資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 高校数学が好きなら大学は物理学科に行くのが良い? | main | 進学校の授業のスピード その2 >>
進学校の授業のスピード その1
0
    JUGEMテーマ:大学受験
    JUGEMテーマ:教育

    3/31に書いた「進学校の授業のスピードってどのくらい?」が好評のようでしたので、今回から3回に分けて進学校の授業スピードについて書いていきます。当然学校によって違いますが、ここでは偏差値70以上の進学校(卒業も含む)の知り合いに直接聞いた話しを紹介します。その1は私立高校、その2は公立高校、その3はまとめ、という感じですすめていきます。

    まずは某私立高校での数学と英語の授業スピードです。
    数学に関しては高校1年の終わりまでに数1A、数2Bの教科書が終わるだけでなく総復習まで終わるようです。授業でも教科書の内容だけでなく、大学の数学の話しも交えておこなっているようです。つまり、高校2年になる前にセンター試験で満点を取れる生徒もいるということです。当然やる気のある生徒は高校1年生のうちに独学で数3Cも終わらせています。高校2年から数3Cがスタートして2学期までに教科書と復習が全て終わり、3学期からは完全に受験対策がはじまるそうです。
    次に英語ですが、英語に関しては高校に入る前に大学受験の文法をすべて終わらせており、高校の3年間はひたすら受験問題を解きまくると話してました。

    どうでしょうか?
    普通の高校から東大や京大、医学部の受験を考えている方には参考になりましたでしょうか?
    とくに浪人をしていて1年余分に勉強できるから来年は受かるだろう、と考えている人は私立進学校の生徒も高校3年は丸々受験に使っていることを知っておいたほうが良いと思います。

    次回は偏差値70以上の某公立高校の授業スピードについてお話します。




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 高校授業 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/29
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      タカ (12/06)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      資格キラー (10/24)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      reader (10/21)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (08/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      まめ (08/29)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      資格キラー (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE