資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< LPIC LEVEL3 300試験 独学1発合格 〜勉強時間: 13時間〜 | main | eco検定(環境社会検定試験) 独学1発合格 〜勉強時間: 15時間〜 >>
独学で意識すべき5つのこと
0

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    JUGEMテーマ:参考書

    JUGEMテーマ:教育

     

     

    「資格勉強のために必要以上にお金をかけたくない」という理由で独学をはじめる人は少なくないと思います。実際に、独学は金銭的なコスト面で有利というだけではなく、試験に比較的短期間で合格をするのに適しています。しかし、独学で受験しようとしたはいいけれど、中々最後までやり切れる人が少ないのも事実。そこで独学で何十個も資格を取得している私が、独学において意識すべきことの中でも特に重要だと思われることを5つに絞って紹介いたします!

     


    ■1つの分野を完璧にしてから先に進む必要はない


     予備校や塾、資格学校の授業などでは1つの分野を終わってからその分野に関する確認テストを行い、ある程度ひとつひとつの分野を完璧にしてから先に進みます。このような進め方を予備校等がする理由のひとつには、合格までに必要以上の勉強時間をさせてでも合格者数を増やしたいということがあげられます。


     試験の合格最低点が60点とした場合に、予備校等は可能な限り生徒に高得点を取らせようとします。合格最低点ギリギリではなく余裕をもたせて合格できるよう指導をした方が合格者数が増えて合格実績が増えるし、何より生徒自身もお金を支払って予備校等に通っている以上は高い確率で合格をしたいと考えるため理にかなっているのでしょう。

     

     そのため予備校等は、一つの分野を完璧にさせるために、時間の許す限り定期的に試験や補習をおこなって何回も何回も同じところを復習させます。さらには合格が確実視されるような生徒に対しては、過去数年、あるいは何十年に渡って1度や2度しか出題されなかったような問題についても演習させることがあります。

     

     確かに試験に合格するためには合格ラインに余裕をもった方が良いでしょう。もちろん独学でこの方法をとっても構いません。が、折角独学という選択肢を選んだ以上は独学によるメリットを十分に享受するのが賢い選択でしょう。独学の目標としては試験合格ラインギリギリを目指す意識で勉強することをおススメします。私はいつも合格ラインギリギリを攻めており、合格する確率が60%あれば十分だと考えております。そのメリットを生かす方法が「超速繰返し学習法」です。

     

     この学習法は、試験の全範囲を何回も何回も繰り返して全範囲を平均的に底上げすることを目的とします。分からない問題はすぐに解答を読み、理解したらどんどん先に読み進めるというもの。1つの分野が終わった時点で復習する必要はありません。取りあえず問題集1冊をすべて終わらせて、最後まで終えたら再び最初に戻って、何回も何回も繰り返し解き続けます。初めの1周目や2周目は時間がかかるかもしれませんが、繰り返しているうちに問題集1周をこなすスピードが上がっていきます。これによって特定の分野だけ偏って学習するということはなくなり、複数の分野に渡って平均的に得点することで合格最低ラインギリギリを目指すことが可能になります。

     

     独学の場合はこのように全範囲を少しずつ底上げして、記憶から消えないうちに再び同じ範囲を繰り返すことで記憶定着をはかる方法を採用できることが予備校等とは違う点でしょう。

     


    ■分からないところは飛ばす


     分からない問題に直面した時に、独学では説明してくれる人がいないため、自力で何とかしなければなりません。手持ちの参考書を開いたり、インターネットで調べたりしても中々理解できないことも少なくありません。その場合には潔く諦めて問題を飛ばしてしまいましょう。

     

     では、なぜ読んでも分からないところが存在するのか? それは。試験の対策書を作成している人のほぼすべてがその試験の合格者であり、書籍を執筆するにあたって試験に必要な前提知識を備えているからです。彼ら・彼女らは、テキストの後半に出てくる考え方を知らず知らずのうちに前半で使ったりしていることがあります。時には試験独特の考え方があったりもするため、その思考ができない受験生にとっては大きなハードルとなり得ます。ゆえに、初学者がいきなり解説を読んでも理解できないことがあるのは当然であり、ここら辺が独学の難しさともいえます。

     

     予備校等では分からなければ先生に質問すると丁寧に、問題を解くのに必要な前提知識を教えてくれたりもしますが、独学ではそうはいきません。分からないと割り切って先に進むという今まで義務教育等で学んできた過程で経験しなかった決断をする必要があるのが独学が難しいといわれる要因のひとつだと思います。

     


    ■多くのテキスト・問題集に手を広げ過ぎない


     予備校等であれば先生が合格に必要な知識を網羅した独自のテキストや問題集を用意してくれます。合格実績があるところであれば、そのテキストだけ勉強すれば十分であるという裏付けにもなるでしょう。しかし、独学となると自分で市販の書籍から使用するものを選ばなければなりません。そうすると、自分で選んだものが合格するための必要十分なテキスト・問題集であるかどうかが不安になることがあります。過去問を解いたときに、自分の選んだ書籍に記載のない初めてみる問題が多かったりすると不安に感じてしまうことも多々あるでしょう。

     

     そこで、独学においては使用するテキストを必要と感じた都度購入するのではなく、初めに全て決定してしまう必要があります。まずはインターネット等で合格体験記などを読んで綿密な事前調査の上で合格までに必要な書籍をシッカリと見極めるべきです。自分が選び、信じた書籍を完璧に理解することが先決であり、不安になって下手に他の書籍に手を出してしまうと、どれも中途半端になってしまう、いわゆる消化不良を起こしてしまいます。手持ちの書籍をすべて終えて、そこで初めて他の書籍の購入を考えてください。

     

     そのために必要なのが事前計画。使用する参考書・問題集を決めることの他にも、可能であればスケジュール表まで作るのが理想です。他のテキストに浮気せずに自分の信じたテキストをとことんやり切ることが非常に重要です。

     


    ■「忙しい」を言い訳にしない


     仕事で毎日の帰りが遅くなるとついつい口にしてしまう「忙しい」。しかし、忙しい中でも何とか時間を作って合格している人が多いのも事実。予備校等に通ってる人であれば授業料を支払ってしまっているので、忙しい合間をぬってでも既に支払った対価を無駄にしないためにも勉強を続けることができますが、独学だといつやめても大した不利益はないという完全自己責任の状況です。独学で受験を諦める原因の99%は諦めたいという意思に負けてしまうからです。しかし、それを認めたくないという心理が働き、自分の外、すなわち忙しいという外部環境に原因があると思い込むことで自分を納得させようとしてしまいます。これが独学が続かないメカニズムのひとつ。
     
     お金と違って時間だけは全員に平等に与えられるものです。また、時間は待っていれば増えるものではなく自分自分で作るものです。もし時間がない状態にあったとしたら、それは自分の時間の使い方が上手ではないか、もしくは自分でそういう状況を作り出していることに他なりません。


     忙しいと口に出しそうになったら「時間がない」ではなく「時間を作る」というように思考を転換し、自分より忙しくても受かっている人もいるのだと考えましょう。

     


    ■適度な遊びを取り入れる


     勉強習慣がついてくると今度は休みの取り方に目を向けると良いでしょう。1日20時間くらい勉強してしまう人もいると思いますが、それでは体がまいってしまい勉強が続かない恐れが高く、また人間は寝てる間に記憶の整理を行うという研究結果もあるようなので休みを入れることは非常に重要です。

     

     休みをいれずに学習をしてしまった結果、段々と集中力がきれてきてダラダラ読み進めてしまったという経験はないでしょうか? この状態の学習効率は非常に悪く、限りある時間の浪費の他何ものでもありません。そういう時は、遊んで気分をリフレッシュしたり、寝てしまったりして、英気を養った方が良いのです。また、学習のモチベーションを維持する点でも遊びは重要です。

     

     思いっきり集中して思いっきり遊ぶ。これがもっとも効率の良い学習方法です。

     


    ■まとめ


     以上、独学で気をつけるべき点を5つあげてみました。もちろん他にも気をつける点はたくさんありますが、特に大事だと思われるものに注力して紹介しました。
     独学で学習を続けることは難しいのも事実ですが、慣れてしまえばなんてことはありません。時間とお金を賢く使うためにも独学できるようになってみてはいかがでしょうか。

     

     

    P.S. 本記事をきらケアさんの「ケア業界でプロフェッショナルを目指す方へ!介護系の資格取得に役立つ学習方法まとめPart2」にて紹介いただきました! 他の方々の勉強法なども多数掲載されておりますので、是非ご参考ください。





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 勉強の仕方 | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    いつも参考にさせて頂いております。
    独学をしている者として、非常に有益な情報ばかりでためになります。今後も勉強頑張って下さい。
    | はは | 2017/11/23 5:27 PM |
    コメント有難うございます。

    これからも有益な情報を発信できるよう精進いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。
    | 管理人 | 2017/12/03 9:20 PM |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/127
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      素晴らしい (11/02)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      資格キラー (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      通りすがり (10/25)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      資格キラー (10/15)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      ケンサン (10/15)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      はじめまして (09/18)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      管理人 (09/18)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      はじめまして (09/18)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE