資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜 | main |
「強み」だけに捉われない幅広い知識こそがアイデア創出の源泉である
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:教育

     

    最近「業務に関係ない種類の資格をたくさんとって何の意味があるんですか?」と聞かれることが多くなりました。

     

    ビジネス本を読んだり、SWOT分析に関する本を読むと必ずと言っていいほど「強みを作りなさい」とか「コアコンピタンスに注力すべし」みたいなことが書かれています。実際これは企業戦略に関しては正しくて、確かに強みを作らなければ他社との差別化は難しいでしょう。しかし、それを一個人レベルに落とし込んで忠実に実行してしまった場合のリスクについて語られることはあまりありません。


    今回は「強み」に捉われない幅広い知識がアイデアを生み出す元になるということを綴っていきたいと思います。

     


    ■「強み」の正体に迫る
    まず、企業の強みという意味であれば、販売力を強くしたいから人材を投入するとか、販売研修を充実させるとか、具体的なアクションをイメージしやすいでしょう。ですが、一個人レベルで考えた場合はどうでしょうか。

     

    個人の強みというと、プログラミングだったり、会計知識だったり、人脈だったり、マネジメント能力だったり…… もっと具体化すれば、プログラミングでもデータ構造に強いのか、アルゴリズムに強いのか、それともC言語やJava、Python等のいわゆるプログラミング言語に強いのか。さらにデータ構造の中でも…… というように非常に細かく細分化できます。同様に、会計知識やマネジメント能力についても細分化できてしまうわけで、一言で「強みを伸ばしなさい」と言われても何を伸ばすべきなのか困ってしまいそうです。つまり、強みというのは一般的に定義できるようなものではなく、状況に応じて範囲を広げたり、狭めたりする必要があるものだと解釈できそうです。

     

    まぁそんな言葉の本質に迫っていても議論は進まないので実際のケースを挙げてみましょうか。例えばサラリーマンが上司から「強みを伸ばしなさい」と言われた場合は、おそらく今現在携わっている業務のスキルを伸ばせということになるでしょう。つまり、今現在従事していること、すなわち自身の専門を「強み」とでもしましょうか。そもそも強みが自身の仕事でなかった場合は、なんで得意でもない仕事に対してお金を払う必要があるんだって話にもなりますしね。

     


    ■で、「強み」を伸ばすってどういうこと?
    で、「強み」が専門だとして、一体全体自分の強みを伸ばすことができていない人なんているのでしょうか? 毎日その業務に浸っているわけで、その専門スキルが伸びないなんてことがあるとは到底思えません。先ほど例にあげたプログラマーであれば、ほぼ毎日プログラミングをしているでしょうし、成長するスピードに差はあれど伸びているに違いありません。

     

    つまり、強みなんてものは普通に日々の業務をこなしているだけで自然と伸びてしまうものなので、わざわざ意識して伸ばすようなものでもないということになります。

     


    ■世界に目を向けてみよう
    それによく考えてもらいたいのは、こういった専門スキルは日本中、いや世界中に同じようなものを持った人間がたくさんいるということです。ひとつの専門分野に特化し過ぎてしまった場合、それだけで勝負するってことは努力だけではどうしようもないーーいわゆる才能が関わってくることについても意識すべきです。

     

    IT人材を例にあげると、日本だけでも100万人程度はいるようですし、世界までその範囲を広げればその十倍以上にもなるのではないでしょうか。自分に100万分の1の才能、1000万分の1の才能が備わっているという自信がない限り、その専門だけで勝負するという選択をすべきではありません。

     

    専門だけに特化することについては他にもリスクがあります。それは、そのスキルが時代の流れとともに不必要となってしまった場合です。こうなってしまった場合、再雇用先もなくなってしまうため、専門を絞り過ぎてしまうと相当なリスクを負っているということを理解しておくべきでしょう。

     

     

    ■知識の幅を広げるという選択肢
    これまで専門だけで勝負するのは難しいと話してきました。それではどうすれば良いか? 答えは至ってシンプル。専門知識を生かせば良いのです。

     

    ところで皆さんはアイデアの源泉は何だと思いますか?

     

    私もこれまでアイデアの源泉とは何かについて考えあぐねたことがありますが、ある一冊の本との出会いでその疑問が解消されました。それがジェームス W.ヤングの「アイデアのつくり方」という本です。この本の内容についてここで詳細に述べるつもりはありません。あとで読者の皆さんに読んでいただければ良いでしょう。この本の中で、アイデアというものは専門知識と一般常識の掛け算だと書かれています。

     

    ここでいう一般知識とは専門知識以外のことです。それは学校で学んだ教養かもしれませんし、前職のスキルかもしれませんし、あなたの趣味かもしれない。はてまた、あなたの地域固有の習慣かもしれない。この一般知識を広げることで新規アイデアが生まれる確率を高められるということです。

     

    例えば、現代のサッカーが発展した過程に、バスケットボールの動きを取り入れたというものがあるようです。これは、バスケットボールに知見のあるとあるサッカーコーチが試しに練習に取り入れてみたところ、絶大な効果を発揮したというものです。まさに専門知識(サッカー)と一般知識(バスケットボール)の掛け算だと言えるでしょう。

     

    「専門知識だけで生まれるアイデアもある!」と反論される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんなものはすでに他の誰かが考えついていて、すでに出尽くしていると思いませんか?

     


    ■アイデアの作り方だけを意識した場合の落とし穴
    さて、本記事ではこれまで一般知識を広げることを薦めてきたわけですが、それだけでは評価されない事実があることも心にとめておかなければなりません。

     

    仕事にしろスポーツにしろ何にしろ、絶対に抑えておかなければならないスキルがあります。それができていなければ、どんなに一般知識があったとしても使えない人間のレッテルを張られてしまいます。試験でいうところの足切りに似ていますね。仮に複数科目で100点を取ったとしても、一科目だけ基準点に達していなければ問答無用でバッサリ斬られるアレです。つまり、まずはその最低限抑えなければならないところをクリアすることが必要です。

     


    ■まとめ
    結局、アイデアというものは無からいきなり出てくるものではなく、専門知識と一般知識の掛け算という過程を経て生まれるものです。専門だけを伸ばしていてもアイデアは生まれません。それ以外の一般知識がアイデアの源泉となるため、それを広げることでより多くの組み合わせが思い浮かぶようになり、アイデア創出に繋がるわけです。

     

    私はエンジニアでありながら法律も会計も語学も学んでいますし、趣味として音楽、スポーツにも触れています。これがきっと将来的に新たな閃きに繋がると確信しているからです。

     

    もし皆さんがアイデアが生まれないことに行き詰っていたら、いったん専門から離れて、一般知識を増やすという選択肢にも目を向けてみることをおススメします。
     





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | ビジネス書 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/137
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (06/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (05/28)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (05/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (05/03)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (05/03)
    • 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      資格キラー (01/06)
    • 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      テラゲン生きる。 (01/06)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (12/10)
    • 手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
      資格キラー (12/07)
    • 手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
      あい (12/06)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE