資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 就職活動における学歴・資格の重要性 | main | 評判の悪い教師が多い理由 >>
優秀な教師とその探し方
0
    JUGEMテーマ:教育
    JUGEMテーマ:塾と家庭教師

    塾探し、家庭教師探し、個別指導探し等、教育サービスの選定ポイントとして教師の質は外せない。世の中には良い教師もいれば悪い教師もいる。誰しもより良い、質の高い、優秀な教師に学びたいと思うだろう。

    さて、まずは「優秀な教師とは何か」について考えてみたい。優秀と言っても学力、信頼、熱意、経験等、様々な指標がある。イギリスの教育哲学者Arther Williamsは「凡庸な教師は話すのみ。少しましな教師は理解させようとする。優秀な教師は実証する。最も優秀な教師は生徒を鼓舞する」という格言を残しているが、鼓舞するとは具体的にはどのようにするのだろうか。名言によくあることだが、具体性に欠けて今一分かりづらい。

    そこで今回は「優秀な教師」を「マネジメント力、リーダーシップ力の高い教師」と定義してみる。
    これらの用語は経営学で頻繁に出てくる。経営学とは元々会社における経営資源(金、人、情報など)の運営方法を研究する学問である。経営資源の人を教師、生徒とし、教育資源と置き換えれば教育にも応用できるはずだ。

    まず、リーダーシップ、マネジメントにも様々な定義があるわけだが、今回は変革のマネジメントとリーダーシップについての世界的権威ジョン・コッターの定義を元に考えてみる。
    コッターによると以下のように示されている。

    【リーダーシップ】
    定義:変革を推進する機能
    役割:
    1. 長期的ビジョンの提示
    2. ビジョン伝達によるメンバー統合
    3. メンバの動機づけ

    【マネジメント】
    定義:効率的かつ確実的に組織を運営する機能
    役割:
    1. 予算計画の立案
    2. 組織の設計および人員配置
    3. 進捗、実績管理による問題解決案の策定


    それではリーダーシップから順番に論じてみる。
    先に示された役割を教育に持ち込むなら次の通りになるだろう。

    【リーダーシップ(教育)】
    1. 将来目標の提示
    2. 目標伝達による生徒の統合(※集団授業において重要)
    3. 生徒の動機づけ

    より短期的な視点で考えるならば、将来目標を学習目標と差し替えても良いかもしれない。つまり、教育者が生徒が将来とるべき道を提示する。この際に独りよがりのビジョンになってはならず、必ず生徒視点での目標にしなければならない。
    そしてクラス単位の集団指導においては、生徒たちがそれらの高い目標を共有することで一体感が得られ、強いクラスが出来上がる。勉強はその環境に大きく影響される。やる気のある生徒の中に入れば成績は上がるし、遊んでばかりの中に入っては勉強しなくなる。そのため、集団におけるクラス作りは学習において無視できない。
    最後に、各生徒と、どのようなことをしたいのか、そのためにはどういう進路を進めば良いのか、を生徒自身を良く理解した上で対話の上決定して動機づける。そのモチベーションを維持するような相談相手となれる教師はリーダーシップ力のある教師となるだろう。

    次にマネジメントだ。
    リーダーシップと同様に役割を列挙してみる。

    【マネジメント(教育)】
    1. 学習計画の立案
    2. クラス全体の統率および適切な志望校設定
    3. 学習進捗、成績管理による目標達成計画の策定

    まず生徒個人の学力、やる気、潜在能力に合った適切な学習スケジュールを立てる。この計画は実行不可能なものであってはならず、楽に達成できるものでもいけない。
    また、集団指導においてはクラス全体を学習モードに導くことが肝要だ。教師は集団を乱すような生徒をなくすために動き、クラスの統率を図る。そして、各生徒を理解した上で希望にあった志望校を決める。
    さらに、学力テスト、面談等を通じて定期的に学力およびやる気の度合いを確認し、問題があれば改善策を講じるなどして志望校合格への道を常に示し続ける。

    以上より、リーダーシップ力、マネジメント力が教育において大切なのは明らかであり、これら両能力が高い教師を「優秀」と定義しても問題ないだろう。
    しかし、現実においてはリーダーシップ力、マネジメント力がともに高水準にある教師はほとんどいない。そこで塾、個別指導、家庭教師等で教師を頼む際には、まずリーダーシップ力、マネジメント力を持つ教師を探す。それで希望に合った教師がいなければ、リーダーシップ力のある教師とマネジメント力のある教師をそれぞれつけることを勧める。

    教師は勉強を教えることだけが仕事ではない。教師自身の知識・経験を生かし、生徒を正しい道へ導くことが優秀な教育者だと筆者は考える。




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 教育 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/100
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    • ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
      あ (07/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (06/24)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (06/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (06/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (05/28)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (05/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (05/03)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (05/03)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE