資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事 | main | 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜 >>
独学したい人必見! 独学成功の『3つの秘訣』
0

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    JUGEMテーマ:大学受験

    JUGEMテーマ:参考書

     

     

    最近「勉強時間は嘘だろ!」とか「アフィリ目的乙」といった苦情らしき問い合わせ、コメントが寄せられることが多くなってきました。弊ブログがそれなりに影響力が出てきたというのは喜ばしいことではありますが、やはり事実に対して疑われるのは気分が良いものではありません。ということで、今回は私がどのように独学しているかを公開することで透明性を確保し、少しでも疑い(?)を晴らしたいと考えて執筆に至りました。


    まず、皆さんに理解していただきたいことは、概して通学より独学の方が短期間で合格できるということです。つまり、資格学校を利用すると勉強時間は必然的に長くなりますので、例えば応用情報技術者の合格までの平均勉強時間が数百時間という情報が世に出回ることになります。独学が通学と比べて効率化できる理由については以前の記事で紹介したのでご参照いただくか、「24週間で独学合格!公認会計士試験マル秘学習法」を読んでいただければなと。
    この書籍の筆者は公認会計士試験に1,000時間以内で合格しております。勉強時間が減る理由については私のブログよりも丁寧に説明されているので、ご一読をおススメします。


    さて、早速私がどのように独学しているのかを紹介していきたいと思います。ポイントは「可視化、優先付け、スケジュール管理」です。

     

     

    ■可視化
    試験を受けると決めて最初に実施することは作業全体の洗い出しです。こと受験に関しては試験範囲の特定および使用教材の列挙をこの段階で決定します。この可視化をせずに教材が終わる都度、追加購入してしまうと合格までの学習量の全体像が見えないため、学習意欲の低下を招きます。その結果、挫折するリスクが高くなってしまいます。


    この可視化作業は受験経験者からのヒアリングやインターネット情報などを参考に決定します。身近に受験経験者がいて、尚且つあなた自身の実力や性格を良く知っている人がいれば問題はありませんが、インターネット情報を参考にする際には注意が必要です。なぜならば、ネット上の情報というのは万人に有効ではない場合があるからです。例えば、当ブログはある程度試験慣れしている方々を対象にしているため、受験経験が少ない方にとっては有用ではない可能性も高いということになります。


    可視化ではこれらのことを踏まえて、自身にあった教材を取捨選択するところがポイントになります。
    基本的にこの段階で決定したものは変えてはいけません。学習を進めるうちに当初予定した教材だけでは不足だと気がつくことはありまして、その際には教材を増やすという選択も出てくるわけですが、極力そういったことを防ぐことが最短合格につながります。


    PDCAサイクルではプラン(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Action)を回すとのことですが、改善の必要がなければプランを立て直すこともありません。もっと言えば、チェックすらも本来省きたいところです。つまり、一度プランを立てたら実行のみすることが最効率となるわけです。

     

     

    ■優先付け
    可視化を終えたら次は手を付ける教材(テキスト・問題集・過去問)の順番を決定します。この優先付けは挫折率を低下させ、高効率な学習を可能にしてくれます。例えば、得意分野と苦手分野を交互にすることで飽きを排除したり、暗記科目を試験直前に持っていくことで復習の回数を減らすなどです。


    また、教材の取り組み順序は、参考書を読むことから始めるのではなくいきなり問題を解くことを推奨します。学校の勉強に慣れている人は、参考書からはじめる傾向にあるように思えます。しかし、その方法は本当に効率的でしょうか? 説明を聞いて、すぐに問題を解けたことはあるでしょうか? 一部の天才や自分の得意分野においては参考書を読んだだけで問題が解けるようになりますが、一般的には問題を解きながら学ぶ方がはるかに効率的です。


    過去問の着手タイミングに関しては賛否両論ありますが、可能であれば過去問ははじめに着手するのが理想です。試験まで十分に時間があったり、解説を読んでも全く理解できない場合に限り、問題集から開始しても良いのではないでしょうか。実際に私自身、中小企業診断士試験までは8ヶ月ほどあったので問題集から開始し、行政書士試験の時は試験日まで一ヶ月しかなかったので過去問から開始しました。
    過去問は出題傾向の確認と、現在の自身の実力を知ることに大いに役立ちます。
    少し話がビジネスの話にそれますが、一般的に問題解決のプロセスは、まずゴールを知り、次に現状を知り、最後にゴールと現状の間を埋めることになります。受験ではゴールは合格に対応します。


    基本的には「過去問→問題集→テキスト」の順番を意識し、適切な優先付けのもとで次のスケジュール管理に進むのが良いでしょう。

     

     

    ■スケジュール管理
    最後にこれまで検討したものをスケジュールに落とし込みます。優先付けまでの段階では、立てた計画通りに学習を進めて試験日まで間に合うかどうかは分かりません。絵に描いた餅を実際に食べられるようにするのがスケジュール化の目的のひとつです。


    スケジュールにおいては各教材を「何日間で終わらせるか」でとどまらず「何月何日から開始して何月何日に終えるのか」まで検討します。ここでのコツは、複数教材を並行して進めるのではなく、ひとつの教材をやり切ってから次の教材に進む計画を立てるのが良いでしょう。学習においてモチベーション維持は非常に重要なので、教材が中々終わらないと途中で勉強を投げ出したくなってきます。ひとつでも教材を終えると達成感を得られるとともに一冊やり切ったという事実が自信につながります。


    次に教材の進め方です。
    ひとつの教材を章ごとに区切って各章を完璧にしてから次の章へ進むという方法をとっている人が多いように見受けられます。おそらく、学校の授業の仕方が関係しているのだと思います。学校では単元ずつ定期テストを実施し、間違ったところをすべて復習し、完璧にした後で次の単元へ進みます。この方法が頗る悪い。なぜならば、合格のためには満点を取る必要はなく――試験にもよりますが――大体6割〜8割が合格ラインです。つまり、苦手分野をすべて潰す必要はなく、その分得意分野を伸ばすことに注力した方が良い場合が多いのです。合格ラインが6割〜8割ということは、80%以上の理解は、こと試験合格を目的とした際には不要となります。資格学校が豪語している平均勉強時間はほぼ確実に合格できるまでのものであり、ギリギリ合格を目指す独学には当てはまらないということです。


    さらに、各分野は相互に絡み合っていることが多々あります。中等教育に例えれば、三角比は三角関数を理解していた方が学びやすいですし、単振動は微分を使った方が本質を捉えられます。
    まずはひとつの教材をとりあえず全て終わらせてしまいましょう。分からないところは無理に理解せずに、ひとまず暗記で対応してしまっても構いません。


    スケジュール管理は手帳で管理してもExcelで管理しても独自のデータベースシステムで管理(ここまでやる人がいたら尊敬しますが)しても構いません。ただし、必ず予定と実績が比較できるように管理してください。予定よりも大幅に遅れた場合は何かしらの改善アクションが必要になります。遅れたことに気が付かずにズルズル日が過ぎ、もう試験日までどうしようもなくなった、という事態は避けねばなりません。スケジュールを前倒しで進められれば予定と実績のチェックが減るのでより時短になります。


    スケジュール管理は期限まで設定し、教材はひとつひとつ終わらせるようにすると良いでしょう。

     

     

    ■まとめ
    以上長々と説明してきましたが、本記事で言いたいことは大きく2つで「過去問→問題集→テキストの順に着手する」「独学は通学よりも効率的」ということです。

    特にブログでコメント欄が荒れているITストラテジストについて一言書かせてもらうと、合格までの勉強時間と試験難易度は比例しないことをご理解いただきたい。ITストラテジストは間違いなく難関試験です。しかし、勉強する内容は極端に少なく、それよりも発想力や論文能力が試されるため何千時間費やしても受からない人はいらっしゃるでしょう。

     

    記事が長くなったのでまとめはこのくらいにしておきます。何かコメントがあれば遠慮なくお願いします。





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/134
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    • ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
      あ (07/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (06/24)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (06/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (06/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (05/28)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (05/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (05/03)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (05/03)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE