資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 中小企業診断士第2次試験 独学合格 〜口述試験〜 | main | 甲種防火管理者・防災管理者 修了証取得 >>
秘書技能検定試験2級 独学1発合格 〜勉強時間: 14時間〜
0

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    JUGEMテーマ:就職活動

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

    ■はじめに
    今回受験したのは秘書検定2級です。なお、本記事に掲載している勉強時間は社会人経験のない学生を対象にしているため、社会人であれば14時間未満での合格も可能です。

     

    この資格を受験することで、社会人としての最低限のマナーが学べるため就職活動前の学生が取得するには非常に良い資格です。会社の面接官が重視しているポイントとしてコミュニケーション能力、協調性に匹敵してビジネスマナーが挙げられます。統計資料によってはビジネスマナーが面接で重視するポイントに書かれていないこともあります。その理由は、ビジネスマナーはある意味基礎の基礎なので持ってて当たり前という前提があるからです。本資格勉強を通じて、このビジネスマナーを学ぶことができます。

     

    あとですねぇ…… 秘書になりたい人には絶対に取得してもらいたいと思います。別にこの資格を持ってるから秘書になれるとは限りません。多少有利には働くかもしれませんけどね。それよりも、この資格から秘書に求められる資質と役割を知ることができます。それを事前に知ることで、自分が本当になりたいのは秘書なのかどうかという判断ができるようになります。
    ちなみに筆者は秘書検定学習後、絶対に秘書にはならないことを誓いました(笑)。

     


    ■概要
    秘書検定は「人柄」について学ぶためには非常に良い試験であり、公式に「人材育成を目指している」旨が発表されています。
    受験者数はなんと年間15万人! 基本情報技術者試験が年間10万人なので、その1.5倍もの受験者のいるマンモス資格です。宅地建物取引士の20万人と比べても引けをとりません。秘書検定は、年間3回も試験が実施されるため受験しやすいのも特長です。

    秘書検定は1級、準1級、2級、3級の4段階のレベル設定となっており、準1級以上は面接試験を受けなければなりません。準1級以下にはマークシート問題が存在しますが、1級はすべて記述です。
    本検定では理論と実技の2分野について、以下の5領域に渡って出題されます。「一般知識」「マナー・接遇」「技能」の3領域については、知識問題が出題されることが多いです。

     1.必要とされる資質
     2.職務知識
     3.一般知識
     4.マナー・接遇
     5.技能

     

    なお、本記事は資格ジャパンさんの「秘書検定の資格まとめ」にて紹介いただきました。資格の概要や他の方々の勉強法なども多数掲載されておりますので、是非ご参考ください。

     


    ■試験結果
    ・期間:18日(勉強時間 14 時間)
    ・費用:6,500円(受験料3,800円、参考書代等2,700円)
    ・得点:理論80%  実技90%(理論と実技ともに60%以上で合格)

     

    結構シッカリと勉強したら圧倒的な点数で合格できましたね。確かに社会人経験のある人であれば過去問数年分を自分で解いただけで合格できると思います。

     


    ■計画
    まずインターネットでの情報収集です。
    調べてみて分かったことは、どうやら社会人経験のある人であれば過去問題集を1冊終わらせれば大丈夫とのこと。なぜならば、普段の業務で行なっていることをそのまま答えれば、あとは出題形式だけ理解しておけば合格できるとか。まぁ確かにその通りかもしれませんが、それでは役立つ合格体験記になりませんので、テキストも購入することにしました。


    使用した参考書類は早稲田教育出版のもの。理由は、単純に合格実績が多かったからです。ただし欠点は、表紙がダサい! こういう、如何にも試験です!! みたいな本はあまり好きではないのですが、まぁそんなところで好き嫌いを言っていても仕方がないので。

    過去問題集には過去6回分が掲載されています。後ろの方に、要点整理という項目があるのですが読まなくても大丈夫。というか読むと眠くなってくるので読んじゃダメですね。

     

    テキストは集中講義とクイックマスターの2種類がありました。最短合格を目指すのであればクイックマスターにしましょう。秘書について知見を深めたい場合や、過去問を解いて全然分からなかった場合に集中講義を選ぶと良いと思います。なお、筆者は集中講義を選びました。将来的にアプリ問題集を作る予定なので、シッカリとした知識をつけたかったからです。

    あと、「一般知識」「マナー・接遇」「技能」の3領域については知識問題が出題されるため勉強の比重を高めます。際どい設問が多い秘書検定においては知っていれば解ける問題は得点源になりますので。

     

    具体的な学習計画は以下の通りです。勉強は1日1時間だけとし、土日は休みました。効率重視のため、過去問題集→テキスト、の順番です。

     

     ◎秘書検定2級の学習計画
    ・1日目〜3日目
    「秘書検定2級 実問題集」の1周目 ※1日2年分ずつ

    ・4日目〜5日目
    「秘書検定2級 実問題集」の2周目 ※1日3年分ずつ

    ・6日目〜7日目
    休息

    ・8日目
    「秘書検定2級 実問題集」の3周目 ※1日6年分

    ・9日目〜11日目
    「秘書検定2級 集中講義」の1周目

    【9日目】
    ・必要とされる資質
    ・職務知識

    【10日目】
    ・一般知識
    ・マナー・接遇

    【11日目】
    ・技能

    ・12日目〜13日目
    「秘書検定2級 集中講義」の2周目

    【12日目】
    ・必要とされる資質
    ・職務知識
    ・一般知識

    【13日目】
    ・マナー・接遇
    ・技能

    ・14日目〜15日目
    休息

    ・16日目
    「秘書検定2級 集中講義」の3周目

    ・17日目
    「秘書検定2級 集中講義」の模擬試験

    ・18日目
    「秘書検定2級 実問題集」の総復習
    「秘書検定2級 集中講義」の総復習

     


    ■実行
    まずは実問題集から。
    問題を読んですぐに解答解説を読む作業です。1つの問題が分からないからといって時間をかけて考える必要はありません。分からなかったらすぐに解説を読んで出題傾向と解答パターンを学んでいきます。特に記述式問題は考え過ぎないこと。分からないものはいくら考えても分かりません。
    たんたんとこなして、1年分は約30分で終えることができたので2年分を1時間で終了。過去問2年分やった感想としては、確かに社会人経験があれば無勉強でも受かりそうな試験かなと。

     

    土日を挟んで実問題集を3周終える頃には、確証はないけれど何となく解答にたどりつけるようになっていました。厄介だったのは時候の挨拶。「〇〇の候」って問題でした。新緑が5月で、余寒が2月で…… みたいな。「覚えられるかー!」って感じで取りあえずサラッと頭の中に入れて流し読み。こういう暗記問題は試験直前に一気に頭に入れれば良いので、この段階では無理に覚えようとはしませんでした。

     

    次にテキストに入るのですが、こんな分厚いテキストを順番に読んでいく必要はありません。
    まず各セクションごとの後ろの「SELF STUDY」というところに進んで問題を解いていきます。解説を読んで納得すれば次のセクションに進み、少しでも引っかかるところがあれば前のページに戻って、そこで初めて解説部分を読みます。普通にやったら何日もかかる集中講義テキストですが、こうやって自分の分からないところのみ絞って本文を読むことで効率よく学習を進めることができます
    なお、クイックマスターを選択した方であれば論点が集約されているため集中講義ほど端折る必要はありません。初めから読んでも大して時間はかからないかと思いますが、初めに問題を解くことで合格までの勉強時間をさらに少なくすることができます。

     

    テキストの3周目を終えた時点で試験まで残り2日。集中講義の一番最後についている模擬試験2回分を解きます。この段階では、すでにかなりの量の問題を解いてきているため、同じような問題に出くわすことも多くなります。

     

    テスト前日は実問題集とテキストの総復習です。はじめから全ての問題を解いていくのですが、この時点で間違った問題やテキストの中で自信のない箇所にどんどん付箋を貼っていきます。付箋を持っていない方は鉛筆でチェックマークをつけても構いません。後で見返した際に、分からなかった問題を見つけられるようにしてください。

    そしてテスト当日に付箋がついた問題のみ解いていき、正解したら付箋を外します。全部付箋が外れたら終了です。

     

    ■本試験
    試験日には持ち物に注意が必要です。なんとこの試験、試験日当日に受験票の他、身分証明書が必要なんです! 試験前日に健康保険証も住基台帳カードもなぜか見つからなかったのでパスポートを持っていきました。たぶん身分証明書にパスポート持ち込むなんてマイノリティなんだろうなぁ……

     

    秘書検定2級は午後開始です。試験会場は渋谷の東京経済大学。素晴らしい立地ですねぇ。
    遅刻を避けるために1時間くらい前に試験会場に到着するようにしました。着いてみると試験会場はまだ空いておらず、一階の交流コーナーみたいなところに受験生が何人かいました。うーん、予想はしていたけど女性が多いなぁ。

    会場が空くまで時間が少しあったのですが、ここ受験部屋に行ってもいいとのお達しが。おそらく1階に受験生が入りきらなくなったので、融通を利かしてくれたんでしょうね。しかも、本来この試験は入口で受付をするという何とも奇妙な制度をとっているのですが、それも今回は試験時間中に本人確認と同時に行うとのこと。確かにあの状況でひとりひとり受付していたら行列ができて効率悪そうですもんね。優秀な試験会場です!

     

    筆者の部屋は2階だったのですが、まだまだ受験生はほとんど来ていない状態。特に勉強することもなかったので、ぼーっとしていると右に女性、後ろに女性、左に女性、そして最後に前にも女性。受験生女性ばっかりじゃね?? おそらく9割は女性だったと思います。試験会場に来るまではアロマテラピー検定よりは女性率低いと思っていましたが、大して変わらんやんね。

     

    試験時間前に試験官が「お手洗いは混みますので早めに行ってくださいねー」とのこと。その声につられてトイレに行ってみたら誰もいない。帰ってくる途中やたらと行列ができてるので見てみたら女子トイレに並ぶ行列。そういえばアロマ検定の時は、奇数だか偶数の階を男女ともに女性用にしていましたが、この会場はしていなかったみたいですね。先ほど優秀と言いましたが、やっぱり前言撤回!

     

    席で待ってると、身分証明書を受験票と並べておくように言われたのでパスポートを取り出し。周りを見てみると運転免許証やら学生証やら健康保険証やら…… やっぱりパスポートなんて他には誰も持ってきていませんでした。そして再度、受付は試験中に行なうとの注意事項の後で試験問題が配布されました。見てみると表紙の右下に「ページ」と書かれた三角形の枠線が。どうやら試験時間前に乱丁を確認するためのスペースらしい。この発想は凄い。試験時間中にページ数を確認しろとかいう試験は是非とも見習うべきですね。

     

    試験が開始してしばらくすると途中で試験官が横に立ち止まって何やら調べもの。しばらくすると「パスポートの中身を拝見させていただいてよろしいでしょうか?」とのこと。あー、調べものしてたのはパスポートが身分証明書として適切かどうかと、確認内容だったんだな、と納得。

     

    さて、設問は1問目から順番に解いていきました。この試験は不適当なものを選ばせる問題が多いのですが、こういう場合の解き方のコツはいきなり正解を選ばないことです。消去法で消していって、最後に残ったものを選ぶという方法が有効です。あとは、適当なものを選ぶのか、不適当なものを選ぶのか、をシッカリと意識することです。この試験は非常に親切で、設問文に不適当の部分には下線、適当の部分は太字で印字されています。

     

    まずは問題用紙に答えを書いていき、最後に一気に解答用紙に転記するとマークミスが少なくなります。全部解答し終わって時計を見ると20分しか経ってなかった…… 試験開始70分後から退室できる試験なので非常に暇でした。結構、周りの皆さんもお暇だったようで、退室可能時間になるとかなりの人が答案を提出して途中退室していました。

     

    試験後の感想としては、できたようなできなかったような。実技はともかく理論の問題数は15問と少なかったので60%以上取れているかどうかは分かりませんでした。後日、解答が発表されてみると理論が80%、実技が90%。杞憂でした。

    そういえば受験者にはオシャレな人が多かったなぁ。

     


    ■総評
    秘書検定は秘書になろうとしている人だけが対象ではありません。ビジネスマナー全般について学べる試験です。もちろん学生にとっては新卒就活で有利な資格となり得ますし、社会人経験のある人にとっても学べることや気がつかされることが多いと思います。
    受験費用が比較的安い試験ですので、時間があるときにでも受けてみてはいかがでしょうか。

     





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/123
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      管理人 (04/25)
    • 応用情報技術者試験(AP) 独学1発合格 〜勉強時間: 50時間〜
      マツ (04/22)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (03/05)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      太郎 (03/05)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (01/25)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      タカ (01/25)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      管理人 (12/23)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      デク (12/23)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      管理人 (12/03)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      管理人 (12/03)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE