資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 要領の良い勉強法 | main | マッキンゼー式世界最強の仕事術 >>
志望校の決め方
0
    JUGEMテーマ:大学受験

    前回の記事で志望校を決めるときには行きたい学校の1段階上のレベルにすると良いと書きました。今回はそれについて詳しく説明します。

    1段階上のレベルにするとはMARCHに行きたいなら上智・理科大、上智・理科大に行きたいなら早慶に目標を設定するということです。「上智や理科大には全く興味がない。明治大学にどうしても行きたいんだよ!」という人にも上智・理科大を目標とすることをおすすめします。

    なぜかというと1段階上の学校に合格できる人はそれ未満の学校に落ちることはほとんどないからです。少なくとも私の知り合いで早慶に受かって上智・理科大に落ちた人、上智・理科大に受かってMARCHに落ちた人は1人もいません。さらに私立は併願できるためすべり止めとして1段階レベルを下げて併願してくる可能性が高いのです。つまりMARCHに合格するのは上智・理科大以上を第一志望としている学生と元々MARCHを第一志望としている学生になり、前者がほとんど受かると考えるとMARCHの合格枠が予想以上に厳しいことが分かります。その結果、合格枠からあふれたMARCH第一志望の学生はすべり止めの一段階下の学校に合格することになります。

    ただし東大、京大、東工大、一橋大、医学部を目指す場合は第一志望とすべきです。進学校出身の受験生は試験対策期間が長かったりするために前期東大、後期京大のようにできるかもしれませんが、要領の良い勉強法を追求する場合はとにかく少ない勉強時間で最大の効率を上げることを目標とします。この場合気をつけることは合格最低点を狙うのではなく高得点で合格することを目標とします。東大合格には6割あれば十分といいますが6 割合格を狙って本番6割とれることはまずありえません。9割合格を目標とすると相当モチベーションが上がります。

    常に目標の1段階上を目指すことが大事です。




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 受験 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/39
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      タカ (12/06)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      資格キラー (10/24)
    • 『自省録』に学ぶ 〜感情をコントロールして人生を謳歌する〜
      reader (10/21)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (08/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      まめ (08/29)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      資格キラー (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE