資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
<< 参考書から? 問題集から? | main | 優秀な教師とその探し方 >>
就職活動における学歴・資格の重要性
0
    JUGEMテーマ:教育
    JUGEMテーマ:就職活動

    文部科学省および厚生労働省の発表によると、大学等(大学、短期大学、高等専門学校)卒業者の就職率は約95%である。しかし一般に言われている通り、学校の授業で学ぶことのほとんどは社会で役立つことはない。例えば、古典や漢文、生物で学んだことが直接会社で実用できることはまずない。特に大学では高度な数学や自然に関する定理、他国のマニアックな歴史について学ぶこともある。そこで「どうして勉強する必要があるのか?」と、疑問を持つ学生も少なくない。筆者自身、生徒から何度も同様の質問をされている。そこで今回は、就職活動における学歴・資格の重要性をテーマとする。

    ところで、学歴フィルター(一定レベル以上の大学に在籍しているか、という基準で採用・不採用を決めること)という言葉があるが実在するだろうか。
    答えは間違いなく「YES」だ。
    企業の採用においては、バックグラウンドが同じ人間を採用することによる企業文化の構築、真面目で学力の高い人材の確保等、様々な基準がある。中でも企業文化の構築は非常に重要で、採用後においても年功序列文化のある会社においては学歴により入社後の処遇が決まってしまうことは珍しくない。
    調べてみれば分かることだが大企業の上役は高学歴で占められていることが多い。自分の出身地と同じ芸能人や野球チームを応援するのと同じように、高学歴は高学歴に愛着を持つ。そのため、高学歴というバックグラウンドは採用時に優遇され、さらに社内でも上司に気に入られやすく出世しやすいのは必然だ。
    以前、Twitterで就活中の学生が出身大学を東京大学とFラン大学でそれぞれ登録したアカウントで企業説明会予約ページにログインし、説明会の予約状況をアップロードしたことがあった。その内容は、同じ企業で東大では予約が空席となっていたが、もう一方の大学では予約が満席になっていたのだ。
    その学生は、企業が学歴で差別していることを明らかにしようとしたわけだが、実際のネットでの反応は「学歴フィルターなんて常識だろ」、「大企業にFランで入ろうとすることが非常識」、「学生時代遊んできた奴と差が出て当然」等、厳しい批判が殺到した。

    このように学歴フィルターは存在する。ではなぜ企業は学歴を判断材料にするのだろうか。学校での能力と社会で求められる能力に乖離が生じていることは明らかだ。実際に仕事で使えない東大生も多い。それでも企業は学歴でフィルターをかけるし、親は子供に学歴を高めるための勉強を強いる。

    企業は採用での失敗を避ける手段として学歴フィルターを用いる理由については、経済学の「市場の失敗」を例に挙げて説明する。経済主体である企業は採用ミスによる市場での失敗を極力抑えたいと考えている。
    市場の失敗が生じる主なケースを以下に示す。
    • 不完全競争
    • 外部効果の存在
    • 公共財の存在
    • 費用逓減産業
    • 情報の不完全性

    今回はこの中でも「情報の不完全性」に焦点を当てて企業が学歴フィルターを設ける理由を考察する。

    情報の不完全性とは、経済主体が取引される財に関する全情報を持っていない状況である。就職活動に関して言えば、経済主体は求人者(企業)と求職者(学生、転職者)、取引される財は求職者本人となる。また、情報の不完全性には「性質に関するもの」と「行動に関するもの」があり、就職活動のような契約前(内定前)に情報の偏りが存在しうるものは性質に関する情報の非対称性という。そして情報の非対称性が存在する時、逆選択(アドバースセレクション)という現象が起こるとされている。

    逆選択とは、質の良い財よりも悪い財が多く市場に出回るようになる現象のことである。保険契約を例にとれば分かりやすいと思うが、不健康な人ほど保険契約をしたがり、逆に健康な人は保険に入りたがらない。就職活動においては、優秀でない求職者ばかりが世に多く出回るようになる。

    これでは企業は優秀な人材を確保することは難しい。そこで企業は以下の方法をとる。ちなみにこれらは一般的な逆選択の解消法として知られている。
    • 第三者の介入
    • 標準化
    • スクリーニング
    • シグナリング
    今回はこの中でもシグナリングについて考えてみる。

    シグナリングとは、情報を持っている主体(学生、転職者)が持っていない主体(企業)に対して自ら情報を発信することだ。この情報は客観的であればあるほど信頼性の高いものとなる。例えば「頑張って働きます!」「御社が大好きです!」と言ったとしても、企業としては本当に頑張ってくれるか、本当に好きなのか、は判断できない。一般的に求職者は内定を勝ち取るために事実を誇張し、時には嘘もつく。しかも最近は数多くの就活本が世に出回っているため、就活生のテクニックはどんどんレベルが上がってきている。面接官が就活生の嘘を見抜くのは昔と比べて難しくなっているのだ。

    その一方、学歴、資格は企業にとって客観的な判断材料となる。学歴が高ければ、学生時代に真面目に勉強してきた証となるため仕事を一生懸命することを期待できるし、学力が高いため業務上必要となる資格をすぐに取得してくれるだろう。業務に関連する資格を取得していれば業務に対する意欲、興味があることも分かる。
    つまり、シグナリングによって企業は自社にとっての優秀な人材を確保しやすくなるのだ。

    以上より、学歴や資格は就職活動において非常に有力な武器となる。勘違いしないでいただきたいのは、必ずしも学歴が高い人間が仕事が出来るというわけではない。あくまでも学歴は就職活動、すなわち契約前で役に立つものである。仕事が出来るかどうか、社員が怠けないかどうか、は別問題である。




    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 学歴と就職 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.katekyonet.com/trackback/99
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      資格キラー (01/06)
    • 不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      テラゲン生きる。 (01/06)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      資格キラー (12/10)
    • 手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
      資格キラー (12/07)
    • 手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
      あい (12/06)
    • ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
      素晴らしい (11/02)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      資格キラー (10/31)
    • マイナンバー実務検定1級・2級 独学1発合格 〜勉強時間:15時間 実務経験無し〜
      さくら (10/30)
    • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
      通りすがり (10/25)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    当サイトはリンクフリーです。
    + PROFILE