資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 勉強のコツを掴んだら時間を増やせ! | main | 家庭教師のあるべき姿 >>
1日30分を続けなさい!
0
    評価:
    古市 幸雄
    マガジンハウス
    ¥ 1,000
    (2007-06-21)
    コメント:こういう本に目標設定などは必ず書かれていますね

    JUGEMテーマ:ビジネス
    JUGEMテーマ:教育

     

    この本は勉強の習慣づけのされていない人を対象としたもので全8章で構成されています。各章のタイトルは以下のようになります。
    • 第1章 人生は勉強した者が勝つ!
    • 第2章 勉強時間を捻出する方法
    • 第3章 勉強に集中する方法
    • 第4章 短期集中型・長期計画型の勉強法
    • 第5章 本気の人のための英語勉強法
    • 第6章 勉強を成功させるための目標設定方法
    • 第7章 勉強効率アップのための食事・睡眠
    • 第8章 勉強効率アップのためのツール
    ここでは章にこだわらず今までのブログの内容とあまりかぶらないことを中心に話します(7章と8章は今回は省略します)。

     

     

    ・動機付けするには勉強のタイミングが非常に重要
    「本当は勉強したいのだけれど……」という人は本当は勉強したくないのだと書かれています。実際そういう人たちは家に帰ってもテレビばかり見てるようです。本当に勉強をしたかったらテレビを見る時間を勉強に当てるはずであると。ちなみに1日にテレビを2時間見ると1年のうちの実質活動時間のうち2ヶ月を無駄にしてしまいます。つまり「本当は勉強したいのだけれど……」という人は口先だけで全く勉強に対する情熱がないということです。これは年齢に限りません。70歳以上であろうと10歳であろうと関係ありません。70歳の人が勉強すれば孫にその姿を見せて影響を与えることができますし起業する人もいます。10歳に限ってはいうまでもありませんね。

     

     

    このような今やる気のない人たちでもタイミングさえ掴めば勉強ができるというのです。勉強したいと思える瞬間は誰にでもあります。そこで実際に勉強する人だけが勉強の習慣づけができるのです。たとえば海外映画を見て英語を話せるようになりたい、受験の偏差値ランキングを見て上位校に受かりたい、年収をアップさせたいなど何でも良いです。こう感じた瞬間が勉強をするタイミングです。勉強したいと思ったらすぐに計画を立てて勉強に取り組みます。この際将来の自分の姿を想像するとモチベーションを維持できて尚良いです。

     

     

    ・継続は力なり
    三流大学だから勉強しても仕方が無いと思って諦めていませんか?
    確かに高校時代に勉強すると評価されやすい社会であることは確かです。しかし実は一流大学を出てその後全く勉強しない人と三流大学を出てその後勉強を継続的にやり続けた人では後者の方が圧倒的勝利です。学歴がないからといって諦めてしまったら終わりです。たたき上げの人がいるように学歴がなくても逆転できる世の中になってきています。

     

     

    以前和田秀樹さんの本をもとに東大合格の勉強時間を書きましたが(参考:休むときは休む!)1500時間だそうです。これは少なすぎだとしても……そうですねぇ4倍の6000時間としましょう。これ以降まったく勉強しない人は勉強時間が6000時間で止まってしまうことになります。では、これから平日3時間、休日5時間勉強するとどうなるでしょうか。

    1週間で 3時間×5日 + 5時間×2日 = 25時間 (相当少ない気がします)
    1月で  25時間×4週 = 100時間 (うーんまだまだ遠い……)
    1年で  100時間×12ヶ月 = 1200時間 (なんとか見えてきた)
    5年で  1200時間×5年 = 6000時間 (追いついた!)
    10年で  6000時間×2 = 12000時間 (2倍の差がついた♪)
    20年で  12000時間×2 = 24000時間 (もはや比較にならないね)

    ここら辺でとめておきましょう(笑)
    お分かりになりましたでしょうか。今まで勉強しなくても今からはじめれば学歴の学力差なんて簡単に覆せます。受験生も継続は力なりの効果が分かったことでしょう。受験勉強をいかに早くはじめるかが重要なんです。当然大学に受かってから全く勉強しないという人はいないでしょうし、学歴の無い人が今まで全く勉強してこなかったという仮定もおかしいので上の表現に疑問を持つ人もいるとは思いますが、勉強を続けて何十年も経てばそんなのは誤差の範囲です。続けることの大事さを知ってもらいたいと思います。

     

     

    ・休憩の取り方
    集中力が途切れて勉強が嫌になったらすぐに休憩を取ってください。脳の中で「勉強=痛み」と関連付けられたらおしまいです。はじめのうちは15分勉強して45分休憩しても構いません。そこから徐々に勉強時間を増やしていきます。30分やったら30分休憩、60分やったら15分休憩というように。最終的には6時間くらいぶっつづけで集中できるようになるのが理想です。

     

     

    はじめは無理だと思っても何時間も休憩せずに勉強に没頭することは意外とできてしまうものです。今の私は8時間でも集中し続けることができます。飽きてきたら科目を変えたり場所を変えることも良いですね。

     

     

    ・自分を追い込まず計画性を重視する
    よく切羽詰ったほうが集中できるという人がいます。私もそうでした。ただし切羽詰まってからやると試験などの合格率は格段に下がりますし、目標と手段が入れ替わってしまう可能性もあります。目標と手段が入れ替わるとは、留学をするのにTOEFL・TOEICをとるときに点数をとることを目標としてしまい肝心の留学自体が失敗してしまうことです。これでは本末転倒です。また、この本には勉強に一番重要なのは勉強時間であると書いてあります。ですので時間を味方につけないこのやり方は得策ではないということです。

     

     

    確かに自分を追い込むとストレスも半端じゃないです。これは健康面で良くありません。さらに追い込んだ状態で受かったテストや資格って結構内容を忘れてしまうものです。健康面・知識面ともに自分のためを思うのであれば計画的におこない、自分を追い込むことをやめた方がよいかもしれません。どうしても追い込まれなければならない状況ではじめて追い込むようにした方が賢いですね。

     

     

    以上まとめました。私自身学ぶことも多かったですし、ここに書いてあることがみなさんの助けになれればなと思います。

     


     





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | ビジネス書 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/50
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    • ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
      あ (07/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (06/24)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (06/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (06/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (05/28)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (05/24)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      管理人 (05/03)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      響也 (05/03)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE