資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 相手を説得する方法 | main | 速読の種類と習得術 >>
アロマテラピー検定1級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間〜
0
    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    今回受験した資格はアロマテラピー検定1級です。
    視覚系の色彩検定を取得していたので、今度は嗅覚系の資格も取ってやろう、というのが受験動機です。初めは実用的でない資格試験だと思っていましたが、学習するうちにその有用性に気がついてきて、だんだんと勉強が面白くなってきました。


    ■概要
    アロマテラピー検定とは、香りに関する資格試験です。ストレス社会といわれる現代で、心身ともにリラックスできるひとつの手段としてアロマテラピーを利用する人が増えているようです。ただし、興味を持ったからといって適当に好きな香りの精油を購入して利用するわけにもいきません。なぜならば、皮膚に強い刺激を与えるものや、光に当たると炎症を引き起こすような使用に注意が必要な精油もあるからです。正しい知識をもってアロマテラピーを楽しむための前提知識をつけるための試験です。

    なお、試験には1級と2級がありますが、いきなり1級を受験することも可能です。筆者は1級から受験をしました。
    公式ホームページでは級の違いを以下のように説明しています。


    1級は「アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識を問います」
    2級は「アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問います」

    http://www.aromakankyo.or.jp/licences/aroma/ より


    簡単にまとめると、2級は個人で楽しむため、1級は個人でなく周囲の人とともに楽しむため、という位置づけでしょう。


    ■試験結果
    短期間で合格することができました。得点に関しては、問題冊子の持ち帰り不可の試験のため、自己採点の結果を記載しています。

    ・期間:10日(勉強時間 15 時間)
    ・費用:13,716円(受験料6,480円、参考書代等7,236円)
    ・得点:58〜60問正解(60問中48問以上で合格)


    ■計画
    まずはインターネットで情報収集です。
    日本アロマ協会の公式ホームページを確認したところ、合格率はおよそ90%とのこと。この合格率であれば、2級から順番に受けるよりもいきなり1級から受けても大丈夫だと考えました。
    問題集はアロマテラピー資格試験研究所作成の「アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集 〜20日間完全マスター〜」に決めました。理由は3つで、1級だけでなく2級にも対応しているため基礎的な事柄から学べるだろうから、そして20日間でマスターという文句に惹かれたから、最後にテキストと問題集がセットで実際に問題を解きながら学べるため学習効率が良いと考えたから、です。

    実際に本を購入すると分かりますが、タイトルに書いてある通り20日でマスターできるのは基礎知識のみで精油プロフィールはその期間に含まれていません。しかし、本が指定する1日の学習量は非常に少ないため、1日で2日分進めることは容易であり、それを考えると精油プロフィールを含めて20日間でマスターできるというのはあながち間違いではないかもしれません。

    さらに、アロマテラピー検定では精油が配られて、その香りを嗅ぎ分ける「香りテスト」なるものが出題されます。インターネット情報では香りテストの対策をしなくても合格できるとの話がいくつもありましたが、折角アロマテラピーを学んでいるのに香りの嗅ぎ分け訓練をしないのはもったいないな、との考えから精油を購入することにしました。寝る前の息抜きとかにも丁度いいですし。試験後の感想ですが、やはり検定試験に合格するために「香りテスト」対策は必須ではない、と思いました。
    購入した精油は「生活の木」が取り扱っている「アロマテラピー入門セット アロマテラピー検定1級対応 Aセット」および「アロマテラピー入門セット アロマテラピー検定2級対応」です。1級のBセットは香りテストの対象外ですので試験に合格することを第一に考えるのであれば購入する必要はありませんが、折角学んだ精油の香りを実際に嗅いでみたい人は購入すると良いでしょう。
    これらの精油は特に計画を立てることなく、テレビを見ながらや寝る前の息抜きとして香りを嗅ぐようにしました。


    ■実行
    まずは問題集です。
    20日で終わると書いてありますが、そんなに焦ってやらなくても4日程度で終わらせることができました。一番大変だったところは、アロマテラピーの歴史の章です。流し読みだと中々覚えづらい。誰が何を書いてどんなことを実現したか、というところをシッカリと整理して覚える必要があります。とは言っても、出題される範囲はそこまで広くなく、歴史の章は自分なりにノートに書いてまとめたり、語呂合わせを作成したり、暗記カードを作ったりすれば結構簡単に対応できるかと思います。

    次に大変だったところはアロマテラピーのメカニズムです。具体的には、においが嗅覚器を通じて脳に伝わるところの仕組みです。
    筆者は生物学をほとんど勉強したことがなかったため、用語を聞いたことはあっても意味は全く分からない状態でした。例えば、視床や視床下部という用語はテレビなどで聞いたことはあっても、実際に人体のどこにその器官が存在して、どのような役割があるかは完全に知識ゼロでした。
    文字だけを見ていても中々整理ができなかったのですが、嗅覚器と脳のメカニズムに関しては図でイメージごと理解すると意外とすんなり吸収することができました。今回使った問題集には各器官のイメージ図が載っていますが、他の書籍にも当然載ってるかと思います。ですので、これまでこの分野を学習してこなかった方々には、イメージで理解することをお勧めします。

    一通り基礎知識を学んでから精油プロフィールの学習に進みました。
    確実に抑えなければならないのは、どの植物が何科で、どの部位から精油が抽出できるか、です。これも闇雲に覚えても効率はあまり良くありません。
    まず、何科の植物かを覚えるコツですが、はじめに1つしかないものを暗記していくと良いです。例えば、イランイランはバンレイシ科、ゼラニウムはフウロソウ科、のように。そして1つだけのものを覚えたら次はユーカリやティートリーだけのフトモモ科、といったように少ないものから順番に覚えていくと整理しやすいと思います。
    そして一番厄介なのはシソ科。この科に属する植物は一番多いからです。シソ科に関しては、覚える必要はなく、シソ科以外の科をすべて覚えておいて、それ以外をシソ科と答えるのが試験攻略の上では得策です。

    抽出部位も同様です。ただし、科名の時とは異なり、花から抽出される精油と葉から抽出される精油の両方が多いため、試験に受かるだけなら、花および葉から抽出される精油以外を完璧に覚えておいて、覚えているもの以外が出たら雰囲気で答えるのもありだと思います。ここを落としたとしても合否には然程響かないでしょう。

    あとは各精油の特徴と注意事項ですが、特に大変なのは注意事項です。注意事項には、香りが強いとか光毒性とか皮膚刺激とかあるのですが、皮膚刺激のある精油は多く、覚えるのが非常に大変です。注意事項についても香りが強いものと光毒性のものをシッカリと覚えておき、皮膚刺激のものに関しては雰囲気で答えると良いでしょう。

    最後に香りテストです。香りテストは1級ですら2問しか出題されないような低い出題率です。
    香りテストで出題される精油は2級で10種類、1級で17種類です。ですが、グレープフルーツやレモン、ペパーミントなどは嗅ぎ分ける訓練をしなくても解けるでしょう。しかも実際にこれらが本試験で出題されることも多々あります。つまり、全く対策をしなくても得点することができることもあるのです。
    という感じで、ここを学習しても合否にはあまり響かないので、特に意識しながら学習することはなく、寝る前や息抜きに順番に嗅いでいき、好きな香りがあったら覚えていく、というようにしました。


    ■本試験
    まず受験の際の注意事項は、精油の持ち込み及び強い香りのする化粧品などの使用は厳禁です。その理由は、香りテストがあるためでしょう。

    本試験会場はTKP市ヶ谷カンファレンスセンター。以前に中小企業診断士試験で訪れたことがある場所です。
    試験会場の入口に着くと、他の試験ではあり得ないほどの数の女性が列をなして並んでいました。公式発表によると約9割が女性の受験生だということですが、実際にはそれ以上に多いような錯覚を受けました。
    エレベータに乗って5回に上がって部屋に入ってみると、やはり女性だらけ。しかし、入口ほど女性率は高くなく、ちらほら男性受験者も見られました。

    席を確認した後にお手洗いを済ませようと、その階のトイレを探したところ女性トイレだけでなく男性トイレにも女性の列が。なんと全7フロアのうち1、4、7階以外は男女用トイレともに一時的に女性用にしているようでした。圧倒的に女性受験生が多いため、トイレの混雑を避けるための対処だと思われます。これには感服し、他の試験も見習うべきだと思いました。IT系の試験やコンサル系の試験は9割以上が男性なので、男トイレに長蛇の列ができるのでいつも不満に思います。

    席について少し待っていると試験の説明がはじまりました。試験問題冊子の持ちかえりができないと聞いたときは、また自己採点ができない試験か、とも思いながら待っていると香りテストの説明がはじまりました。

    香りテストの詳細ですが、知識試験とは別に時間を取るようです。1級の場合は試験時間が70分ですが、そのうち初めの10分間が香りテストになります。

    問題冊子と解答用紙が配られると、氏名や受験番号を記入することになります。
    試験時間が開始すると先ずは精油ビン2つがパッキングされて配布されます。ビンにはそれぞれ,鉢△離薀戰襪貼られています。そして全員に精油が配られた後で、問題集の香りテストのページを開くように説明されました。それ以降のページは知識問題になるため、開かないように注意を促されます。

    試験開始の合図に合わせて精油,里佞燭魍けて直接匂いを嗅ぎました。スッキリした清涼感のある匂いでしたので即座に選択肢の中からそれっぽいユーカリを選択、すぐに△飽椶襪蛤E戮魯潺鵐箸里茲Δ聞瓩蠅したのでペパーミントを選択しました。
    1分以内に終わったので、暇つぶしにユーカリとミントの香りを楽しんでいると、試験終了の合図。精油をパッキングに入れて机に置くよう指示された後で回収されました。

    回収が終わると改めて試験開始の合図。今度は知識問題です。問題を順番に解いていくと、一瞬で答えが分かるものばかり。驚いたのは「次のうち『運動』によってもたらされる効果として適切ではないものはどれか?」という問の選択肢に「内臓脂肪の燃焼に効果がない」というようなものがあったことです。こんなのは勉強しなくても一般常識レベルで解ける問題ですよね…… そういう問題がいくつかあった後で精油プロフィールの問題が出てきました。恒例の植物の科名を答えさせる問題や抽出部位を答えさせる問題にはじまり、次に精油の特徴問題が続きます。突っ込んだ内容はほとんどなく、テキストから外れたような奇問はありませんでした。
    最後の方には法律や環境問題などの問題がありましたが、ここも一般常識レベルで解ける問題だらけでした。

    全60問解き終わった時点で試験時間は5分しか経過していませんでした。1問目に戻って再度問題冊子で選んだ解答を確認しながらマークシートに転記。間違えないように注意しながら全てマークが終わった時点で時計を確認すると試験開始から15分が経過していました。
    試験時間は60分ですので45分が余りました。何回か見直しましたが特に間違っているところもありませんでした。途中退室ができないので非常に暇。仕方がないので机に突っ伏して寝ましたが、目が覚めて時計をみるとまだ時間が30分残っていました。
    何もせずにボーっとしているとやっと試験終了。解答用紙と問題冊子が回収されると、下の階から順次退出するようお願いをされ、試験終了後10分程度経ってからやっと試験会場をあとにすることができました。


    ■総評
    アロマテラピー検定試験は、非常に合格率が高い試験です。とはいえ無勉強で受かる試験でもありませんので対策が必要です。テキストは2冊以上買う必要は一切なく1冊を徹底して覚えれば十分受かるでしょう。

    また、アロマテラピーの資格を取得するメリットですが、現職でアロマを用いたリラクゼーションやマッサージを行っている方々は当然ながら、デオドラント(体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりすること)や虫除け、化粧品などを使う方にもおすすめです。男性でも体臭が気になっている方はいらっしゃるでしょうし、虫刺されが嫌いな人は虫除けスプレーを自作することができます。市販のものだとどうしても添加物などが気になってしまい、使用するのをためらってしまいますが、自作であれば天然の精油と精製水、無水エタノールなどで簡単に、しかも安く大量に作成することができるようになります。

    現在ではそのイメージから圧倒的に女性に支持されているアロマ資格ですが、今後は男性でもどんどん取得していってもらいたいと思います。アロマ男子というのも増えてきているようです。


    ◎アロマテラピー検定最短合格のためのアプリ

    アロマテラピー検定に効率よく合格するためのアプリを作成しました。基礎知識問題と精油プロフィール問題に分けています。解説を丁寧に書きましたので、これひとつで合格できるようにしました。
    以下のリンクからGoogle Play Storeにアクセスできます。

    最短合格!アロマテラピー検定1級 Lite

    最短合格!アロマテラピー検定2級 Lite


     




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/115
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << January 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (12/15)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      なべ (12/15)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      管理人 (12/14)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      名無し (12/13)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      管理人 (12/13)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      名無し (12/13)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      管理人 (12/13)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      名無し (12/13)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      名無し (12/13)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      HAMI (12/12)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE