資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜 | main |
影響力をもつためには? 〜『楽をする』ことの重要性〜
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:教育

     

     

    日本では忙しく走り回り、人以上に努力することが美徳とされてきました。定時に帰る人は暇だと思われる一方で残業を多くする人が評価される。学校でも上手に手を抜いて成績を修めるよりも真面目な生徒が先生に気に入られる。無駄に大量の宿題を出されて、それを完璧にこなす生徒の評価が上がる。


    我々日本人はこれが当たり前のように教育されてきました。が、いざ冷静になって考えてみると「おや?」と違和感を覚えます。確かに努力することは大切ですが、それ以上に結果を出すべきだということが忘れられている。まさに主客転倒。


    とはいえ、多くの日本人がこのような思考になったことには原因があります。いや、日本というよりも世界的にでしょうか。


    本記事では、なぜこのような努力が美徳と考えられてきたかを初めに論じます。そしてそ次に世間的に悪とされる「楽をすること」のメリットをあげて、最後にビジネス書の名著である『金持ち父さん 貧乏父さん - アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』を紹介したいと思います。

     

     

    ■世の中はあくせく走り回る人がいなくては回らない
    あくせく走り回る人がいなければこの世の中は回りません。これは資本主義の原理です。人間は元来苦労を避けて楽をしたがる生き物です。しかし、大人へ成長する過程において徐々に感情をコントロールできるようになって我慢を覚えます。ほとんどの人はこの我慢を駆使して楽をする気持ちを抑えることで社会を生きのびています。しかし、我慢をする必要がなくなったらどうなるでしょうか。当然、その人は再び楽をするようになります。


    これが資本家や投資家ーーいわゆる金持ちです。苦労から解放されて楽に生きることを実現した希少種です。彼らは自分が動く代わりに、自身が働かないようにするために仕組みを作ります。あくせく働きまわる労働者が生み出した利益の一部を受け取ることで生活しています。株式会社は出資者からお金を借りて事業を行なっています。そして現場で働く人々が稼いだ金の一部が出資者に還元される仕組みとなっています。


    これが現代の社会システムです。この世の中は残念ながら労働主義社会ではなく資本主義社会です。資本主義社会というものは、資本ーーつまり金をベースとして世の中が回るという思想です。


    頑張ることを否定するつもりは全くありません。私が主張したいことは頑張る方向性を単純に労働時間を増やすことに費やすのではなく、仕組みをつくる方に向けるべきだということです。つまり、体で忙しくなるのではなく頭で忙しくなること。このように頑張る方向性を頭を使うことに注力することが資本主義社会で有利に生きるために必要なのです。

     

     

    ■楽をしなければ影響力のあることはできない
    さて、ここからが本題です。
    大きな影響力を持ちたければ自分自身で何でもやろうとしてはいけません。極端に言えば、楽をするということです。なぜならば、人間がひとりでできることには限界があるからです。


    私自身、大学生の頃は、自分で研究して何か大きなことを成し遂げてやろうと考えていました。当時はノーベル賞を取得してやろうとも考えたこともありました。しかし、大学院で研究をやる傍ら家庭教師や塾講師の仕事をしていて徐々に心変わりしました。それは、自分一人の力だけでは多少の功績しか残せないだろうこと。それよりも、自分が教える側に徹して教え子たちがそれぞれの道で成功を残す方が、社会への影響が大きいということに気がついたからです。


    そこで、就職後も個別指導塾のアルバイトを続け、その後スカイプ家庭教師として独立しました。私自身教えることが好きなので本業と副業を楽しく両立することができました。しかし、スカイプ家庭教師を続けているうちに一つの疑問が浮かびました。それは、家庭教師という手法では教えられる生徒に限りがあるということです。


    人を雇って学習塾をはじめるという案も思いつきましたが、教育を任せられる人を探すことが大変難しい。また、当時はお金が無かったため、そもそも人を雇うほどの余裕はありませんでした。書籍にしても初期投資がバカにならない。そこで、スマホのアプリ開発に手を出すことにしました。スマホアプリならパソコン一台あれば開発できる上、一度作成してしまえばユーザが自由にダウンロードできるという。まさに初期投資が少なく、より多くの人々へ届けることができる素晴らしい手法でした。


    その結果、教えるための仕組みができたことで私が直接教えなくても受験法を多くの人々に届けることができるようになりました。今では、アプリの他にもnoteというサービスを使って私の受験ノウハウを公開しております。今現在は、より大きな影響を与えられるソフトウェアの構想を練り終え、これから形にしていこうと準備をはじめている段階です。

     

     

    ■金持ち父さんの教え
    「金持ち父さん 貧乏父さん - アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」というのはロバート・キヨサキ氏が世に出した非常に有名なビジネス書です。皆さんの中にも読んだことがある方は多いでしょう。この本はお金に関する哲学の他に、実に多くのことを教えてくれました。その教えのひとつが「仕組みを作る」というポイントです。


    例えば、店舗経営には大きく三つの役職があります。
    一つ目は店舗で働いている店員です。この人たちは自身の労働力を店に提供し、複数人がシフト制で店を切り盛りします。
    二つ目はマネージャーです。この人は管理に長けており、効率の良い人員配置や時間割、店舗の品ぞろえを考えてくれます。マネージャーのおかげで店員は販売という自分の役割に注力することができます。
    そして三つ目がオーナーです。オーナーは店舗を提供するだけでよく、あとは優秀なマネージャーを見つけさえすれば優秀な店員とともに勝手に店が繁盛してくれます。


    この店舗の例の中で人々の役に立ちたいと思った場合、どの役職になるべきでしょうか。
    店員は対応した顧客ひとりひとりにとっては役に立てるでしょう。身近な人の役に立ちたいというのであれば現場の店員は良いと思います。しかし、店員はその店だけでしか影響力を持てません。


    マネージャーにしても一つか二つの仕事を持つのが限界でしょう。この人が影響を与えられるのは、自分が担当した店舗のみです。店員よりは広範囲の地域貢献というのであればマネージャーが適任かもしれません。


    一方でオーナーは何十個、何百個、時には何千個以上もも店舗を持つことができます。その影響力は日本だけにとどまらず世界にまで及ぶ可能性もあります。つまりそれだけ影響力を持っているということです。


    ソフトバンクの孫正義社長は誰もがご存知だと思います。道を歩けば至る所にSoftBankの看板が見られます。この影響力はすさまじい。以前は、NTTやKDDIといった大手が高価格で牛耳っていた携帯電話料金でしたが、それを安くし、今では小学生でも持てるようになったのはこの人あってのことでしょう。店員でどんなに頑張ったとしても、ここまで多くの人に携帯電話というサービスを提供することは不可能です。


    若い時は何でも自分でやりたがります。そして根拠のない自信によって、実際にできると思ってしまいます。しかし、実際にやってみると自分ひとりだけでできることに限界があることに気がつきます。

    何かを成し遂げるためには複数のスキルが必要です。企画、マーケティング、営業、プログラミング、力仕事etc。それぞれの分野には、その道何十年というベテランがいます。その人たちに勝てるはずがありません。自分が得意なもの以外は得意な人に任せ、自分の得意分野だけに注力するのがもっとも効率的な方法です。


    私自身、今の段階でそこまで多くの影響力を持ってはいません。しかし、このブログやアプリ、今後新たに作るサービスによって影響力を少しずつ増やしていきます。それによって、自己研鑽に励んでいる方々の役に立ちたいと考えております。


    もし、多くの影響力を持って、より多くの人の役に立ちたいと思うのであれば、あくせく働きまわるのではなく『如何に楽をするか』という視点を持つのが大切だということです。

     





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | ビジネス書 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/143
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      タカ (12/06)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      資格キラー (10/24)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      reader (10/21)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (08/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      まめ (08/29)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      資格キラー (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE