3
    0
      JUGEMテーマ:大学受験
      JUGEMテーマ:教育

      今まで進学校の授業のスピードに関して書いてきましたが今回はまとめをしたいと思います。

      私立と公立を比較すると、私立の進学校は授業ペースがはやく実際に難関大合格者数も多いことが分かります。一方、公立は授業は普通で難関大合格者が私立と比べて少ないです。

      一見私立の方が良いように思えます、しかし、公立高校でも自己管理が出来ていれば東大や京大、国立医学部に受かれるのです。つまり自己管理ができるのであれば私立でも公立でも構わないだろうと結論付けられます。逆に自己管理ができないのであれば私立の方が良いということですね。

      ひとつ付け加えると勉強には環境も重要であるということを忘れてはいけません。偏差値の高い学校には目的意識のある人間が必ずいます。そして必ず負けず嫌いがいます。この負けず嫌いの人が目的意識のある人に喰らいつこうとします。この競争意識が周囲にも影響を与えて学校全体のレベルが上がるというわけです。

      高校生以下で自己管理がしっかりできるという人はあまりいないと思います。なので必然的に私立の方が合格者数が増えてしまうというわけでしょうね(学生の絶対数もありますが)。

      進学校ではない学生はとくに自己管理が必要になります。そのためにもインターネットを使って情報を収集したり、最近ではTwitterで質問できたりするので自分からどんどん行動していくことが重要です。



      本ブログはランキングに参加しています。
      応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
      にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



      | katekyonet | 高校授業 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      進学校の授業のスピード その2
      0
        JUGEMテーマ:大学受験
        JUGEMテーマ:教育

        今回は偏差値70以上の某公立高校の授業スピードについてです。……前回の私立のスピードと比較すると驚くほど普通です。

        その高校では授業のスピードはいたって普通で詰め込みもないようです。数学は1年で1A、2年で2B、3年で3Cというように淡々と進んでいきます。
        英語は普通の高校で使われている教科書を1年で1冊終わらせる感じです。しかも最後まで終わらないこともあるとか。3年になってから教科書と文法を授業でやるようです。
        理科は1年で全員が物理、化学、生物をかるくおこないます。その中から2年で理系は2科目、文系は1科目を選択するようです。
        あとは土曜にも授業をおこなっているようです。

        授業は普通ですがその代わり自己管理が出来る人が多く、予備校に自主的に通っている学生が多かったとか。

        以上で説明は終わりますがいかがでしょうか?
        正直申し上げますと、私はあまりの普通さに驚きました。これで東大合格者がいるから驚きです。結局は自己管理が重要だということでしょうね。

        次回はまとめをしたいと思いますが、その前に本の紹介をするかもしれません。



        本ブログはランキングに参加しています。
        応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
        にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



        | katekyonet | 高校授業 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        進学校の授業のスピード その1
        0
          JUGEMテーマ:大学受験
          JUGEMテーマ:教育

          3/31に書いた「進学校の授業のスピードってどのくらい?」が好評のようでしたので、今回から3回に分けて進学校の授業スピードについて書いていきます。当然学校によって違いますが、ここでは偏差値70以上の進学校(卒業も含む)の知り合いに直接聞いた話しを紹介します。その1は私立高校、その2は公立高校、その3はまとめ、という感じですすめていきます。

          まずは某私立高校での数学と英語の授業スピードです。
          数学に関しては高校1年の終わりまでに数1A、数2Bの教科書が終わるだけでなく総復習まで終わるようです。授業でも教科書の内容だけでなく、大学の数学の話しも交えておこなっているようです。つまり、高校2年になる前にセンター試験で満点を取れる生徒もいるということです。当然やる気のある生徒は高校1年生のうちに独学で数3Cも終わらせています。高校2年から数3Cがスタートして2学期までに教科書と復習が全て終わり、3学期からは完全に受験対策がはじまるそうです。
          次に英語ですが、英語に関しては高校に入る前に大学受験の文法をすべて終わらせており、高校の3年間はひたすら受験問題を解きまくると話してました。

          どうでしょうか?
          普通の高校から東大や京大、医学部の受験を考えている方には参考になりましたでしょうか?
          とくに浪人をしていて1年余分に勉強できるから来年は受かるだろう、と考えている人は私立進学校の生徒も高校3年は丸々受験に使っていることを知っておいたほうが良いと思います。

          次回は偏差値70以上の某公立高校の授業スピードについてお話します。



          本ブログはランキングに参加しています。
          応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
          にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



          | katekyonet | 高校授業 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          進学校の授業のスピードってどのくらい?
          0
            進学校ではない高校に通っている学生にとって進学校の授業スピードは気になるかと思います。そこで今回は進学校の数学の授業スピードに関して書きます。
            私の高校では開成という高校は2年生で受験範囲が終わっている凄いところだと噂になっておりました。しかし、実際は進学校では高校1年の終わりまでには数学2Bまでの総復習が終わっており、何人かの生徒は独学で数学3Cまで終わらせています。さらにトップ層には中学生で大学受験レベルまで終わらせている学生もいます(噂によると小学生で東大理靴房かるレベルの生徒もいるとか)。ですので、普通に学校のテストだけこなしていたり、地元の学習塾に通っているだけでは東大や京大などに受かることはほとんど不可能なので、独自に参考書などを購入して受験対策をする必要があります。今の時代ならばインターネットで検索すれば受験対策の良本がたくさん見つかるので参考にすると良いかと思います。ちなみに私の通っていた高校では3年間で数学3Cの教科書が終わりませんでしたが。



            本ブログはランキングに参加しています。
            応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
            にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



            | katekyonet | 高校授業 | 03:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
              素晴らしい (11/02)
            • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
              さくら (10/31)
            • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
              資格キラー (10/31)
            • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
              さくら (10/30)
            • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
              通りすがり (10/25)
            • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
              資格キラー (10/15)
            • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
              ケンサン (10/15)
            • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
              はじめまして (09/18)
            • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
              管理人 (09/18)
            • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
              はじめまして (09/18)
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Twitter
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            当サイトはリンクフリーです。
            + PROFILE