資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 世界遺産検定 〜最短合格勉強法〜 | main | 歴史を学ぶ意義 >>
ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
0
    JUGEMテーマ:検定試験にむけて


    先日、高度情報区分のITストラテジストに合格しましたので、いつも通り合格体験記を書いていきます。
    ちなみに筆者はITストラテジストの実務経験はなく、また他の高度区分を取得していません。ITストラテジストが初の高度情報取得となります。
    今回の秋試験は、元々情報セキュリティスペシャリストかネットワークスペシャリストを受けるつもりでしたが、忙しい時期にあり勉強時間が確保できない恐れがあったので、知識問題の少ないITストラテジスト試験を受けることにしました。予想通り、試験前はほとんど勉強できず、勉強時間は累計で12時間しか確保できませんでした。が、結果は合格。記念受験のつもりで受けたので合格したときは目を疑いました。
    なお、関連資格の中小企業診断士試験に関して興味のある方は以下のリンクをご覧ください。試験範囲が類似しているため、同時に受験するとシナジー効果が得られます。

    中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜


    ■概要
    本試験は、IPAの公式ページによると以下のように定義されています。

    高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者。また、組込みシステムの企画及び開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する者


    まぁ小難しく書かれていますが簡単にいうと、企業の経営層に対してITを活用した利益増加や業務改善を提案したりするのが役割ってことですね。CTOとかCIOとかをイメージすると良いかと。試験を受ける際にも、常に経営層に提案するつもりで答案を作ることを心がけることが重要になります。

    また、ITストラテジスト試験の難易度についてですが「ITストラテジスト 難易度」とかで出てきたサイトをみると必ずといっていいほど最高ランクに位置しています。弁護士や公認会計士とならんで表示されることも少なくありません。確かに非常に難しい試験ではありますが、弁護士や公認会計士と比べて私生活を犠牲にするような膨大な勉強量の必要な試験ではないため、誰でも合格できる試験ですので、ぜひとも驚異的な難易度に尻込みせずに挑戦してもらいたいと思います。現に筆者は実務経験がなく、さほど勉強せずとも合格できましたので。

    次に試験方式ですが、4段階選抜方式となっています。
    他の高度区分を受験している方々には説明の必要ないと思いますが一応説明すると「午前1」「午前2」「午後1」「午後2」の4科目を受けることになります。午前1と午前2はマークシート方式、午後1は記述方式、そしてITストラテジスト試験では午後2は論文試験となります。以下順に詳細を説明します。

    【午前1】マークシート形式
    午前1は主にITに関する基礎知識が出題されます。過去2年以内に応用情報技術者に合格、もしくは過去2年以内に他の高度情報区分の午前1試験を合格していると免除になります。ITストラテジストにおいては例年受験生の6割ほどが免除するようです。ただし、ITストラテジストは広い知識を必要とされる業務のため、ITストラテジスト試験に合格できるレベルにある人はたとえ試験免除がなくても無勉強でここはパスできると思います。そうはいってもここで落ちると不合格になってしまうので少しでも対策をしておくのが賢明でしょう。

    【午前2】マークシート形式
    午前1と比べて範囲が狭まり、狭く深く問われる科目です。特にITストラテジストでは、マネジメント系とストラテジ系の問題が多く出題される一方、ネットワークやデータベースなどはほとんど出題されません。他の高度区分と比べて計算問題は比較的少なく、用語の確認が多いイメージです。問題数が少なく小さいミスが大きく影響します。また、気をつける点としては技術系の内容があまり出題されないため、IT系業界の方には無勉強は多少つらいかもしれません。例年2割ほどの受験生がここで足切りを食らっています。

    【午後1】記述形式
    ここからがITストラテジスト試験の本番、そして知識問題がほとんどなくなります。問題文を適切に読解し、問われている内容を本文から忠実に解答していくことになります。知識を吐き出すというよりも、文章を理解する国語力が必要になってくるため、一朝一夕で対応することは難しく、逆に国語が得意な人であればほとんど勉強しなくてもパスできるため、勉強時間を減らして合格できるところでもあります。例年4割ほどの受験生がここで足切りをくらうようです。

    【午後2】論文形式
    ITストラテジストの最難関。いくら勉強しても受からない人がいるのは午後2が原因であると考えてまず間違いないでしょう。午後1をクリアしてきた受験生の中での勝負になるため、ハイレベルな争いとなります。当日の試験では原稿用紙を渡されて、自分で内容を構成して1からすべて記入することになります。試験時間は120分と長く、構成を練った後は試験時間終了まで、ひたすら書き続けることになります。試験自体の時間は長いのですが解答に要する時間が非常に少なく、論文ネタの事前準備が必要な科目です。


    ■試験結果
    ・期間:7日(勉強時間 12 時間)
    ・費用:18,708円(受験料5,100円、参考書代等13,608円)
    ・得点
    午前1:免除
    午前2:84点(100点満点中60点以上で合格)
    午後1:74点(100点満点中60点以上で合格)
    午後2:A(A評価で合格)

    合格基準は午前、午後ともに60点以上となっていますが、午後1と午後2については合格率調整が入っているものと思われます。毎年合格率が15%ほどになっているのをみると、大体その前後になるように調節されていると考えるのが妥当です。つまり、全受験生の上位15%に入ることが目標になります。


    ■計画
    まずはインターネットでの情報集めです。
    受験の申し込みをしてから、やはり勉強時間がほとんど確保できない状況になりましたので、テキストや問題集をひとつひとつ完璧にするのではなく、複数の書籍を流し読みをして試験に備えるようにしました。この方法は一般的な試験ではNGなのですが、このITストラテジスト試験では有効です。なぜならば、暗記する内容が極端に少ないため1冊をとことんやり込む必要がなく、色々な合格者の論文を数多く読むことで合格レベルの答案の書き方を学ぶことで、試験の感覚をつかむことができるからです。

    購入する書籍は過去問を2冊、その他には午前用の知識まとめに1つ、そして午後2の論文用に1つ購入することにしました。
    過去問については、iTec社の「徹底解説ITストラテジスト本試験問題」と「ITストラテジスト 専門知識+午後問題の重点対策」を購入することにしました。これはどちらかに絞っても良いと思いますが、高々数千円ケチることで1年無駄にしたくなかったため、念のため両方買うことにしました。

    そして午前2用に「ITストラテジの基礎」を1冊購入。午前1から受験する人は、念のため午前対策用書籍を1冊終わらせておくと良いと思います。そして一番力を入れるべき論文用に「ITストラテジスト 合格論文事例集」を採用しました。この本にした理由は、豊富な論文事例とともに、口コミ評価が高かったからです。

    試験準備は試験日直前の1週間前から。他にやることがあったため非常に大変でしたが、時間を見つけて何とか12時間確保することができました。


    ■実行
    まずは午前の基礎知識から。書籍を開いて中を読むと、初見で解ける問題だらけ。筆者は中小企業診断士の対策講師をしていることもあり、経営系の用語には日頃から触れる機会が多いため、1時間ほどかけて半分ほど読み進めたところで十分だと判断し、午後1に進むことにしました。経営系の試験を受験したことのない人はこの1冊をしっかりと終わらせたほうが良いと思いますが、特に中小企業診断士や公認会計士の受験経験者は午前はサラッと確認するだけで良いかと思います。

    次に午後1に進みました。
    初めに過去問を開いて思ったのは……中小企業診断士二次試験と同じ。試しに問題を解いたところ、これも午前同様ほとんど解けました。一応過去問に載っている3年分だけは終わらせましたが、特に実際に時間を計測して解くということはせずに電車の中などの隙間時間を使いました。過去問は2冊購入していたので、1つの問題に対して2冊分それぞれの解説を読みながら進めました。
    午後1は、4つの選択問題から2つを解く形式なのですが、第4問目は組み込み系の問題となっています。そのためか、組み込み系をやったことがない受験生はそれを敬遠するようですが、午後1に関して言えばそれは得策ではありません。午後1は国語の試験です。必ず文中に解答の根拠があるので、組み込み系だろうがシステム開発系だろうが解き方は変らないため、本番は4つの問題をすべて吟味してから選択することをおススメします。
    なお、試験時間は90分ですので、1問あたり45分で解くことを目安にすると良いでしょう。本番では、たとえ1問目を解答中でも45分経過したら次の問題に移るようにすべきです。
    なお、国語試験に自信がないという人に筆者がおススメする午後1対策は中小企業診断士二次試験対策本として有名な「事例攻略のセオリー」です。全ての回答の根拠は本文に存在し、もしも本文中になかった場合は午前の知識で解く、という記述試験の基本中の基本が学べます。ITストラテジスト受験者にとって特に関係するのは中小企業診断士の事例3でしょう。生産管理はITストラテジストでも頻出です。逆に事例4には一切手を付ける必要はありません。この本を仕上げれば合格点に達することができるでしょう。

    そして最後の午後2。
    「ITストラテジスト 合格論文事例集」の第1部の合格論文の書き方を読み進めました。作文と論文の違い、章立てにすること、論文を書く前に全体構成を考えること、文字数指定に気をつけること等、基本的な作法が書かれていました。中でも一番役立ったのはワークシートです。書籍の後ろに論文作成に役立つワークシートが用意されており、それを埋めていくことで論文構成を作ることができます。試験前にこのワークシートを使って論文ネタを作っておきます。

    次に論文のネタについてです。筆者は、ITストラテジストの実務経験がありませんので、自分が下流エンジニアとして携わった案件を思い返し、上流のITコンサルタントや顧客の考えたアイデアをさも自分が考え出したかのようにストーリーを作り上げ、さらにその中で自分なりに工夫したかった点などを盛り込んで、頭の中にオリジナルの案件を2件ほど用意しておきました。それを出題に合わせて調整しながら答案を作ることで、勉強時間を大幅に減らすことができます。
    ITストラテジスト試験の他受験生はベテランがほとんどで、彼らは多くの案件を経験しているため引き出しが多く、そういう人たちは試験の場で出題内容に合わせることができるかもしれません。しかし、実務経験が不足している筆者がそれをできるはずがありません。事前に用意する2つに関してはベテラン勢並み、もしくはそれ以上のレベルで用意しておき、それを適宜問題に合わせて変更するほうが得策でしょう。

    また、午後2は3つの選択問題のうちから1つを選ぶ方式なのですが、必ず組み込み系の問題が1題含まれています。午後1と違って全く携わったことのない案件で論文を組み立てることは難しいので、普通のSEであれば組み込み系は対象外になると思われるため、本番試験では2つのうちから1つを選択する形になると思います。

    試験日までの日数が少なく、一度も論文を書く機会はありませんでしたので、とにかく本書の論文事例を読みました。ただ読むだけでは意味がありません。内容はどうでも良いので、重視すべきは論理展開。案件の中で何かアイデアを出すときは必ず複数列挙し、その中から理由とともに1つに絞るようにしました。そして、案件が順調に進むことはまずあり得ずトラブルはつきものですので、案件の最初と途中にそれぞれ問題(問題解決の際の問題の意)があったというシナリオを入れて、それを○○という工夫で解決した、というような展開にしていきました。
    特に、ITストラテジスト試験においては、問題に直面した際に、ツールを用いて華麗に解決する、という方法は歓迎されないらしく、体を使って動き回ることを盛り込むと評価点が上がる、という意見が多かったので、顧客のキーマンに何度も足を運んで直接提案をしたり、それでも無理なら顧客の担当者にお願いして打ち合わせの場を設けてもらったり、社長に取り次いでもらってトップダウンの意思決定をしてもらったり、といったストーリーを作り上げました。

    最後の改善点については、自分の提案について抜けがあったというストーリーにするのではなく、こういう工夫をすればより顧客の満足を得られた、次のリリースではこういう点を組み込んで利益増加を通じて顧客満足を図る、というようにしました。そうすることで、自分の提案にアナが少なく、かつ顧客志向であることをアピールできます。

    なお、時間配分は、はじめの40分は論文構成を考え、残りの80分で一気に仕上げると良いと思います。書くスピードにもよると思いますが、これなら大体文字数の最低ラインはクリアできると思われます。

    本番では、本書に記載されているレベルの論文を書くことは不可能なので、多少繰り返しを使って字数を稼ぐことを考えたり、多少の矛盾があっても気にせず答案を書こうと思ったり、していました。

    ■本試験
    試験会場は東京都三鷹市の明星学園高校でした。午前1が免除だったので、午前は時間に余裕がありました。なので、自転車で1時間かけて試験会場付近の無料駐輪場に停めてそこから歩いて会場に向かいました。今回は情報セキュリティスペシャリストと同じ試験会場らしく、比較的年齢層の低い受験生も多く見られましたが、自分の部屋に入ると周りはほとんどベテラン技術者といった風格の方だらけでした。

    まずは午前2から。試験時間が短いのですが、その分問題数も少ないので時間を半分以上残して順調に終わりました。途中退室ができないため、何度も見直しして点数予想まで計算しました。厳しめの採点で6割は超えていたので安心して昼食を迎えられることができました。

    午後1は、初めの選択は第2問の物流を選び、問題選択に成功したためほぼ満点を取ることができたと思います。そして残りの3問を見渡して第4問を選びました。初めの方の問題は解答の根拠が見つけやすかったのですが、後半にいくにつれて難しくなっていき、全問解き終えた時には解答を重ねたものが結構ありました。
    時間ギリギリまで根拠を探し続けましたが、結局書き直すことなく試験時間が終了。ここで足切りをくらったかもしれないという不安とともに答案を提出しました。

    午後2では、予想とは大きく異なった問題が出題されました。
    事前に用意したストーリーを適用しづらかったのですが、半ば強引に当てはめて論文構成を作成していきました。そのため、多少問題に対してズレた解答をしていた不安はありましたが、時間は120分と少ないため後戻りはできず、ひたすら書き続けました。
    試験時間が残り30分となったところで、それまで1回も論文を書いていなかったことが仇をなしてか、文字数が足りないという状況に陥りました。そこで、減点を覚悟で特に強調したい部分を言葉を代えて繰り返すことで文字数稼ぎに走りました。試験時間が終わるまで一切止まらずに書き続けて、文字数を少しオーバーしたところで終わりを告げるチャイムが鳴りました。長かった試験が終わってホッとしたと同時に、かなり適当に答案を埋めていたので不合格も確信していたため、来年試験にはどうやって挑もうか思考を巡らしました。

    2ヵ月後の合格発表日も結果を確認せずに、それから10日以上経ったところでたまたま受験票をみつけたので確認してみたら、なんと驚きの合格。思いもよらなかった結果にしばらく呆然としながらも嬉しく思いました。

    ■総評
    今回、12時間という非常に少ない勉強時間で合格することができましたが、誰でもこの時間で合格できるとは思いません。やはり、中小企業診断士試験の経験があり、午後1までの勉強時間を極端に減らせたからここまで勉強時間を減らすことができたと思います。
    また、論文試験は運も必要になってくるため、人によっては何回受験しても受からないという事態に陥る恐れもあります。採点基準が不明なため、雲を掴むような勉強になりがちですが、論文試験に関しては5割弱が合格できるため、まずはほぼ確実に午後1を突破できる力を身につけ、あとは毎年諦めずに受験し続けるという強い意志を持つことが肝心です。

    あと、試験は何が起こるかわかりません。筆者自身、当日自信のない試験は受けずにスルーしたりすることがあったのですが、今回の試験を期にその考えを改めて1%の合格可能性がある限り、取りあえず受けていこうというスタンスにすることにしました。

    受けなければ受かることはないのです。

     

     

    ◎ITストラテジスト試験午後橘簑蠅硫鬚方のnote

    ITストラテジスト試験午後橘簑蠅硫鬚方を説明したnoteを投稿しました。事例攻略のセオリーが絶版になったため、代替書籍を求める声が多かったのがnote執筆理由です。下記リンクより飛んでいただければ幸いでございます。

     

    ITストラテジスト試験 午後橘簑蠅硫鬚方

     

    なお、午後兇亡悗靴討郎のところ執筆未定です。要望があれば執筆することにいたします。

     

     

    最後に。

    実務経験がないというところで誤解がないようにするため、筆者の経歴は「スカイプ家庭教師」でご確認を。IT業界では下流エンジニアとしてテスター及びプログラマーを担当しておりました。

     







    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 20:46 | comments(50) | trackbacks(0) | - | - |
    何も役に立たない自慢記事

    12時間で実務経験ないのに合格しましたよーって
    ちゃっかり午前I免除で、中小企業診断士講師???
    それを経験者といいます。

    マジに勉強してる人に失礼ですし、
    この記事から役立つ情報は何一つありません。

    ゴミサイト
    | 何も役に立たない自慢記事 | 2016/04/17 10:44 PM |
    辛辣なコメント有難うございます。
    気になった点がいくつかあったのでコメントを。

    > 12時間で実務経験ないのに合格しましたよーって
    > ちゃっかり午前I免除で、中小企業診断士講師???
    > それを経験者といいます。

    「午前1免除で中小企業診断士講師→ITストラテジスト実務経験者」という論理は成り立ちません。
    なぜ成り立たないか。それは、ITストラテジストの実務経験者とは「情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者」だからです。

    中小企業診断士の講師とは、試験のプロフェッショナルであって、提案・推進者ではありません。
    講師の仕事は、生徒のスケジューリング管理を行ない、無理のない課題量を出し、モチベーション維持を図る。そして、文章の読み取り方、それを設問分に合わせてまとめる能力を教えることです。

    ITストラテジスト試験の最大の山場は午後2であり、そここそが実務経験があるかどうかで大きく変わると一般的に考えられています。が、前述した講師としての実務経験が一般的なITストラテジストとしての実務経験と異なるのは明らかです。


    > マジに勉強してる人に失礼ですし、
    > この記事から役立つ情報は何一つありません。

    あなたが本記事から役立つ情報を得られなかったのは非常に残念です。
    私としては、少しでも独学受験生の方々のお役に立てればとの思いからブログを運営していますが、不特定多数の方々に情報を発信している以上、役立たないと感じる方もいらっしゃるのは仕方がないことだと思っています。


    今回は不愉快な思いをさせてしまい、大変失礼いたしました。確かに、経験者の定義を曖昧にしてしまったのはこちらの不手際です。
    今後は少しでも不愉快な思いをする人が少なくなるよう、記事の書き方を変えていきたく思います。
    | 管理人 | 2016/04/17 11:55 PM |
    もし本当に役立つ情報発信を目的だとするならば、勉強時間12時間ですよー!という部分を強調する必要はないはずです。

    貴方の能力が優れていることは素直に凄いなと思いますが、
    ITストラテジスト等、高度の試験は12時間位で達成できないのは常識です。
    試験自体1日がかりですが。。。

    結局、この記事で(他記事でもですが)言いたいことは、他の人は凄い時間がかかる試験をわたしは短時間で合格したよーすげーだろー!
    というのが真意にしかみえません。

    わざわざ勉強時間を強調して笑
    | 何も役に立たない自慢記事 | 2016/04/20 2:08 PM |
    返信が遅れて失礼いたしました。
    今回もインラインで回答させていただきます。

    > もし本当に役立つ情報発信を目的だとするならば、勉強時間12時間ですよー!という部分を強調する必要はないはずです。

    勉強時間掲載についてですが、、
    元々本ブログはタイトルに勉強時間を載せていませんでした。読者の方から勉強時間を分かりやすく掲載して欲しいという要望があったので、現在のようになったという経緯があります。

    コメントをくださった方もいらっしゃいますが、私自身も勉強時間というものはあくまでも1つの参考指標に過ぎないと考えています。試験前の知識量、そして勉強方法を確立しているかどうか、でかなり変わってきますしね。


    > ITストラテジスト等、高度の試験は12時間位で達成できないのは常識です。

    常識が何かはさておき、恐らくITストラテジストは何千時間勉強しても受からない人もいるでしょうし、公認会計士の方であれば全く勉強しなくても受かる人もいるでしょう。前述したように、あくまでも参考程度にしてもらえばなと。


    > 結局、この記事で(他記事でもですが)言いたいことは、他の人は凄い時間がかかる試験をわたしは短時間で合格したよーすげーだろー! というのが真意にしかみえません。

    本文に「確かに非常に難しい試験ではありますが、弁護士や公認会計士と比べて私生活を犠牲にするような膨大な勉強量の必要な試験ではないため、誰でも合格できる試験ですので、ぜひとも驚異的な難易度に尻込みせずに挑戦してもらいたいと思います。」と書きました通り、本記事には難易度に屈せず皆さんに挑戦してもらいたいという目的もあります。

    私自身もITストラテジストに受かるはずがないと考えており、まずはシステムアーキテクトかプロジェクトマネージャーを取得してから、というプロセスを考えていました。が、インターネットでITストラテジストに直近1週間くらいの勉強で受かったという意見をちらほら見かけたおかげで自信がついて受験を決意しましたので。
    | 管理人 | 2016/04/21 3:17 PM |
    だーかーらー、
    この記事のメインが、勉強時間12時間と一発合格!とか、自慢が目的なのを指摘しています。

    勉強時間は参考程度のいいつつも、記事のタイトルにして、本文でも強調してますよね?

    ぜひ皆さんに挑戦してほしいですとか、綺麗な言葉を並べてても、メインは時間を強調する必要はないでしよね。
    タイトル、見出しの意味分かってます?

    はい論破。
    | 何も役に立たない自慢記事 | 2016/04/22 9:48 AM |
    非常に読み応えのある記事でした。
    一々気にしてらっしゃらないとは思いますが、しょうもない嫉妬や誹謗中傷などは無視して、これからもどんどん記事を更新して頂ければなと思います。
    | 通りすがり | 2016/05/20 1:56 PM |
    コメント有難うございます。

    読み応えのある記事との評価をいただき、とても嬉しく思います。分かりづらいところ、詳しく知りたいところ等があれば早急に対応しますので、遠慮なくご指摘ください。
    | 管理人 | 2016/05/21 6:25 PM |
    経緯など分かりやすく記述いただき、参考になりました。
    受験することを、ちょっと考えてみようかな、とモチベーションが上がりました、ありがとうございます。


    ※「はい論破。」というのも、20年前の高校生が使うような死語を久しぶりに見て微笑ましくなりました。
     ご自身がもっと良い記事を書いているのだったら、そのURLでも残してくれた方がありがたいです。お待ちしています。
    | 参考になった派 | 2016/05/24 5:52 PM |
    本記事が参考になったとのお言葉をいただき有難うございます。
    今後ともお役に立てる情報を発信できるよう努めてまいります。
    | 管理人 | 2016/05/25 8:03 PM |
    私は応用情報技術者試験を受験する際に、このサイトの記事を参考にさせていただきました。

    勉強時間やスケジュール、参考書、また色々な試験を受けた経験を基にした難易度なども書いてあり大変有難かったです。

    お陰様で先日無事に応用情報に合格することができました。
    ありがとうございました。

    | 参考になった派2 | 2016/07/24 2:41 AM |
    参考になりました。
    自分も勉強したくなります。
    | すごい! | 2016/08/08 11:38 PM |
    自分も超下流ですが、某IT企業でガテン仕事を長らくやってました。各人の脳の特性により、参考になるかどうかは違いますよ。自分には役立ちます。ありがとうございます。
    | KK | 2016/10/04 11:52 AM |
    何故ネット上の資格サイトは弁護士や会計士と並べようとするのでしょうかね。難易度は全然違うのに。明らかなIT優遇があると思います。
    | アグ | 2016/11/19 1:19 AM |
    アグ様のおっしゃる通りです。

    実際に法律系の試験を受験すると分かりますが、覚えることが非常に多く、独特な言い回しなどもあります。その上、法律は毎年変わるため、常に情報を更新し続けなくてはならず、非常に学習が難しい。必然的にIT系と比べて学習時間が飛躍的に多くなります。司法試験に12時間での合格はハッキリ言って不可能です。

    資格難易度比較サイトにおけるIT優遇の悪い点は、ITストラテジストを司法試験クラスと誤認識してしまい、受験を敬遠してしまう方々が少なからず現れるだろう、というところです。少しでも多くのエンジニアにその認識を変えていただき、経営に興味をもっていただけたらと思います。エンジニアにとって経営視点を持つことは大きな強みとなりますので。
    | 管理人 | 2016/11/19 10:16 PM |
    管理人様、有益な記事を発信してくださってありがとうございます。

    自慢してる!なんて怒ってる方、まあ落ち着いて。
    12時間の勉強で合格したのは確かに凄い事です。
    「12」の部分を赤字にするあたり、確かに自慢したい気持ちがあるのかもしれませんが、そのくらいの自己顕示欲は可愛いものだと思えませんかね?

    IT優遇については、何が優遇なのかよく分かりませんが、情報処理技術者試験であれば費用対効果が高いのは確かかなと思います。
    他分野よりは短い勉強時間で、取得すればそれなりに評価されますからね。
    それが気に入らない方もいるというのは、ちょっと驚きです。

    せっかくの有益な記事なのだから、素直に読んで自分の糧にするのがよろしいかと。
    | 猫だまし | 2016/11/30 2:52 PM |
    午前は自信があって、午後の分だけなら12時間くらいで行けるかな。
    | 名無し | 2016/12/13 12:57 AM |
    たまたまこの記事にたどり着いたSEからコンサルになる者です。
    SEから来春コンサルティング会社に転職し、ITコンサル方面に進む者です。
    プロジェクトではユーザ⇔開発の窓口や調整役、ヘルプデスクみたいなことをしていますが、自社では営業支援、営業方法、、ハード・ソフト両方のソリューション販売方法等、戦略とはいえない幼稚なレベルですが素人なりに考えてきました。人事や総務に毛の生えた事をやったりも。。。

    元々父が中小企業の経営者で、やってることや言ってることを見たり聞いたりしていて土台があるのか、資格試験の問題を見みてあまり苦手意識などマイナスな感情は生まれませんでした。

    春はPM、秋はITサービスマネージャを目標にしているので受験予定は来年の秋になります。管理人様のように12時間とはいかないですが、より効率的に勉強して、先々この資格を取得、自分のキャリアや能力に活かしたいと、刺激を受けました。感謝いたします。
    | SEからコンサルになる者 | 2017/01/19 3:37 PM |
    コメント有難うございます。

    ITストラテジストは、ある程度勉強すると覚えることが非常に少ないことを実感できるかと思います。土台があれば論文試験のネタにも困りませんので、是非とも取得してください。

    ITコンサルでの活躍を期待しております。
    | 管理人 | 2017/01/19 4:22 PM |
    私も1回で合格しました。しかし、それはpmや監査を取得後です。そううれば。確かに午後2を1ヶ月程度練習すれば、受かるでしょう。12時間はちょっとオーバーですね。受からない試験ではありません。
    | 通りすがり2 | 2017/04/29 7:46 PM |
    知人が合格したので、どんな資格なのか気になり、拝見しました。
    12時間の割り振りの詳細がありますと、より独学者の方の参考になるかと思います。
    (論文対策○時間、実際に使用した参考書名、マークシート対策で役立った参考書など)
    | 通りすがり | 2017/06/21 2:09 PM |
    承知しました。
    ただし、試験を受けてから少々時間が経ってしまっているため、曖昧な部分や、多少の相違があることはご容赦ください。

    内訳は下記の通りです。

    午前供В瓜間
    午後機В音間
    午後供В校間

    参考書などにつきましては本文に書かれていますのでご覧ください。詳しく書こうとしましたが、ある程度は本文に書かれているかと思います。午後兇諒拔時間はすべて論文対策ですし、特にどこら辺の情報がほしいかを絞ってご質問いただければ。
    | 管理人 | 2017/06/22 2:55 PM |
    はじめまして。

    先日の試験で応用情報技術者試験に合格し、
    今度の秋にITストラテジストを受けようと下調べしている折、
    こちらの記事を発見しました。
    参考にさせていただきます。

    ところで相談なのですが、
    試験対策にお使いになった参考書を
    お譲りいただけないでしょうか?

    現在、定職についておらず、
    応用情報の書籍もほとんど古本でそろえました。
    ITストラテジストの書籍に至っては、古本で全く見つからないのです。

    合格者のお使いになった本とあらば、ゲン担ぎにもなります。

    突然の、そして差し出がましいお願いで恐縮なのですが、
    もしまだお手元にありましたらご一考願います。
    | yi | 2017/07/02 11:03 PM |
    コメントありがとうございます。

    せっかくのお申し出ではございますが、参考書等のお譲りはしておりません。といいますのも、ネット上での物品のやり取りは何かと問題が生じますし、何より私自身スカイプで受験指導をしていることもあり参考書等は必需品なんです。

    申し訳ありませんが、ご容赦のほどお願い申し上げます。
    | 管理人 | 2017/07/03 2:11 PM |
    お返事ありがとうございます。

    ネット上での物品のやりとりで無用なトラブルを抱えたくない心中、お察しいたします。私も同じ気持ちです。

    しかも、相手が私のような素性も明かさない得体の知れない人間とあっては、なおさら相手にしたくない気持ちもわかります。

    まず、この点に関してご理解いただきたいのは、こちらのブログへのコメントは誰でも閲覧できるものなので、私の素性をあまり掲載したくないという意図からのものであり、決してやましい気持ちからのものではないことをまずはご理解いただきたいと思います。

    私は、私の情報を明かさないのでなく、ここで明かすことに抵抗があるだけなのです。



    そして、本を処分することはブログ主様にとっても有益であると私は考えます。

    たくさんの資格をお持ちであるならば、法改正や時代背景に合わせ、あらゆる資格が常に内容を刷新し続けていることもご存知かと思います。

    それを踏まえて考えるならば、真に指導者として書籍が必要なのだとすれば、なるべく最新の情報を入手するよう努めるべきではないでしょうか?

    例えば、先日私は日商簿記2級を受験し、不合格になりました。ここ数年をかけての商業簿記の大幅な内容改正の渦中にあり、数年前の参考書で勉強し始めたために、対策が遅れたことも大きな原因です。

    これと同様のことが、中小企業診断士をはじめ、あらゆる資格で起こりうると考えます。



    「とにかく独学でお金をかけず」を優先する私がこんな失敗をするのはともかくとして、
    プロの指導者がこんな無様な敗北を喫するわけにはいかないと思いませんか?

    古い情報の書籍を持ち続けることは、指導者としての信用力を失墜させることにむしろ繋がるのではないでしょうか?

    何かのきっかけで古い書籍を処分する方が、生徒さんから信用を得ることに繋がると思います。

    つまり、本を処分することは、あなたにとっても大事なこと。そうお考えになることはできないでしょうか?



    こちらのブログを拝読し、取得された資格や経歴、ブログの語り口を拝見し、私にとても似た価値観をお持ちの方だと感じました。

    私は34歳の地方都市在住者ですが、私がここ数年のうちに取得した資格は、
    簿記3級、
    FP3級、
    販売士2級、
    秘書検2級、
    Iパス、応用情報、
    知財管理3級です。

    率直に申し上げると、書籍も大事ですが、私と似た価値観をお持ちの方と、横の繋がりができたらいいな、とも考えております。



    面倒なお話で恐縮なのですが、誠心誠意努めますので、もう少しお考えいただけないでしょうか?
    | yi | 2017/07/03 6:33 PM |
    たびたびコメント失礼致します。

    このようにお考えいただいたらいかがでしょう?というご提案をさせていただきます。



    指導者の重要成功要因として、指導実績が挙げられるかと思います。

    指導した生徒が、どのような資格や教育機関を受験し、合格したかは、指導者の実力を示す対外的な指標となることでしょう。

    言い換えると、あなたが指導した生徒が資格試験に合格することは、あなたの指導者の実績としてのプラス査定につながるのです。



    ところで、私は人から教わって伸びるタイプではありません。自分で学んで自分で勝手に伸びていくタイプです。
    ですから、あなたと似た趣向を持っていたとしても、あなたから直接的な指導を受けるということは、経済面を考慮しても難しいです。

    ところが、私のかつての経験上、「中古の参考書に書き込まれた以前の所有者の書き込みを見て、受験の解放テクニックを学びとった」という経験があります。

    人の背中を見て学んだのです。

    これを飛躍的に解釈するならば、「赤ペン先生的な手法によって、書籍の以前の所有者から間接的に指導を受けた」と考えることもできます。



    以上のことから、あなたが私に書籍を譲ることを「間接的指導」とみなすことができ、私がITストラテジストに合格することによって、あなたはITストラテジストの合格者実績を一人増やすことができる、と考えることもできます。

    これはあなたにとって、大いに意義あることではないでしょうか?



    そして、この効果は、あなたが書籍を持ち続けることでは決して得ることができません。
    その後の持ち主の実態を把握できない方法で譲ったとしても、得ることができない効果です。



    以上、ご納得いただけるかはわかりませんが、ご提案させていただきました。

    いかがでしょうか?
    | yi | 2017/07/04 7:10 PM |
    たびたび失礼致します。

    あなたのホームページを拝見していて気になった点をご提案させていただきます。



    個別具体的な「お客様の声」こそが、受験指導業界のマーケティング活動の要となっていることにお気づきでしょうか?

    大手予備校などのパンフレットでは、必ずと言っていいほど、「合格者の作文」や「合格体験記」といったものが掲載されています。

    それはいわば「ユーザーの口コミ効果」を狙ったものです。

    サービス提供者が自分にとって都合のいい情報を対外的に発信するのは当たり前で、ユーザーはそれに対し懐疑的になっているのが当然です。

    それを払拭する狙いを以て掲載するのが「合格者の声」なのです。



    あなたのWebサイトには、今のところそれらしきものが掲載されておらず、不信感を持たれやすいサイト構成になっています。



    あなたが私に本を提供してくださったなら、合格時にお客様の声を私の直筆でご返送いたします。

    もちろん、ホームページその他のマーケティング活動に使用していただいて構いません。

    ITストラテジストと販売士一級に関して、私は本を持っておらず、次回試験を受験予定なので、もしこれらの本をお譲りいただいた場合には、その対価として、直筆の「合格者体験談」をご返送いたします。

    両方とも、あなたの指導実績として合格者を出しておられないようなので、それに追加記載ができるのはあなたにとって大いに利益のあることだと思います。



    本を譲るだけのことを指導とすることに異論がおありならば、あなたからの指導に応対させていただくこともいたしますが、対価は用意できません。



    多くの受験指導業者が、多額の費用を投じて広告活動をし、「合格しやすそうな生徒」を集めています。
    合格しやすい生徒を集めて合格させ、それを広告に活用することで、新たな生徒を呼び込む。
    そのサイクルこそが受験指導業界では重要なのではないでしょうか?

    それを鑑みれば、本を譲るだけで実績が手に入る今回のご提案は、決して悪い話ではないかと思います。



    何卒、ご一考のほどよろしくお願いいたします。



    (ところで、あなたのホームページを拝見して気になったのは、「指導実績」が、「行為者」なのか「被行為者」なのかがわかりづらいのが少々問題かと思いました。

    「中小企業診断士を指導した」のが実績なのか、それとも「中小企業診断士でないものを指導して試験に合格させた」のかが、わかりづらい記載になっていると思いますので、ご訂正されてはいかがでしょうか?)
    | yi | 2017/07/05 2:04 PM |
    詳細なアドバイス有難うございます。

    しかし、現在は生徒さんを積極的に募集しておらず、本格的にマーケティングを開始した場合に手が足りなくなってしまう状態です。実際に、先日募集されてきた方につきましては時間等の折り合いがつかず、お断りした次第でございまして。

    私のスカイプ家庭教師は他の大手サービスと違って、生徒獲得に力を入れるのではなく、ご縁のあった方に質の良い学習を提供し、お互いにWin-Winの関係を築くという信念のもと、行なっているものです。そのため、口コミがメインになっており、Webマーケティングに力を入れるよりは、その時間分を授業準備に費やし、より質の高い授業を提供しております。

    現在、このような状況ですが、本格的に生徒さん獲得に力を入れていく方針に切り替えた場合は、是非ともいただいた助言を参考にさせていただく存じます。

    なお、ITストラテジスト等の試験に関しましては、法改正を気にすることがほとんどなく、新しい書籍を買う意味があまりありません。むしろ入手困難な過去問にこそ価値があります。なぜならば、多年度受験生で新たに解く問題が無くなってしまった際に、実力試しができなくなるからです。実際に中小企業診断士2次試験においては、昔の過去問ほど値がついておりますし、IPAに関していえば2017年7月現在で「2014 徹底解説システム監査技術者本試験問題」は7,000円以上、「2014 徹底解説ネットワークスペシャリスト本試験問題」には10,000円以上の値がついています。
    | 管理人 | 2017/07/06 10:13 AM |
    本日から情報技術者試験の申込期間が始まりましたね。
    従って、今回ITストラテジストを受験するかしないかの決断も含め、私は早急に今後の見通しを立てねばなりません。そのため、誠に勝手ながら今回のお話について回答期限を決めさせていただきます。

    7月9日深夜0時までに交渉成立のお返事を頂けない場合には、今回の件は交渉不成立とさせていただき、以後、私からの連絡はないものとお考えください。

    私側の事情をお話させていただくと、ITストラテジスト以外の高度情報試験については、中古で手に入れた書籍が多数あります。今回、ITストラテジストについての受験を切望しているのは、最近、簿記や販売士等経営戦略系の資格を受験し、この分野についての知識が高まっていることが理由です。
    今ITストラテジストを受験するのが合格確率が一番高い。でも、その試験対策をする費用がすぐには用意できない。だからこのようなお願いを致している次第であります。時期が変われば事情は大きく変わるでしょう。そして、妥協案として、今回他の高度資格を受験するのはそれほど難しいことではありません。

    今回の試験に限ったお願いであることを改めてご理解いただければと思います。

    つきましては、今回のお話について、改めて以下に要点をまとめさせていただきます。

    ■私がお譲りいただきたいのは
    ・ITストラテジストの受験対策書籍一式
    ・(もしできれば)販売士1級の受験対策書籍一式

    ■その代わりとして私がご提供するのは
    ・ITストラテジストや販売士1級に私が合格した場合に、私が手書きした「合格体験記」をご郵送させていただくこと。そしてそれらの広告活動への使用許諾。
    ・上記資格について、あなたの指導実績としてのカウントに含めていただくことへの承諾。もしこの件についてあなた以外の方から私に問い合わせがあった場合、整合性の取れる範囲での立証への協力。
    ・送料は着払いにて私が負担

    ■金銭的な対価の支払いについては、書籍にかかる費用を私が1円でも負担すると「売買契約」となり、お互いにとって面倒な紛争の火種となる等、法律上の諸問題を抱えていること、また信用性不安を抱えていることから、除外して考えさせていただきます。

    ■手順について
    1、あなたからこの件について承諾を頂いた場合、まず、私からあなたへ、ご指定いただいた住所に、封書を郵送させていただきます。
    封書には、
      イ)「書籍をお譲りいただき、それを受けてITストラテジストや販売士一級に私が合格した場合には、私が手書きした合格体験記を郵送する」との旨を記載した、法的効力を持つ誓約書
      ロ)私の住所、電話番号、メールアドレス、名前等を記載した書類
      ハ)最近取得した資格の合格証書のモノクロコピー
    以上を添付させていただきます。
    なお、私の本名のイニシャルはyiですので、上記書類や一連のコメントと併せて信用性を確認していただけると思います。
    2、上記書類をご確認いただき、信用性をご確認いただけたなら、送料を着払い(なるべく安くして下さい)で書籍を私宛にご郵送ください。
    3、荷物到着時には一報入れさせていただきます。
    4、資格試験に合格したことが判明した場合には、まず一報入れさせていただいたのち、およそ二ヶ月以内をめどに合格体験記を郵送します。



    ■最後に
    私がこのようなお願いをあなたに致しているのは、あなたが戦略家であると踏んでのことです。

    戦略家に必要な素養とは、ただ数字を計算するだけの計算能力ではありません。単なる計算なら経理に任せればいいのです。
    戦略家に求められること、それは、「数字を根拠としてリスクを乗り越える勇気を得ること」ではないかと私は考えています。

    人は誰しも見えない未来に立ち向かうことは不安です。不安を克服するために人は様々な解法を得てきました。その一つの知識体型としての集大成、それが「ITストラテジスト」なのではないでしょうか?

    あなたが、真にストラテジックに物事を判断できる豊かな知性と合理性、そしてそれらを応用的に活かす柔軟性をお持ちであるならば、必ず私の提案の意義と価値を理解し、最適解を選択していただけるものと私は期待しています。

    戦略家たちは、世の普通の人たちを先導し、普通以上の成果を得る決断をするのがその役割です。あなたが初めに私に対してした応答は、日本のごく普通の一般小市民がするであろう、全く平凡な決断内容です。これでは戦略家としての資質が疑われることでしょう。

    真なる戦略家であるならば、なるべく多くの協力的関係者の利益が最大化するよう取り計らうのが最適解であると私は考えます。そして、そのような提案をさせていただい
    | yi | 2017/07/06 10:53 AM |
    あなたから回答があったことを見落としていました。
    大変失礼いたしました。

    私の最後のコメントについては取り下げさせていただきます。
    | yi | 2017/07/08 8:54 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/07/08 11:09 PM |
    「新しい書籍を買う意味があまりありません。」
    とご指南いただいたアドバイスもあって、
    お蔭様で、無事、ネットでの対策書籍の購入に
    踏み切ることができました。
    ありがとうございます。



    最後に、一つだけ、お考えいただきたいことがあります。



    あなたは、私の応答に対し、
    ご自身が書籍を保持し続けることが
    いかに大切かを論じていらっしゃいました。

    お仕事等々多忙で心に余裕がないのかは存じ上げませんが、
    私はこれを受け、ご自身の立場のみをお考えになる
    大変心に余裕のない方なのだと受け止めました。

    ITストラテジストや中小企業診断士に求められる資質として、
    「相手の立場に立って物事を考えること」って、
    とても大事なんじゃないかと思います。

    決してあなたを試そうとしたわけではありませんが、
    そういった資質をお持ちだろうと考えたからこそ、
    今回のお話を持ちかけてみたのです。

    そして、単に相手の立場に立って同情するだけでなく、
    建設的・進歩的な提案を以って問題解決を図れるかどうか?
    そういった資質の持ち主こそが、
    上記の資格を持つにふさわしい人物ではないかと私は思います。

    あなたが私に対してした進歩的提案とは、いかなるものだったでしょうか?



    決してあなたの人間性を否定しているわけではありません。
    不適格な人物をふるいにかけられない、試験制度に対する疑義を呈している次第です。

    私は、不適格な人物が、分不相応な資格を手にしてしまうことを、不幸だと考えます。それは、勘違い人間を生み出すことに他ならないからです。



    心に余裕がなく、自分のことしか考えられない人間が、
    教育者、指導者としてふさわしいか?

    人様の経営に口を挟む立場としてふさわしいか?

    私には、確たる答えは申し上げられませんが、
    あなたは賢い人でしょうから、その答えがわかると思います。



    最後に、私の好きな楽曲の歌詞を贈ります。
    どうかあなたの人生が実りあるものでありますように。



    「汝見誤ることなかれ サイズの合わない服と同じさ
    サイズの合わない金や吐く言葉は お前をみすぼらしくするだけだぞ」

    UVERworld「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」より
    | yi | 2017/07/10 1:38 PM |
    あまりにも失礼で身勝手過ぎる!

    まともに相手にせず「お断りします」の一言で片づければいいのに。
    | ty | 2017/07/18 8:18 PM |
    コメント欄にて不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。以後、そのように対応していきます。
    | 管理人 | 2017/07/19 12:04 AM |
    不快感を与えてしまった当事者です。

    管理人さんが謝罪をする必要はございません。
    管理人さんに謝罪をさせてしまったことに対して申し訳なく思いましたので、お詫びいたします。
    申し訳ございませんでした。

    そして、ここ先、ますます挑発的な物言いでますます不快感を与えることになることをご承知おき下さい。
    ご容赦はされなくて結構です。

    ただ品行方正に生きているだけで、世の中はより良くできますか?
    ただ品行方正に生きているだけの人生に、意味や価値はありますか?
    ただ品行方正に生きるだけの方に、ITストラテジストの資格は必要ですか?

    私はその点について疑義を呈する意味も込めて、
    今回このようなご提案をさせていただきました。

    資格試験の参考書を買って済ますのは簡単なことで、
    それで終わらせるようなつまらない人間でありたくはない。

    金がなくて買えないから諦める、
    そんなありきたりの結論しか導出できないような、
    ありふれた人生は望みません。

    ITストラテジストの資格を持つ方ならば、
    そのことに対し、少なからずご理解をお示しいただだけるものとの推量から、
    このようなご提案をさせていただいたのです。
    そうではなかったことはとても残念です。

    不快感をお感じになったことは残念ですが、
    私はそのことに対し、頭を下げるつもりはございません。

    それをも含めて一石を投じることにこそ意義があると感じるからです。

    私からは以上です。
    | yi | 2017/07/28 12:36 PM |
    管理人さんへ

    yi氏のコメントは身勝手で失礼で悪質、かつ執拗だと思います。
    ですので、今後はもちろん過去のyi氏の一連のコメントの削除を希望します。

    是非ご検討をお願い致します。
    | ty | 2017/08/06 2:23 PM |
    ご指摘ありがとうございます。

    ITストラテジストの受験者・合格者に対して不快感を与える発言を含むコメントがありましたので非承認としました。
    | 管理人 | 2017/08/06 8:19 PM |
    前々からこのブログを読ませていただいていますが、読むたびに勉強しなきゃ!という気になります。
    とても良い刺激を受けており、感謝しています。


    気づいた点、というか国語の誤りと思われるものを見つけましたので、御礼?としてご連絡させていただきます。
    わざわざ修正しなきゃいけないような間違いではありませんが・・・


    【タイトル】1日30分を続けなさい!
    (ご指摘部分)勉強の習慣づけをできるのです。
    (正しくは )勉強の習慣づけができるのです。

    【タイトル】勉強は「量より質」?
    (ご指摘部分)既存の知識の整理し
    (正しくは )既存の知識を整理し

    (ご指摘部分)既存の知識の組み合わせ
    (正しくは )既存の知識を組み合わせ

    (ご指摘部分)一部のの高額納税者
    (正しくは )一部の高額納税者

    【タイトル】人生を変える読書術
    (ご指摘部分)ここで読書終わらせても
    (正しくは )ここで読書を終わらせても

    (ご指摘部分)支持するため掲示されるため
    (正しくは )支持するために掲示されるため

    【タイトル】「機会」に「強み」を乗せるということ 〜中小企業のためのSWOT分析〜
    (ご指摘部分)何度もできる人ならともかく
    (正しくは )何でもできる人ならともかく


    今後も充実した記事を楽しみにしています。
    | ty | 2017/11/03 7:53 PM |
    コメントおよびご指摘ありがとうございます。早速、修正いたしました。

    ブログはじめたての頃の記事にまで目を通していただき誠に恐縮です。今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
    | 管理人 | 2017/11/07 3:14 PM |
    12時間で合格というブログタイトルだけ見てITストラテジストの難易度を誤解する人が出ますよ。貴方が本当に12時間で合格したのか知りませんけど、それは貴方が中小企業診断士の資格を持っているからであって、前提知識のない普通の人は何百時間も勉強が必要な試験ですよ。受験者を馬鹿にしたようなタイトルには本当に吐き気がします。貴方の記事が、ITストラテジストの資格価値を下げているとは思わないんですかね。
    | タイトル変えませんか | 2017/11/28 5:25 AM |
    不快感を与えたのであれば申し訳ございませんが、まず下記2点について教えていただけますでしょうか。

     ・誤解させることによる弊害
     ・何百時間勉強が必要な根拠


    で、最後のITストラテジストの資格価値うんぬんに関して回答いたします。

    そもそも私には勉強時間が少なくても合格できるから資格が簡単だという認識がありません。ですので、勉強時間が少ないことによって資格価値が下がるとは考えておりません。

    ITストラテジストというものは何百時間かけようが何千時間かけようが、合格率はある一定までしか伸びない試験だと思います。これは勉強時間が合格率に比例し、何千時間勉強すれば合格率がほぼ確実になるような試験より難しいと個人的には考えております。

    また、ITストラテジストをご存知の方であれば、その資格価値の高さは当然認識しているでしょうし、逆に知らなければわざわざ資格価値の高さを知ってもらう必要もないのではないでしょうか。

    なお、本ブログは資格試験の合格体験記につきましては同様の形式でタイトル付けしております。もしもタイトルを変更するのであれば、どのようなタイトルにすべきか、そのタイトルにすることによってどのようなメリットがあるのか、をお伝えいただければと存じます。
    | 管理人 | 2017/12/03 9:47 PM |
    お陰様で今年のITストラテジストに一発合格することが出来ました。受験を決意した時にこのブログを読んで、経験があれば短時間で合格できるかもしれないと思わせていただいたことが一発合格出来た一因です。ありがとうございました。自分の場合は8月から約2.5ヶ月でiTECの通信教育を利用したほぼ週末中心の学習でしたので、多めにみても100hくらいの学習期間でした。約30年前に第一種を取得して以来の受験のため、午前1からの学習でした。私の場合、午後1、午後2の学習に活かすため、高校の現代文や小論文の参考書や問題集に立ち返ったりもしていましたが。一発合格することが出来たのは、第一に午後1のクリアを最優先と考えたこと、第二に午後2はギリギリでも良いので体裁が整うような回答をするように心がけて取り組んだこと、の2点が大きかったように思います。午後2の添削では、1回目が47点、2回目が56点でB判定で、うまくすれば、合格ラインに乗るかもしれないレベルでしたので、想定通りに進められたと思っています。本試験では、午前1 92点、午前2 92点、午後1 72点、午後2 A判定という結果でした。私のコメントが管理人さんの記事に加えて、これからの受験者のみなさんのお役に立てれば幸いです。
    | デク | 2017/12/23 9:35 AM |
    合格体験記のご投稿有難うございます。

    高度試験論文区分を切り抜けるコツは、今回デクさんも実践されたようにITストラテジストに必要な前提知識である午前を合格ギリギリではなく、シッカリと理解すること。そして、午後1をほぼ確実に超えられるような国語力を鍛えることだと思います。国語力さえあれば、あとは実務経験、もしくは想像力で午後2はある程度の確率で突破できるのかなと。

    最後に、合格おめでとうございます!
    | 管理人 | 2017/12/23 10:18 AM |
    本文でお勧めしている事例攻略のセオリーですが、
    出版社倒産と著者もお亡くなりになられているので、
    平成26年度版で廃盤となっております。
    ですので、AMAZONにて中古を購入することを検討しております。

    古くてもメソッド自体の概要は変わっていないものなのでしょうか?

    新しくなるにつれて完成していったメソッドですと、
    何故か定価の何倍にもなっているので購入を躊躇ってしまうのですが…
    | KAZU | 2018/08/06 1:34 PM |
    事例攻略のセオリーはメソッド自体はほとんど変わっておらず、年度ごとに解く対象の事例が変わっているのみ、という認識で問題ありません。

    ITストラテジスト用に使うつもりであれば本書の解き方がわかっていれば十分です。しかし、中古品にプレミアがついてしまっているので、金銭に余裕がなければ国語力を鍛えるためのテキストで代用しても構わないと思いますよ。
    | 管理人 | 2018/08/06 1:59 PM |
    お返事ありがとうございます。
    購入して勉強します!
    | KAZU | 2018/08/07 7:06 PM |
    未経験からの効率の良い勉強法の話かと思って読み進めたら
    午前→あ、これ中小企業診断士でやった
    午後1→あ、これ中小企業企業診断士でやった

    この時点で意味ないなコレと思ってコメ欄来たら案の定叩かれてて…
    何故消さないのか不思議
    | 12時間 | 2018/09/10 10:44 AM |
    コメントありがとうございます。

    まず、ブログにはターゲット読者層というものがあります。当ブログの読者、特に本記事においては基礎知識、学力ともにかなり高い方々を想定しております。そもそもITストラテジスト試験のような難関試験に独学で挑まれる時点で相当試験慣れしているはずかと。実際に、他高度試験や中小企業診断士、国家公務員試験のような難関試験合格者の方々からはそれなりに合格報告をいただいております。

    そのような方々にとって午前問題のような暗記だけで受かる試験は容易かと思われます。また、午後気里茲Δ米媛鯲鰐簑蠅得意な方もいらっしゃいます。ゆえに、「実行」の段落では半分以上を午後兇寮睫世砲△討討ります通り、本記事は午後兇鮟電静に説明しております。
    | 管理人 | 2018/09/11 12:05 AM |
    質問させてください。
    事例攻略のセオリーを購入して勉強してみましたが、
    最近の中小企業診断士試験の傾向ですと、与件より類推問題が7割を占めているとのことですが、ST試験の午後兇任呂匹Δ覆鵑任靴腓Δ?
    | KAZU | 2018/09/11 3:35 PM |
    事例攻略のセオリーが役立つのは主に午後気任后8畍絖兇亡悗靴泙靴討蓮合格論文の書き方、事例集が役立つかと思います。

    とはいえ午後兇亡悗靴泙靴討睫簑衒犬鮹寧に読み込むことが大切です。特に問題文の最終段落には問われていることが明確に列挙されています。論文記述問題とはいえ基本は与件に忠実に。
    | 管理人 | 2018/09/11 5:24 PM |
    ご回答ありがとうございます。

    合格論文の書き方、事例集で勉強してみようと思います。
    | KAZU | 2018/09/11 11:22 PM |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/110
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      はじめまして (09/18)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      管理人 (09/18)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      はじめまして (09/18)
    • アロマテラピー検定1級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間〜
      管理人 (09/12)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      KAZU (09/11)
    • アロマテラピー検定1級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間〜
      017 (09/11)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      管理人 (09/11)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      KAZU (09/11)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      管理人 (09/11)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      12時間 (09/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE