資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< SalesForce認定デベロッパー試験 独学合格 〜勉強時間:5時間〜 | main | 勉強は「量より質」? >>
Oracle Java SE Silver試験 独学1発合格 〜勉強時間:20時間〜
0
    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    今回はプログラミング言語であるJavaのスキル証明になる、オラクル社主催の認定試験に合格しました。ちなみに筆者はブロンズ試験を受けていません。シルバーからの受験となります。
    本試験はJavaプログラマーの他、ソースコードレビュー等行うSEの方にも有用な資格です。Javaの仕組みからエラーハンドリングの仕方まで幅広く学べるのが本試験の特徴です。

    ■試験結果
    勉強は平日1日1時間のペースで1ヶ月で合格しました。結果は合否ボーダーをかなり上回っての合格となりました。

    ・期間:1ヶ月(勉強時間20時間)
    ・費用:35,424円(受験料28,728円、参考書代等6,696円)
    ・得点:80%(63%以上で合格)

    ■計画
    まずは従来通り計画から入ります。
    インターネットで調べたところ、本試験はBronzeの発展版だということが分かりました。具体的には、Bronze試験範囲を深く掘り下げ、さらにエラーハンドリング等の新しい範囲が数章ほど加わります。そこで、Bronzeの勉強から開始し、最初の5日間でBronzeの範囲を終わらせ、残りをSilverの勉強に費やすことにしました。

    参考書・問題集については、同じシリーズでなく敢えて違う所のものを揃えました。なぜなら、同じシリーズだとBronze、Silverで重複して記載されている項目が存在する可能性が高いからです。

    本試験の参考書等には紫本、白本、黒本があります。
    これまでのベンダ試験では黒本にお世話になっていたのですが、今回はamazonのレビュー数の多かった紫本オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SEをBronze参考書、白本オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE スピードマスター問題集をSilver問題集、として採用しました。

    勉強計画をまとめると以下の通りです。

    ◎学習計画
    1.「オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SE」を5日間

    2.「オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE スピードマスター問題集 」を5日間

    3.1の復習を3日間

    4.2の復習を5日間

    5.総復習を2日間


    ■実行
    勉強はすべて通勤中の電車内で行ないました。
    Bronzeの参考書を最初から最後まで問題を解きながら読み通し、予定通り5日間で終わりました。
    次にSilverの問題集に取り掛かりましたが、分からない問題はすぐに答えを見ての繰り返しで5日ほどで終わりました。
    計画通りにもう一度Bronze参考書を解き終わり、Silver問題集を終わらせ、最後に不安な問題だけをやり直しました。
    特にイレギュラーはなく、計画通りに進めることができました。

    ■本試験
    試験会場は渋谷のテストセンターでした。試験開始の30分前に着くようにしましたが、雑居ビルの上の方の階で、探すのに結構苦労してしまい、結局試験15分前の到着となりました。
    本人確認を行ない、写真撮影が終わると試験会場に案内されました。試験時間は150分、問題数90問の長い試験です。

    試験が開始すると、問題集と全く同じ問題はほとんどありませんでしたが、アルゴリズム自体は同じような問題ばかりでした。時間のかかりそうな問題と分からない問題はチェックをつけて次に進み、分かる問題だけを解いていきました。90問は長く、集中力も途中で何度か途切れましたが、全問解いて見直しまで終わったところで90分経過していました。
    60分ほど残っていましたが、疲れたので途中退室をして試験会場を出ました。
    それから30分ほど経過したところでスマホに試験結果通知のメールが届きました。

    ■総評
    「プログラミングに資格は必要ない」と言う人もいますが、私はこの試験を受けたことでJavaの仕組みを理解でき、さらに普段使わないような機能についても触れることができたので良かったと思います。実務ではどうしても特定の機能に偏ってしまうため、体系的に学ぶことができないのが難点です。

    また、「プログラミング能力の向上に他人のソースコードを読むことが最も近道である」という人は多いです。本試験を受けただけでプログラミングを出来るようにはなりませんが、ソースコードを読めるようになります。そのため、プログラミング経験のない人にもおススメの資格です。




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 16:39 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    独学で、とありますが、勉強開始時はまったくの初心者だったんですか?
    | レオン | 2017/02/26 11:50 PM |
    コメントありがとうございます。

    そのような質問を今までにいくつかいただいてはおりますが、非常に回答が難しいのです。

    取りあえず質問に回答いたしますと、私は本資格を取得する以前にJavaを用いた実務には従事しておりませんでした。そういう意味ではJavaエンジニアとしては初心者であったといえます。
    しかし、プログラミング自体は全くの初心者とはいえず、オブジェクト指向などの基本的概念は身につけていましたし、シェルスクリプトなどのコードレビューも経験していました。

    私のプロフィールは下記のリンクから確認できます。
    http://katekyonet.com/teacher


    さて、はじめに回答が難しいと話しましたがここからその説明を。
    勉強には初心者かどうかという前提知識以外に、勉強習慣がついているか、自分なりの勉強方法を見つけ出しているか、が重要で、さらに国語力も関係してきます。これらの要素によって合格までの学習時間は大きく変動します。

    そうであれば勉強時間など載せる必要あるの? と反論がきそうですが、学習時間の目安を提供することには意味があると考えています。実際に、以前は本記事に勉強時間は載せておりませんでしたが、読者の方から勉強時間を掲載して欲しいと要望がありましたため、今に至る次第です。
    | 管理人 | 2017/02/27 11:23 AM |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/92
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (08/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      まめ (08/29)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      資格キラー (08/08)
    • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
      こなた (08/08)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      資格キラー (07/10)
    • 独学で意識すべき5つのこと
      ヨウスケ (07/09)
    • ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
      あ (07/08)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (06/24)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      初学者 (06/24)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE