資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< エンジニアリングマイスター 独学1発合格 〜勉強時間:30時間〜 | main | 独学で意識すべき5つのこと >>
LPIC LEVEL3 300試験 独学1発合格 〜勉強時間: 13時間〜
0

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

     

    ■はじめに
    LPIC Level3試験の中の300試験に合格しました。これで正式にLPICレベル3を名乗れることになります。
    受験動機は更新月が迫っていたため。LPIC Level2試験に合格したのは5年前の8月でしたので急いで受験しました。PeasonのIDとかパスワードとか忘れてて再発行したりと受験予約するまでが結構大変でした(笑)

     


    ■概要
    LPICとは、特定非営利活動法人LPIがLinux技術者のスキルを評価するために実施している認定試験です。"IT資格といえば Linux技術者認定試験Linux/LPIC"と、公式でもうたっており、IT業界では非常に高く評価される資格試験です。過去にはアイティメディア@IT自分戦略研究所が調査結果では「最もキャリアアップにつながった資格」「最も実務で生かせた資格」「取得したい資格」で三冠に輝きました(ソース: http://www.lpi.or.jp/top1/
    私自身新卒でいきなりこの資格を取得して非常に良かったと思います。研修を一切せずにいきなりサーバ構築を任されたのは、おそらくこの資格で前提知識をつけていたからだと思います。

     

    Linuxとは一般の方には聞きなれないかもしれませんが、Windows、MacのようなOSの1つです。WindowsやMacと大きな違いはマウスを使って画面を操作するのではなく、すべてキーボードでコマンドを叩いて操作するCUIがメインなことでしょうか。あとは、基本的に無料なので費用が抑えられます。Linuxもっとも、この記事を読んでいるような方はLinuxについて理解があるでしょうから詳細な説明は必要ないかもしれませんね。

     

    LPIC Level3には、300試験、303試験、304試験と3種類試験があります。どれかひとつにでも合格すればLPICレベル3を名乗れます。今回受験した300試験はLDAPとSambaの概要が問われるもので、広く浅くといった問われ方をします。実は、この300試験はレベル3の中でも難しいと言われているようですが、後述するPing-tが300試験にしか対応していないので受験しました。そこまでPing-tを信頼しています(笑)

     


    ■試験結果
    ・期間:18日(勉強時間 13 時間)
    ・費用:37,260円(受験料30,000円、参考書代等7,260円)
    ・得点:700点(800点満点中500点以上で合格)

     

    受験料の定価は32,400円なのですがping-tで購入したバウチャーを使いました。期間限定、数量限定で発売されているもののようですので、受験時期によっては販売していませんのでご注意を。……それにしても受験料高い。オラクルに比べればマシだけど。

     


    ■計画
    レベル2までストレート合格していたので今回も前回までと同様の方法で挑むことにしました。LPIC Level1LPIC Level2の記事はハイパーリンク先をご参照ください。昔書いた記事を見てみましたが簡潔に書き過ぎてて参考になるかどうか心配ですが(笑)


    300試験に合格された方々が次々に口にされるのがレベル2の方が難しかった、という言葉。実際その通りだと思いますので、レベル2まで合格された方は自信をもって受験してください。しかし、受験料が30,000円と半端ないので不合格になったときが非常に痛い。ギリギリ合格をモットーとしていますが、今回に限ってはかなり余裕をもって合格するようにしました。あと、レベル2に合格してからすぐに300試験を受験すると受かりやすいようです。というのも、LDAPとか一部出題範囲がかぶっているので。

     

    学習計画はPing-tをすべて金にして、その後コマ問をやりながらあずき本で理解を深める、という方法をとりました。コマ問は最短合格には必要ないと思いますが、先ほど申し上げた通り今回は受験料が高いので絶対に不合格は避けねばなりませんゆえ。
    Ping-tとは、E-ラーニングのサイトです。月額支払えば期間内は何度でも使用可能。そして1ヵ月から36ヵ月契約までできるのですが、期間が長くなればなるほど割安になる。今回はLPIC 300試験のみ合格するつもりなので1ヵ月契約にしました。これによって1ヵ月で合格しなければならないのでモチベーションの維持にもつながります。

    今回も電車やバスの移動時間だけで合格します…… といいたいですがコマ問がだけは机に座ってPCにて。

     


    ■実行
    まずはPing-tから。乗り換え時間の短い電車の中では10問もしくは20問ずつ解いて、長い場合は50問ずつ解いていきます。はじめは全然分からないので問題文を読んですぐに解答、解説を読む作業。何回もやって同じ問題や類題が出たときにやっと正解できるといった感じで少しずつ前に前に進んでいきます。


    All銀になるまで5時間。そこから2時間ですべて金に変わります。金になる直前に不安な問題にはチェックをつけておきましたが、結局復習しませんでした。ここまで合計7時間。全部金になった後はコマ問をやりながらあずき本を片手に理解を深めます。

     

    コマ問はスマホではやりにくいのでパソコンを使います。全問題をいきなり解くのではなく、まずはセクションごとに解答。コマ問は解答に時間がかかる上に、全部解き切らないと見直しができないので初めはセクションごとにするのが良いでしょう。コマンドが曖昧に覚えていたことに気がつかされながらも間違えた問題をすべてやり直して、セクションごとにパーフェクトをとります。いきなりすべてのセクションを終えるのではなく、半分の4セクションを終えたら4セクションを全部選択して一気に復習。後半の残り4セクションも同様にまずは1セクションずつ終わらせて、その後まとめて4セクション復習。試験直前日に再度4セクションごとに区切って総復習します。これを全て終わらせるのに4時間くらいかかりました。

     

    コマ問をやりながらあずき本を読み進めます。電車の時間をあずき本、机に座ってコマ問という感じです。あずき本は斜め読みで良いでしょう。Ping-tでは分かりづらかったところも図を使って丁寧に説明してくれてるので理解が深まりました。個人的にはあずき本の問題は解く必要がないと思います。あずき本で大事なのは問題以外の部分。説明文を読んで分からないところはシッカリと理解しておきましょう。本番試験では、Ping-tと同様のことを問われていても表現を変えて出題されることもあるので確実に理解しておくことが大切です。あずき本に使った時間は2時間程です。

     

    試験日にはPing-tの模擬試験を実施します。何回やっても95%以上は取れるようになっていたので自信をもって試験に挑みました。

    ■本試験
    試験会場は秋葉原。場所が駅から離れていたので、15分前に到着しておくようにと案内には書かれていたのですが10分前位の到着になってしまいました。

     

    エレベータを使って3階に上がると右側がすぐに会場入口。まず誓約書にサインをし、現在の時刻を記入します。認定団体って欄があったのでLPIと記入します。その後で本人確認書類を提示。今回は念のために複数持って行ったのですが、住基台帳カードと図書カード(自筆あり)の2種類で大丈夫でした。本人確認書類は2種類必要なので注意が必要ですね。住基台帳カード以外をすべてロッカーにしまうように指示されます。

     

    そして写真撮影をしてからメモ用のボードとペン、ベル、そして住基台帳カードをもって試験会場へ。席に着くと自分の名前と受験科目が書かれているので間違いがないことを確認して試験開始!

     

    出題数は60問で、そのうち約半分が1つのみ答えを選択する問題(以下、一答問題と呼ぶ)、残りの半分ずつが複数の答えを選ぶ問題(以下、多答問題と呼ぶ)とキーボードで打ち込む記述問題でした。よくネットでは「ほとんどが多答と記述問題だった!」という書き込みを見かけますが、これらの問題は解答時間を要するのでそう感じるのだと思われます。実際に数えたら半分以上は一答問題でした。

     

    自信のある問題は即答し、不安な問題だけをあとで確認できるようにマークしておきます。時折、日本語がおかしな問題が出題されますが、その際には英語にすることをお勧めします。この試験は問題ごとに日本語と英語を選ぶことができるので。

     

    試験時間は90分なのですが、基本的に暗記問題なので20分ほどで解き終えます。時間が大分余ったので再度すべての問題を見直して、マークミスがないことを確認。さらに時間が余ったので一答、多答、記述問題を数えてました(これが先ほど説明した半分以上が一答問題の根拠)。全60問中50問は自信があったので安心して試験終了ボタンを押すことができました。

     

    合格おめでとうございます。の文字とともに700点という点数が表示。本来であれば取り過ぎな気もしますが、受験料考えると落とせないからねー。席を立とうとしたらアンケートがはじまったので回答。試験退出してスコアシートを受け取って、その時間を記入させられます。これで無事LPICレベル3に認定されたわけだ。

     

    帰りにエレベータを使おうとしたら「お帰りは階段で」との注意書き。エコに協力しました。

     


    ■総評
    無事一発合格できましたが結構疲れました。というのも、暗記はツラい…… 次にこの試験を受けるのは5年後の更新タイミングだと思います。せっかくだし近々LDAPとSambaのサーバ構築でもしてみようかな。

     





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/126
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      素晴らしい (11/02)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      資格キラー (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      通りすがり (10/25)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      資格キラー (10/15)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      ケンサン (10/15)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      はじめまして (09/18)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      管理人 (09/18)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      はじめまして (09/18)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE