資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< CGクリエイター検定エキスパート 最高得点合格で文部科学大臣賞受賞! | main | 経済学とITの両方に知見のある資格キラーが初学者に向けてビットコインの仕組みを紹介してみる >>
自己研鑽するのに目標なんて必要ない!
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:教育

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

     

     

    『何をするにもまずは目標を立てることだ』


    多くのビジネス書に書かれていることで、ほとんどの社会人が信じてしまっている「目標を立てる」という標語。かくいう私も昔は目標は必ず立てるものだと信じて疑っていませんでした。確かに会社の勤め人のような日々の業務をこなしていく人にとっては目標は大事でしょう。しかし、新しく何かをはじめるときや、自己スキルアップにおいては目標を立てる必要がないことも多く、返って仇となることもあるんです。


    これまで資格勉強を否定する人にたくさん出会ってきました。彼らは「資格なんて取得しても実務に何の役もたたない」と何度も何度も何度も何度も繰り返し繰り返し言ってきます。


    私が資格を勉強しはじめた頃は余計なお世話だと思って、ほとんど相手にしていませんでした。が、最近になって彼らがそのように発言する真意が分かってきました。転職を繰り返してステップアップしたり起業したりするのではなく、ひとつの会社で、ひとつのスキルだけをマスターして、生計を立てていくなら資格は必要ないんです。


    資格を必要ないという人たちはひとつの会社でひとつのスキルで勝負しているので実務が重要だと主張するのです。彼らにとってのゴールは会社で出世するという明確なものとなっており、それに向けて日々スキルアップをするわけです。そしてこれは正しい選択でしょう。


    一方でそのような分かりやすい人生を送るのではなく転職を繰り返したり、起業を試みたりと、いわゆる普通の人生を歩まない人にとってはゴールは明確ではなく、つまり目標がふわふわした雲のように掴みどころがないのです。そういった人たちにとっては目標を立ててから自己研鑽をするという選択をすべきではなく、その逆で自己研鑽をしながら目標を定めていくことになります。

     

     

    ■自己研鑽に目標は必要ない
    いきなりですが自己研鑽に目標を設定する必要はありません。


    私がお会いした方にデータベースマスターになりたいからデータベーススペシャリスト、ORACLE MASTERプラチナを目指すという方、ネットワークマスターになりたいからネットワークスペシャリスト、CCIEを目指すという方等がいらっしゃいました。目標を立ててスキルアップできるのは、素晴らしいことなので全く否定する気はございません。


    しかし、個人的にこの考え方は非常にリスキー。その人自身がデータベースに向いていると思うことと、実際にその人がデータベースに向いているかどうかは別だからです。もしかしたらその人が本当に得意なのはシステム設計かもしれませんし、マネジメントかもしれません。やってみなければ分からないですからね。目標を立てずに自己研鑽すれば幅広いスキルに触れられるため、自分の天職を探せる可能性は高くなるんです。


    私自身もジャンルに縛られずに様々な資格勉強をしたことで、本当に自分が好きなこと、やりたいことを見つけられました。例えば、中小企業診断士やITストラテジストを勉強することで自分は仕組みづくりが好きなんだと知ることができました。また逆に秘書検定やプログラミングの試験を受けたことで、秘書やプログラマーに適性がないことが分かりました。ならなんでアプリ開発してるんだって話ではありますが(笑)。


    「目標がないから自己研鑽に踏み切れない」と考えている人は逆に「自己研鑽をすることで目標が見つかる」という発想に切り替えましょう。目標を枷(かせ)にしてはいけません。

     

     

    ■将来像を明確にする必要もない
    今現在、あなたが五年前、十年前に思い描いたような自分になっていますか?


    清涼飲料水で世界一有名なコカ・コーラも、リーバイ・ストラウスの世界一有名なジーンズも、偶然できた産物であるのは有名な話です。メジャーリーガの松井秀喜は小さい頃サッカーをやっていたようですし、NBA選手の八村塁は野球が大好きだったようです。つまり、将来像がそのまま自分の将来と重なることなんてほとんどないわけです。


    私の場合も五年前、十年前にイメージしていた姿からはかけ離れていますし、十年後の自分がどうなっているかなんて予想もできません。個人家庭教師になろうとしていた私が応用情報技術者試験を受験するときに、たまたま問題集アプリを購入しました。満員電車でも起動でき、ワンクリックで先に進んでいかれるので紙の本よりも使い勝手が良いことを知りました。


    そこでプログラミングを多少かじっていたこともあり、自分でも作成しようとして完成したのが私の初アプリ問題集「最短合格! 世界遺産検定2級」でした。資格勉強をはじめたときは、まさか自分が個人アプリ開発者になろうとは予想だにしておりませんでした。現在ではアプリ数も増えており、アプリ問題集では解説が難しいものについてはnoteにて発信するに至っています。直接指導するのでは教えられる人に限界があるので、今後もアプリのようなインターネットを通じた不特定多数への教育サービスにメインとしていきたいと考えております。


    将来の漠然としたイメージを持つことは必要です。私の場合は、質の高い教育を届けたいという漠然としたイメージはあります。人生はその場その場の生き方や考え方で変わります。そしてそれは知識や経験に影響されていくため、事前に完璧に予測することはほとんど不可能です。であれば、今できることを全力で実践し、その時々の時流に合わせて方向性を修正していくことが良いのではと思います。

     

     

    ■仕事はたのしいかね?
    とはいえ、たったの2500文字程度の文章を読んだだけでは自己研鑽に踏み切れない方は多いかと思われます。そのような方におススメするのが「仕事は楽しいかね?」という本。物語風に進んでいくビジネス書なので、本を読むのが苦手な方でも取っつきやすいでしょう。


    この本はひとりの仕事に悩みを抱えたサラリーマン視点で物語が進んでいきます。乗るはずの飛行機が運休してしまいシカゴ空港で足止めをくらった時に、ある老人と出会います。その老人が界隈では有名なコンサルタントで、サラリーマンの悩みについて助言をしていくというストーリーです。


    この本の中の一節である「明日は今日と違う自分になる」という人生の考え方、そして「あるべき状態より、良くあること」という成功の秘訣は、今でも常に意識しております。


    目標を立てて足踏みするよりも取りあえず努力しろ。これを実践するだけなので、ぜひとも実践してください。
     





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | ビジネス書 | 09:30 | comments(0) | - | - | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA) 独学1発合格 〜勉強時間: 20時間〜
      あ (02/01)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      資格キラー (12/30)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      資格キラー (12/30)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      ただの大学生 (12/29)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      HAMI (12/27)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      ゆっきー (12/20)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      タカ (12/06)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      資格キラー (10/24)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      reader (10/21)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (08/30)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE