資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA) 独学1発合格 〜勉強時間: 20時間〜 | main |
あなたは自由人? それとも不自由人? 『ユダヤ人大富豪の教え』から学んだこと
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:教育

     

     

     IT、デザイン、簿記、FP、語学、販売サービス、法律、会計、経営、美容、旅行、自然環境……

    これらは私が取得してきた資格ジャンルの一部です。分野に捉われない幅広い種類の資格勉強をする過程で経済学や経営学にも触れてきました。

     経済学においては、お金は「価値の尺度」「価値の貯蔵」「交換の媒介」の手段であると。そして経営学では、企業の目的は顧客の創造であり、その効用に対して顧客は支払いの意思も持つ(つまりお金の移動が起こる)と学びます。
    ここにお金を悪とするような思想は一切なく、現代社会が回っていく上での便利ツールとしての位置づけでしかありません。


    世の中にはお金を毛嫌いする人がいる一方で、お金を絶対視してそれを稼ぐために人生を捧げる人もいます。ただの便利ツールにどうしてそこまで感情に違いが出てくるのか不思議でならず、そこから本記事を執筆するに至りました。


    インターネット上にはお金に関する数多くの記事が溢れています。しかし、ただ単にお金のことについて話すだけでは他記事との差別化が図れません。そこで本記事においては問題解決のアプローチにのっとり、初めに目的設定(自由人になること)をし、次に現状分析(感情に支配されている現状理解)、そして最後に行動指針(感情をコントロールして自由になる)という構成で進めていきたいと思います。

     

     

    ■自由人と不自由人
    この世の中に生きているほとんどは不自由人に分類されます。不自由人とは、経済的、社会的、精神的に誰かに依存している人のことです。毎日会社に通って仕事をしないと生活ができない人、何か困ったときに会社や国に何とかしてもらおうと思っている人、常日頃からストレスを感じながら生きている人、など。


    一方、自由人とはそういった柵(しがらみ)から解放された人を指します。具体的にはビジネスオーナーや資本家、有名スポーツ選手など。彼らは独自にお金が入ってくる仕組みを作り出せるため、自身で働かずとも生きていくことが可能です。基本的には私生活を満喫し、退屈な日々に嫌気がさしたら働けばいいし、寝ていたければ好きなだけ寝ていられる。煩わしい人間関係に苦労することもないのでストレスを溜めることもない。つまり、経済的、社会的、精神的に自由な人たちです。


    もしかしたら不自由人を好む奇特な人もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの人は自由人を選ぶのではないでしょうか。そして、ここからはこの自由人になるためにはどのようにしたら良いか、について議論を進めていきます。

     

     

    ■感情をコントロールして好きなことを見つ出す
    人には「得意なこと」と「好きなこと」があります。そして残念なことにそれらがイコールでないことが多い。ちなみに私の好きなことは知識の幅を広げることです。まぁつまりは好奇心を満たしたいだけです。


    現実問題としてほとんどの人は日々の仕事に追われてしまっているため、自分が好きなことを分かっていないように思えます。過ちとしてありがちなのは、得意なことを好きなことに重ね合わせてしまうことーー今の仕事が好きなことだと自分自身に思い込ませ、目の前の仕事に人生をかけるほどに注力してしまう人を少なからず見かけてきました。いわゆる洗脳状態です。そういう人は仕事仲間や上司、会社、さらには家族などの悪口を言う傾向にあります。


    これを回避する手段が感情のコントロールです。
    感情のコントロールは、まず自身について考えるところからスタートします。一度仕事から離れてみて自分は何をやっている時が幸せなのかを熟考します。そして好きなことが分かったら、それを全力で実行します。好きなことに夢中になっていれば他人の悪口なんて言っている暇もないでしょう。周囲に不満を持つということは感情に支配されてしまっている証拠ですから。


    次に好きなことをどのように仕事と結びつけるか。
    人と話すのが好きなら接客や営業職、プログラミングが好きならエンジニア、教えることが好きなら教師。中には動物と遊んだり、ゲームをしたり、スポーツをしたりすることが好きな人は仕事に結びつけるのが難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、それも発想次第で何とでもなります。


    動物が好きなら動物と触れ合えるコミュニケーションサイトを運営することもできますし、ゲーム好きの中にはゲーム実況や攻略法をYouTubeやブログで公開する人もいます。スポーツであればジム経営やインストラクター、スポーツテクニックの紹介動画を公開するという手もあります。


    かく言う私は知識の幅を広げることが好きです。そこからより多くの人に私の勉強法を公開したいと思ってブログを開設し、問題集アプリやnoteも作成し、さらには個人スカイプ家庭教師という形で教育サービスに結びつけています。


    昔から「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように自分が好きなことは上達も早い。現在の分業社会においては、残念ながらほとんどの人が洗脳状態にあります。上手に感情をコントロールすることで洗脳状態に気がつき、自分が好きなことを探すことで自由人へ近づくことができます。


    感情のコントロールのやり方については、以前ブログで紹介したのでそちらもご一読くださいませ。
    『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜

     

     

    ■お金は人を喜ばせた分だけ貰える
    感情をコントロールして自由人になりたいと思えたら、次はどのように自由人になるかです。そこで肝になるのがお金です。


    まず、お金とは何かについて考えてみましょう。


    お金の役割は「交換の媒介」です。元々物資のやり取りは物々交換が主体でしたがとても不便でした。そこで生まれたのがお金です。昔はりんご農家がお米を欲しいときに、お米農家に伺ってりんご10個とお米1kgを等価交換していました。しかし、お米農家がりんごを欲しくないときにこの取引は成立しません。そこで、りんご1個100円、お米1kg1,000円のように物に金額を設定し、りんごとお米の取引をお金のやり取りを通じてーーすなわち、お金を物々交換の媒体として−ー成立させたというわけです。


    お金は国によって発行されますーー日本なら日本円、アメリカならアメリカドルです。どうしてお金が効力を持つかというと、ひとえに国の信用力があるからです。日本やアメリカが存続する限り、そのお金はその国で使えることになります。しかし、ひとたび国が危機に陥るとお金の価値が暴落します。過去のジンバブエドルや近年ではベネズエラが該当するでしょうか。国家がピンチになれば信用が落ち、お金の価値は下落することになります。つまり、信用の上に価値が成り立っているものがお金です。


    まとめるとお金とは「国の信用力によって価値が保証された交換の媒介手段」です。まさに経済学で学んだことです。


    ここで考えていただきたいのは、お金は信用が形になったものであるということです。サービスというものは、設定された金額以上だと客が感じた場合に売買が成立します。誰かがあなたにお金を支払うということは、あなた自身もしくはあなたの提供するサービスに信頼をおいているからこそです。つまり、お金を稼ぐ行為は、客から信頼を得ていると言い換えられることができます。


    すなわち、客がお金を払ってもいいと思うぐらい価値のあるサービスを提供することが経営です。

     

     

    ■『ユダヤ人大富豪の教え』で成功の原理原則を学ぶ
    本書は2020年時点で全三巻が出版されていますが、そのうち一巻と二巻はお金の哲学について、三巻は人間関係に焦点をあてた内容です。
    『ユダヤ人大富豪の教え』というタイトルだけ聞くと「お金持ちになる方法かな?」とも感じ取ることができて、少々胡散臭さもあります。しかし、本書はそのようなお金を稼ぐ方法論を述べる内容でなく、お金持ちになるというのはどういうことか(自由人と不自由人の対比)、そしてお金持ちになったらどう行動すべきか(他人に施すことの大切さ)、といったところまで踏み込んでいます。


    確かに資本主義社会において金を持つということは重要なことですが、それが目的になってはいけない。あくまでもお金は手段であり、お金を持つにはどのような資質が求められるか、そしてどのような還元を社会にしなければならないか、というお金を稼ぐ前から稼いだ後までを一貫して紹介しているところに本書の面白さがあります。


    筆者の大好きな書籍に『7つの習慣』というものがあります。大ベストセラーのためご存知の方も多いでしょう。『7つの習慣』は、成功するためのHow to本ではなく、原理原則を述べた内容となっています。
    『ユダヤ人大富豪の教え』も『7つの習慣』同様に、原理原則に触れた本なので万人におススメできる書籍です。

     

     

    ■まとめ
    問題解決の基本は「目標設定→現状分析→実行」です。人生においてもこのアプローチは有用です。


    『思考が人生を形づくり、感情が人生をコントロールしている』


    これは『ユダヤ人大富豪の教え』の中の一文です。まず自由人になるという思考によって人生を形づくって、感情をコントロールして、人生を成功に導いてください。





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | ビジネス書 | 08:30 | comments(0) | - | - | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      資格キラー (12/30)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      資格キラー (12/30)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      ただの大学生 (12/29)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      HAMI (12/27)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      ゆっきー (12/20)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      タカ (12/06)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      資格キラー (10/24)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      reader (10/21)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (08/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      まめ (08/29)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE