資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 「問題」「課題」「対策」の違いとは 〜ロジカルシンキング〜 | main | ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜 >>
世界遺産検定 〜最短合格勉強法〜
0
    JUGEMテーマ:検定試験にむけて
    JUGEMテーマ:世界遺産(国内)
    JUGEMテーマ:世界遺産(海外)
    JUGEMテーマ:総合世界遺産

    ■世界遺産検定とは?

    最近話題になってる世界遺産。
    観光地として有名な自由の女神やフランスのヴェルサイユ宮殿、エジプトのピラミッドは全て世界遺産に登録されています。この世界遺産には日本からも登録されていて、2014年には群馬の富岡製糸場、続く翌年の2015年には明治日本の産業遺産群が登録されました。これらは、国内からだけでなく世界からも評価されている建造物です。このように世界的に価値があると判断された遺産を世界遺産といいます。

    世界遺産検定とは、人類共通の財産である世界遺産についての知識を学び、社会へ貢献する試験です。近年では趣味による取得の他、旅行業界で評価される資格になっています。


    ■世界遺産検定って難しいの?

    世界遺産検定には、1級〜4級のマークシート式試験に加えて、さらに1級の上に君臨する論述式のマイスター試験の5ランクに分けられています。1級以上はいきなり受験することができず、必ず2級以下から受ける必要があります。

    本題の世界遺産検定の難易度についてですが、級ごとに大きく異なります。
    同じ資格内で比較すれば、マイスターは難、1級はやや難、2級はやや易、3級と4級は易、といったところでしょうか。他の資格と比べれば、最上級のマイスターでもそこまで大変ではないので誰でも狙えるレベルにあるといえます。


    ■世界遺産検定を取得する

    このサイトをご覧になっている方は、おそらく大半が世界遺産検定を受けたことがない人だと思われます。世界遺産検定をはじめて受験しようと考える人のほとんどは3級から受験することになりますので、3級に絞って記事を記載していきます。
    もし、いきなり2級からの受験を考えているのであれば、2級の勉強法が記載されている「世界遺産検定2級 独学一発合格」をご覧ください。

    世界遺産検定3級はすべての級の中で最も受験者数が多く、全受験生の半分弱を占めています。3級の合格率は大体75%〜80%で推移しており、4人か5人に1人は落ちている試験ですが、決して難しい試験ではなく普通に勉強すれば100%受かる試験です。

    全く勉強しなかった人を除いた不合格になる人を分析したところ、「世界の遺産」を中心に学習していることが分かります。やはり、世界遺産検定の勉強で一番楽しい分野は世界の遺産であり、何も調査をせずに受験する人はここに偏って勉強してしまうようです。
    ですが、最も出題されるのは「基礎知識」。この分野は、お世辞でも楽しく勉強できるところではなく、多くの受験生が避けたいと考えているはずです。次に出題されるのは「日本の遺産」で、本試験では細かいところまで問われるので学習が少し大変です。しかし、基礎知識および日本の遺産を制してしまえば合格は目前です。その理由を説明するために出題傾向を分析してみます。


    ■出題傾向

    世界遺産検定3級の出題傾向は公式ホームページ(文部科学省後援 世界遺産検定)に載っています。以下抜粋します。
     
    分野 配点
    基礎知識 25%
    日本の遺産 30%
    世界の遺産 40%
    その他 5%

    これを見ると「基礎知識」と「日本の遺産」だけで全配点の55%を占めており、出題内容が随分と偏っていることが分かります。仮にこの2分野で50%取得してしまえば合格点が60%以上なので、「世界の遺産」および「その他」についてはマークシート運に頼っても十分受かることができます。

    次に、基礎知識と日本の遺産を完璧に仕上げるためにどのくらい時間がかかるのかを判断するために、世界遺産検定の公式テキストの各分野のボリュームを確認しました。
     
    分野 ページ数
    基礎知識 14ページ
    日本の遺産 20ページ
    世界の遺産 110ページ
    その他 (記載なし)


    分野別記載ページ数を見てみると、これまた大きな偏りがあります。
    「その他」に関しては日頃のニュース等、テキスト外から出題されますので「記載なし」としています。

    最後に、配点を記載ページ数で割ることで、公式テキスト1ページ当たりの配点を求めてみます。
    分野 ページ当たり配点
    基礎知識 1.79点
    日本の遺産 1.50点
    世界の遺産 0.36点
    その他 (不明)


    上表を確認すると「世界の遺産」を学習することのコスパの悪さがお分かりいただけると思います。公式テキストの約150ページ中110ページをも占めている「世界の遺産」を全く勉強せず、逆に残りの40ページさえ学習すれば確実に50%は確保できます。あとはマークシート式試験なので、適当に答えても10%は取得できるので合格できることになります。

    さらに、過去問を確認すると分かるのですが「世界遺産委員会の開催国」も出題される可能性が高いため、受験前には必ず確認してください。


    ◎世界遺産検定3級最短合格のためのアプリ

    基礎知識と日本の遺産については細かい知識まで、世界の遺産については重要な遺産だけ、を収録しています。過去問で頻出の世界遺産委員会の開催国も出題されます。勉強時間を大幅に短縮したい人は、世界の遺産は確認程度にとどめ、基礎知識と日本の遺産だけを完璧にしてください。
    以下のリンクからGoogle Play Storeにアクセスできます。

    最短合格!世界遺産検定3級 Lite


    上記のアプリを使えば間違いなく合格できるでしょう。世界の遺産まですべて暗記すれば、まず落ちることはないと思われます。しかし、世界遺産をシッカリと学びたい人は公式テキストを読み込んで、実際の過去問を解くことも実践していただきたいと思います。

     




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/109
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (05/03)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (05/03)
    • 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      資格キラー (01/06)
    • 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      テラゲン生きる。 (01/06)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (12/10)
    • 手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
      資格キラー (12/07)
    • 手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
      あい (12/06)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      素晴らしい (11/02)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      資格キラー (10/31)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE