資格キラーのブログ

教育コンサルタントが効率的な勉強法で狙った資格を独学で取得し、受験体験記、学習に役立つ情報を順次発信します。
スカイプによる指導をご希望の方、その他問い合わせは、当サイトリンク先「スカイプ家庭教師」よりお問合せください。
独学したい人必見! 独学成功の『3つの秘訣』
0

    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

    JUGEMテーマ:大学受験

    JUGEMテーマ:参考書

     

     

    最近「勉強時間は嘘だろ!」とか「アフィリ目的乙」といった苦情らしき問い合わせ、コメントが寄せられることが多くなってきました。弊ブログがそれなりに影響力が出てきたというのは喜ばしいことではありますが、やはり事実に対して疑われるのは気分が良いものではありません。ということで、今回は私がどのように独学しているかを公開することで透明性を確保し、少しでも疑い(?)を晴らしたいと考えて執筆に至りました。


    まず、皆さんに理解していただきたいことは、概して通学より独学の方が短期間で合格できるということです。つまり、資格学校を利用すると勉強時間は必然的に長くなりますので、例えば応用情報技術者の合格までの平均勉強時間が数百時間という情報が世に出回ることになります。独学が通学と比べて効率化できる理由については以前の記事で紹介したのでご参照いただくか、「24週間で独学合格!公認会計士試験マル秘学習法」を読んでいただければなと。
    この書籍の筆者は公認会計士試験に1,000時間以内で合格しております。勉強時間が減る理由については私のブログよりも丁寧に説明されているので、ご一読をおススメします。


    さて、早速私がどのように独学しているのかを紹介していきたいと思います。ポイントは「可視化、優先付け、スケジュール管理」です。

     

     

    ■可視化
    試験を受けると決めて最初に実施することは作業全体の洗い出しです。こと受験に関しては試験範囲の特定および使用教材の列挙をこの段階で決定します。この可視化をせずに教材が終わる都度、追加購入してしまうと合格までの学習量の全体像が見えないため、学習意欲の低下を招きます。その結果、挫折するリスクが高くなってしまいます。


    この可視化作業は受験経験者からのヒアリングやインターネット情報などを参考に決定します。身近に受験経験者がいて、尚且つあなた自身の実力や性格を良く知っている人がいれば問題はありませんが、インターネット情報を参考にする際には注意が必要です。なぜならば、ネット上の情報というのは万人に有効ではない場合があるからです。例えば、当ブログはある程度試験慣れしている方々を対象にしているため、受験経験が少ない方にとっては有用ではない可能性も高いということになります。


    可視化ではこれらのことを踏まえて、自身にあった教材を取捨選択するところがポイントになります。
    基本的にこの段階で決定したものは変えてはいけません。学習を進めるうちに当初予定した教材だけでは不足だと気がつくことはありまして、その際には教材を増やすという選択も出てくるわけですが、極力そういったことを防ぐことが最短合格につながります。


    PDCAサイクルではプラン(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Action)を回すとのことですが、改善の必要がなければプランを立て直すこともありません。もっと言えば、チェックすらも本来省きたいところです。つまり、一度プランを立てたら実行のみすることが最効率となるわけです。

     

     

    ■優先付け
    可視化を終えたら次は手を付ける教材(テキスト・問題集・過去問)の順番を決定します。この優先付けは挫折率を低下させ、高効率な学習を可能にしてくれます。例えば、得意分野と苦手分野を交互にすることで飽きを排除したり、暗記科目を試験直前に持っていくことで復習の回数を減らすなどです。


    また、教材の取り組み順序は、参考書を読むことから始めるのではなくいきなり問題を解くことを推奨します。学校の勉強に慣れている人は、参考書からはじめる傾向にあるように思えます。しかし、その方法は本当に効率的でしょうか? 説明を聞いて、すぐに問題を解けたことはあるでしょうか? 一部の天才や自分の得意分野においては参考書を読んだだけで問題が解けるようになりますが、一般的には問題を解きながら学ぶ方がはるかに効率的です。


    過去問の着手タイミングに関しては賛否両論ありますが、可能であれば過去問ははじめに着手するのが理想です。試験まで十分に時間があったり、解説を読んでも全く理解できない場合に限り、問題集から開始しても良いのではないでしょうか。実際に私自身、中小企業診断士試験までは8ヶ月ほどあったので問題集から開始し、行政書士試験の時は試験日まで一ヶ月しかなかったので過去問から開始しました。
    過去問は出題傾向の確認と、現在の自身の実力を知ることに大いに役立ちます。
    少し話がビジネスの話にそれますが、一般的に問題解決のプロセスは、まずゴールを知り、次に現状を知り、最後にゴールと現状の間を埋めることになります。受験ではゴールは合格に対応します。


    基本的には「過去問→問題集→テキスト」の順番を意識し、適切な優先付けのもとで次のスケジュール管理に進むのが良いでしょう。

     

     

    ■スケジュール管理
    最後にこれまで検討したものをスケジュールに落とし込みます。優先付けまでの段階では、立てた計画通りに学習を進めて試験日まで間に合うかどうかは分かりません。絵に描いた餅を実際に食べられるようにするのがスケジュール化の目的のひとつです。


    スケジュールにおいては各教材を「何日間で終わらせるか」でとどまらず「何月何日から開始して何月何日に終えるのか」まで検討します。ここでのコツは、複数教材を並行して進めるのではなく、ひとつの教材をやり切ってから次の教材に進む計画を立てるのが良いでしょう。学習においてモチベーション維持は非常に重要なので、教材が中々終わらないと途中で勉強を投げ出したくなってきます。ひとつでも教材を終えると達成感を得られるとともに一冊やり切ったという事実が自信につながります。


    次に教材の進め方です。
    ひとつの教材を章ごとに区切って各章を完璧にしてから次の章へ進むという方法をとっている人が多いように見受けられます。おそらく、学校の授業の仕方が関係しているのだと思います。学校では単元ずつ定期テストを実施し、間違ったところをすべて復習し、完璧にした後で次の単元へ進みます。この方法が頗る悪い。なぜならば、合格のためには満点を取る必要はなく――試験にもよりますが――大体6割〜8割が合格ラインです。つまり、苦手分野をすべて潰す必要はなく、その分得意分野を伸ばすことに注力した方が良い場合が多いのです。合格ラインが6割〜8割ということは、80%以上の理解は、こと試験合格を目的とした際には不要となります。資格学校が豪語している平均勉強時間はほぼ確実に合格できるまでのものであり、ギリギリ合格を目指す独学には当てはまらないということです。


    さらに、各分野は相互に絡み合っていることが多々あります。中等教育に例えれば、三角比は三角関数を理解していた方が学びやすいですし、単振動は微分を使った方が本質を捉えられます。
    まずはひとつの教材をとりあえず全て終わらせてしまいましょう。分からないところは無理に理解せずに、ひとまず暗記で対応してしまっても構いません。


    スケジュール管理は手帳で管理してもExcelで管理しても独自のデータベースシステムで管理(ここまでやる人がいたら尊敬しますが)しても構いません。ただし、必ず予定と実績が比較できるように管理してください。予定よりも大幅に遅れた場合は何かしらの改善アクションが必要になります。遅れたことに気が付かずにズルズル日が過ぎ、もう試験日までどうしようもなくなった、という事態は避けねばなりません。スケジュールを前倒しで進められれば予定と実績のチェックが減るのでより時短になります。


    スケジュール管理は期限まで設定し、教材はひとつひとつ終わらせるようにすると良いでしょう。

     

     

    ■まとめ
    以上長々と説明してきましたが、本記事で言いたいことは大きく2つで「過去問→問題集→テキストの順に着手する」「独学は通学よりも効率的」ということです。

    特にブログでコメント欄が荒れているITストラテジストについて一言書かせてもらうと、合格までの勉強時間と試験難易度は比例しないことをご理解いただきたい。ITストラテジストは間違いなく難関試験です。しかし、勉強する内容は極端に少なく、それよりも発想力や論文能力が試されるため何千時間費やしても受からない人はいらっしゃるでしょう。

     

    記事が長くなったのでまとめはこのくらいにしておきます。何かコメントがあれば遠慮なくお願いします。





    本ブログはランキングに参加しています。
    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ




    | katekyonet | 資格勉強 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    世界遺産検定 〜最短合格勉強法〜
    0
      JUGEMテーマ:検定試験にむけて
      JUGEMテーマ:世界遺産(国内)
      JUGEMテーマ:世界遺産(海外)
      JUGEMテーマ:総合世界遺産


      ■世界遺産検定とは?

      最近話題になってる世界遺産。
      観光地として有名な自由の女神やフランスのヴェルサイユ宮殿、エジプトのピラミッドは全て世界遺産に登録されています。この世界遺産には日本からも登録されていて、2014年には群馬の富岡製糸場、続く翌年の2015年には明治日本の産業遺産群が登録されました。これらは、国内からだけでなく世界からも評価されている建造物です。このように世界的に価値があると判断された遺産を世界遺産といいます。

      世界遺産検定とは、人類共通の財産である世界遺産についての知識を学び、社会へ貢献する試験です。近年では趣味による取得の他、旅行業界で評価される資格になっています。




      ■世界遺産検定って難しいの?

      世界遺産検定には、1級〜4級のマークシート式試験に加えて、さらに1級の上に君臨する論述式のマイスター試験の5ランクに分けられています。1級以上はいきなり受験することができず、必ず2級以下から受ける必要があります。

      本題の世界遺産検定の難易度についてですが、級ごとに大きく異なります。
      同じ資格内で比較すれば、マイスターは難、1級はやや難、2級はやや易、3級と4級は易、といったところでしょうか。他の資格と比べれば、最上級のマイスターでもそこまで大変ではないので誰でも狙えるレベルにあるといえます。


      ■世界遺産検定を取得する

      このサイトをご覧になっている方は、おそらく大半が世界遺産検定を受けたことがない人だと思われます。世界遺産検定をはじめて受験しようと考える人のほとんどは3級から受験することになりますので、3級に絞って記事を記載していきます。
      もし、いきなり2級からの受験を考えているのであれば、2級の勉強法が記載されている「世界遺産検定2級 独学一発合格」をご覧ください。

      世界遺産検定3級はすべての級の中で最も受験者数が多く、全受験生の半分弱を占めています。3級の合格率は大体75%〜80%で推移しており、4人か5人に1人は落ちている試験ですが、決して難しい試験ではなく普通に勉強すれば100%受かる試験です。

      全く勉強しなかった人を除いた不合格になる人を分析したところ、「世界の遺産」を中心に学習していることが分かります。やはり、世界遺産検定の勉強で一番楽しい分野は世界の遺産であり、何も調査をせずに受験する人はここに偏って勉強してしまうようです。
      ですが、最も出題されるのは「基礎知識」。この分野は、お世辞でも楽しく勉強できるところではなく、多くの受験生が避けたいと考えているはずです。次に出題されるのは「日本の遺産」で、本試験では細かいところまで問われるので学習が少し大変です。しかし、基礎知識および日本の遺産を制してしまえば合格は目前です。その理由を説明するために出題傾向を分析してみます。


      ■出題傾向

      世界遺産検定3級の出題傾向は公式ホームページ(文部科学省後援 世界遺産検定)に載っています。以下抜粋します。

      分野 配点
      基礎知識 25%
      日本の遺産 30%
      世界の遺産 40%
      その他 5%

      これを見ると「基礎知識」と「日本の遺産」だけで全配点の55%を占めており、出題内容が随分と偏っていることが分かります。仮にこの2分野で50%取得してしまえば合格点が60%以上なので、「世界の遺産」および「その他」についてはマークシート運に頼っても十分受かることができます。

      次に、基礎知識と日本の遺産を完璧に仕上げるためにどのくらい時間がかかるのかを判断するために、世界遺産検定の公式テキストの各分野のボリュームを確認しました。
       
      分野 ページ数
      基礎知識 14ページ
      日本の遺産 20ページ
      世界の遺産 110ページ
      その他 (記載なし)


      分野別記載ページ数を見てみると、これまた大きな偏りがあります。
      「その他」に関しては日頃のニュース等、テキスト外から出題されますので「記載なし」としています。

      最後に、配点を記載ページ数で割ることで、公式テキスト1ページ当たりの配点を求めてみます。
      分野 ページ当たり配点
      基礎知識 1.79点
      日本の遺産 1.50点
      世界の遺産 0.36点
      その他 (不明)


      上表を確認すると「世界の遺産」を学習することのコスパの悪さがお分かりいただけると思います。公式テキストの約150ページ中110ページをも占めている「世界の遺産」を全く勉強せず、逆に残りの40ページさえ学習すれば確実に50%は確保できます。あとはマークシート式試験なので、適当に答えても10%は取得できるので合格できることになります。

      さらに、過去問を確認すると分かるのですが「世界遺産委員会の開催国」も出題される可能性が高いため、受験前には必ず確認してください。


      ◎世界遺産検定3級最短合格のためのアプリ

      基礎知識と日本の遺産については細かい知識まで、世界の遺産については重要な遺産だけ、を収録しています。過去問で頻出の世界遺産委員会の開催国も出題されます。勉強時間を大幅に短縮したい人は、世界の遺産は確認程度にとどめ、基礎知識と日本の遺産だけを完璧にしてください。
      以下のリンクからGoogle Play Storeにアクセスできます。

      最短合格!世界遺産検定3級 Lite


      上記のアプリを使えば間違いなく合格できるでしょう。世界の遺産まですべて暗記すれば、まず落ちることはないと思われます。しかし、世界遺産をシッカリと学びたい人は公式テキストを読み込んで、実際の過去問を解くことも実践していただきたいと思います。

       




      本ブログはランキングに参加しています。
      応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
      にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



      | katekyonet | 資格勉強 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      不合格はチャンス? 試験に不合格になったときに読んでもらいたい記事
      0

        JUGEMテーマ:教育

        JUGEMテーマ:検定試験にむけて

        JUGEMテーマ:大学受験

         

         

        試験に不合格になったことは失敗でもなんでもありません。試験に受験しなかった、すなわち挑戦しなかったことこそが失敗です。なので、不合格になったことを後ろ向きに捉えてはいけません。人生を成功に導くには不合格のような失敗を経験することは不可欠なのですから。

         

        ……いきなり講釈垂れてしまい失礼いたしました。では、なぜ冒頭でいきなりこんなことを言ったかというと、本記事に辿り着いた方々はおそらく何かしらの試験に不合格になってしまったのだと推察しております。
        不合格になってからの立ち直り方を探し回っている人、心の拠り所を探している人、同じような気分を共有したい人…… 他にも様々だと思われます。


        試験の不合格の理由は何も実力不足だけではありません。試験によっては明らかに実力が上回っていても運で落ちてしまうこともあります。何年も不合格になったからといって自信を失う必要は全くありません。


        また、試験に不合格にならないということは、実力以上の試験を受けていないということでもあります。筆者の場合は、勝率が六割超えたら受験してしまうようにしています。そうなると必然と不合格を経験することになります。確かに合格は素晴らしいことですが、不合格になることで得られるメリットも多い。そこで本記事では不合格になったからこそ得られるメリットについて考えていこうと思います。

         

         

        ■不合格を克服することで精神力が鍛えられる

         

        試験に落ちると大きく落ち込む人がほとんどです。不合格経験が少ない人ほどその傾向が強いように思えます。特に、難関大学受験生や難関資格試験の場合は、そのために何年も学習してきて、たった一回の試験結果でもう一年受験しなければならないのは相当精神的にツライ。


        筆者も何度も不合格を経験してきましたが――今でこそ不合格にめげることはありませんが――初めて不合格になった時は、真剣に自己嫌悪に陥ったこともありました。落ち込まないということは、逆に本気で打ち込んでいなかったという裏返しでもあります。人間はこのツライ失敗というものを経験しなければ大きく成長することは難しいでしょう。


        もし、それを克服することができれば大きく成長できます。挫折してこなかった人間よりも挫折を経験した人間の方がその後の人生において成功する確率が高いようです。それは、挫折を乗り切ったことで精神力が鍛えられ、そこで学んだことがその後に活かされるからでしょう。


        大きく落ち込んだ時に、それを糧として成長に結びつけられる。そのような精神力は失敗したからこそ学べることです。

         

         

        ■誤った勉強法を改善できる


        不合格になった場合は、まず勉強法に問題がある可能性を疑うべきでしょう。
        人生は学習の連続です。たまたま運良く合格して、その勉強法を正しいと思いこんでしまうのが一番怖い。間違った勉強法が一度身についてしまうと、改善するのが難しく、その後の人生においてロスが非常に大きくなってしまいます。不合格になることによって自身の勉強法のどこが間違っていたのかを反省する機会を得られるというのは大きなメリットではないでしょうか。


        それではどうやって勉強法を改善するのか。
        一般的な試験では不合格者にも分野ごとの得点が通知されます。そこでどの分野が足を引っ張っていたのか、そこから自分の弱点を知り、勉強時間の配分に問題がなかったか、暗記すべきではないところを暗記してはいなかったか等、様々なフィードバックを得られると思います。


        特に勉強慣れしていない方は、得意分野に注力してしまい時間配分や出題傾向を考えずに挑んでしまう傾向にあるように思えます。自分よがりな学習をしていてはいつまでたっても試験に強くなれません。敵を知り己を知れば百戦危うからず、という格言通り、まずは敵すなわち試験を知ることが第一なのです。


        勉強法というものは一朝一夕で完成するものではありません。何度も失敗して、改善して、その繰り返しの結果、完成するものです。不合格になってしまった場合は、是非とも勉強法の見直しをしてみてください。

         

         

        ■確かな知識をつけることができるチャンス


        不合格になったことによって、再びその試験に向き合えることになります。一度覚えたものを再び覚え直すのは無駄なような気もします。が、見方を変えると、覚え直すという作業が入った時点でその記憶は不確かなものだったとも考えられます。


        多くの受験生にとって試験合格は目的になり得ません。試験で学んだことを応用して価値創造に向けて発信していくことになります。それがビジネス実務だったり、研究だったりするわけで、つまり試験は過程でしかないということです。
        たとえ何年も不合格になったとしても、それまでに続けてきた学習は必ず知識として長期記憶に遷移しています。何度もそれを繰り返すことで、ほとんど勉強しなくても受かるレベルに達することでしょう。試験の内容を息を吐くように思い出せてこそ、真に実用的な知識であると言えます。


        試験に不合格になっても将来的に成功すれば良いのです。高々一年、二年程度、長い人生の何十分の一でしかありません。不合格になった時は、知識基盤を確実にするチャンスに恵まれたと考えてみたらいかがでしょうか。

         

         

        ■まとめ


        「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」という言葉があります。人間は誰しも初めは愚者です。生まれてからいきなり賢者なんて人はまずいません。残念ながら人間とはそういう生き物です。失敗を何度も繰り返して徐々に賢者に近づいていくことになります。

         

        試験なんてのは過程でしかありません。その試験を通じて何を得たかが一番重要です。試験に不合格になったとしても、それを自己成長につなげていただければと思います。




        本ブログはランキングに参加しています。
        応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
        にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



        | katekyonet | 受験 | 20:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        手遅れになってからでは遅い! 後悔しない生き方をするために今やるべきこと
        0

          JUGEMテーマ:教育

          JUGEMテーマ:ビジネス

          JUGEMテーマ:就職活動

           

           

          「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?」
          ―スティーブ・ジョブズ

           

          この質問に何日もNOが続くようなら考え方を改めるべきだ、とスティーブ・ジョブズは言いました。もしあなたがこの問いかけに対して自信をもってYESと答えられたとしたら継続するのみです。しかし、YESと答えたとしても本当にそれが本心かどうかを過去の自分を振り返ってもう一度考えていただきたい。就職する前に抱いていた野望や大学時代の将来の夢――社会に出る直前の当時に考えていたことを実現する途上に現在の自分の姿があるでしょうか?

           

          明るい未来への期待に溢れていた新卒時代。やりたいことがあって、将来達成したい大きな夢があったにも関わらず、いつの間にか淡々と日々をこなすように。数年間も会社に所属していると与えられた仕事だけをこなすだけになってしまい、次第に自分の目標を見失ってしまう。そして、いつの間にか自分の目標が会社に居続けることに寄り添ったものになってしまった。これがいわゆる会社洗脳です。

           

          会社洗脳は、その間はあたかもやりがいを感じているように錯覚しますが、40歳、50歳、そして60歳の定年を迎える頃になって解けた時に非常に後悔するという実体験をされている人が多いと聞きます。
          本記事は、そのような環境に流されて後悔しない生き方をするためにはどうすれば良いのかという趣旨の下、主にこれから就職しようとしている学生、そして新卒社会人に向けて書かれたものです。が、現在社会に出られている方にもご一読いただければ幸いでございます。

           


          ■信念を持つことの大切さ


          何よりも初めに、自分が将来実現したいことを軸にした自身の信念を持つことが大切です。日々の業務をしていると、目の前のことだけを考えてしまって、いつの間にか自分のやりがいを忘れてしまうことがあります。また、それなりに給料を貰っていると、やりたいことを実現しなくても十分生活できるからいいだろう、と安定思考に陥ってしまう可能性も高い。

           

          社会に出ると様々な環境に触れて、自身の信念が埋もれてしまうことがあります。そんな環境下でも信念を持ち続けるためには、会社勤めの中でも自分のポジションを逐一確認すると良いです。具体的には、退職の時にどの部署のどの地位で辞めたいのかを明確にしておくこと、そして今現在の自分のポジションが会社全体のどの部分に位置するかを常に意識しておきます。退職時のポジションになるために各年齢でどのポジションになっていなければならないかを逆算し、現在のポジションがそのポジションに達しているかを確認することで、目標と現状の認識ができるため信念を忘れてしまうリスクを軽減できるでしょう。

           

          他の手段として社外交流を深めるのも良いでしょう。社外のセミナーや勉強会に参加したり、志の高い仲間との付き合いを多くすることで外部からの刺激を受けることができます。

           

          人間は変わらない環境にいると思考停止に陥りやすいので要注意です。信念を持つためには自ら積極的にアクションを起こす必要があります。

           


          ■目の前の仕事をキッチリこなす


          自分の目標に向かって最短距離を辿ることが理想ですが現実はそう容易ではありません。これは企業に属している場合のみならず、自分でビジネスをしていても同様です。お金を貰っている以上は自分がやりたくないことをやらなければならない状況は必ず訪れるでしょう。嫌なことがあって逃げたくなることもあるかと思います。しかし、そこで逃げてしまうと成長する機会を失うことになっ

          てしまいます。

           

          自分がやりたいことはお金を貰わなくても続けることができる一方で、やりたくないことは自発的にやりたいとは思わないのが普通です。しかし、そのようなやりたくもない仕事から自分のが将来やりたいことへの気づきを得られることも多い。例えば、初めは金欲しさではじめたレストランのアルバイトがキッカケで接客を楽しいと知ったり、学校の授業でプログラミングを学んでIT全般に興味をもったりする事例は多いようです。つまり、やりたくない仕事が割り振られたということはお金を貰えて適性を測れる、そして成長する機会を与えられたチャンスだとも考えられます。

           

          また、目の前の仕事をキッチリとこなしていくことで自分のスキルが周囲に認めてもらえます。その結果、希望した部署に異動させてもらえたり、大幅に裁量を与えられることもあります。そうなれば自分の目標に大きく近づけることになるでしょう。

           

          仕事を一度やると決めたら、やりきるまで決して降りない。一見すると自身の目標への遠回りのようにも思えますが、その姿勢が自己実現に結びつくことになるのです。

           


          ■人の言葉を真摯に実行する


          人間は主観でしか物事を判断できません。そこで客観的に見てくれている他人の意見を聞ける機会はとても貴重です。自分では正しいと思っていても大多数から見て間違っている、というのは良くあること。なので、他の人の言葉を真摯に受け止めて実行することで自分の弱みを克服し、強みを認識することができます。

           

          ただし、ここで注意しなければいけないのは全部丸ごと聞き入れてはいけないということです。全ての人の意見を受け入れてしまうと何でも人の言う通りに実行するような、いわゆる優柔不断な人間になってしまいます。このような状態を以前テレビにて東進の林修先生が「ロバの親子症候群」と揶揄しておりました。これはイソップ物語の「ロバの親子」という話からの教訓です。簡単に説明すると、主体的に考えずに他人の話に流されてばかりだと最終的に不幸になる、という教えです。

           

          特に、自分のことを良く知っている人からの意見は慎重に聞くべきです。周りに流されそうになった時に軌道修正してくれることもあるかと思います。

           

          何でも意見を取り入れるのではなく、自分の信念が軸にあり、その上で他者の意見を受け入れるのが良いでしょう。

           


          ■まとめ


          後悔しない生き方をするためには環境に流されてはいけません。そのためには、信念をシッカリと持ち、目の前の仕事をキッチリとこなすことで自分のできることの幅を広げ、他人の言葉を真摯に受けとめて実行することで自分の強みと弱みを把握しながら軌道修正をしていくことが必要です。

           

          もしも、時間があるなら内永ゆり子さんの書籍「部下を好きになってください」を読んでみてください。女性でありながらIBMの役員まで上り詰めた方が、自身の出世体験談を綴った内容となっております。本書は女性が社会で活躍するための方法論が書かれていますが、その内容は男性にとっても非常に役立つものとなっております。特に、本記事での会社でのポジションを逐一確認する方法や、目の前の仕事をキッチリとこなすというのは本書から学んだ内容です。

           

          やりたいことができる人生。それは理想でも何でもありません。自身の心の持ち方次第で何とでもできるのです。変わらない日常が続くと感じたなら、逐一冒頭のスティーブ・ジョブズの言葉を問いかけてみてください。
           




          本ブログはランキングに参加しています。
          応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
          にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



          | katekyonet | ビジネス書 | 12:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          ITストラテジスト 独学1発合格 〜勉強時間:12時間 実務経験無し〜
          0
            JUGEMテーマ:検定試験にむけて


            先日、高度情報区分のITストラテジストに合格しましたので、いつも通り合格体験記を書いていきます。
            ちなみに筆者はITストラテジストの実務経験はなく、また他の高度区分を取得していません。ITストラテジストが初の高度情報取得となります。
            今回の秋試験は、元々情報セキュリティスペシャリストかネットワークスペシャリストを受けるつもりでしたが、忙しい時期にあり勉強時間が確保できない恐れがあったので、知識問題の少ないITストラテジスト試験を受けることにしました。予想通り、試験前はほとんど勉強できず、勉強時間は累計で12時間しか確保できませんでした。が、結果は合格。記念受験のつもりで受けたので合格したときは目を疑いました。
            なお、関連資格の中小企業診断士試験に関して興味のある方は以下のリンクをご覧ください。試験範囲が類似しているため、同時に受験するとシナジー効果が得られます。

            中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜


            ■概要
            本試験は、IPAの公式ページによると以下のように定義されています。

            高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者。また、組込みシステムの企画及び開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する者


            まぁ小難しく書かれていますが簡単にいうと、企業の経営層に対してITを活用した利益増加や業務改善を提案したりするのが役割ってことですね。CTOとかCIOとかをイメージすると良いかと。試験を受ける際にも、常に経営層に提案するつもりで答案を作ることを心がけることが重要になります。

            また、ITストラテジスト試験の難易度についてですが「ITストラテジスト 難易度」とかで出てきたサイトをみると必ずといっていいほど最高ランクに位置しています。弁護士や公認会計士とならんで表示されることも少なくありません。確かに非常に難しい試験ではありますが、弁護士や公認会計士と比べて私生活を犠牲にするような膨大な勉強量の必要な試験ではないため、誰でも合格できる試験ですので、ぜひとも驚異的な難易度に尻込みせずに挑戦してもらいたいと思います。現に筆者は実務経験がなく、さほど勉強せずとも合格できましたので。

            次に試験方式ですが、4段階選抜方式となっています。
            他の高度区分を受験している方々には説明の必要ないと思いますが一応説明すると「午前1」「午前2」「午後1」「午後2」の4科目を受けることになります。午前1と午前2はマークシート方式、午後1は記述方式、そしてITストラテジスト試験では午後2は論文試験となります。以下順に詳細を説明します。

            【午前1】マークシート形式
            午前1は主にITに関する基礎知識が出題されます。過去2年以内に応用情報技術者に合格、もしくは過去2年以内に他の高度情報区分の午前1試験を合格していると免除になります。ITストラテジストにおいては例年受験生の6割ほどが免除するようです。ただし、ITストラテジストは広い知識を必要とされる業務のため、ITストラテジスト試験に合格できるレベルにある人はたとえ試験免除がなくても無勉強でここはパスできると思います。そうはいってもここで落ちると不合格になってしまうので少しでも対策をしておくのが賢明でしょう。

            【午前2】マークシート形式
            午前1と比べて範囲が狭まり、狭く深く問われる科目です。特にITストラテジストでは、マネジメント系とストラテジ系の問題が多く出題される一方、ネットワークやデータベースなどはほとんど出題されません。他の高度区分と比べて計算問題は比較的少なく、用語の確認が多いイメージです。問題数が少なく小さいミスが大きく影響します。また、気をつける点としては技術系の内容があまり出題されないため、IT系業界の方には無勉強は多少つらいかもしれません。例年2割ほどの受験生がここで足切りを食らっています。

            【午後1】記述形式
            ここからがITストラテジスト試験の本番、そして知識問題がほとんどなくなります。問題文を適切に読解し、問われている内容を本文から忠実に解答していくことになります。知識を吐き出すというよりも、文章を理解する国語力が必要になってくるため、一朝一夕で対応することは難しく、逆に国語が得意な人であればほとんど勉強しなくてもパスできるため、勉強時間を減らして合格できるところでもあります。例年4割ほどの受験生がここで足切りをくらうようです。

            【午後2】論文形式
            ITストラテジストの最難関。いくら勉強しても受からない人がいるのは午後2が原因であると考えてまず間違いないでしょう。午後1をクリアしてきた受験生の中での勝負になるため、ハイレベルな争いとなります。当日の試験では原稿用紙を渡されて、自分で内容を構成して1からすべて記入することになります。試験時間は120分と長く、構成を練った後は試験時間終了まで、ひたすら書き続けることになります。試験自体の時間は長いのですが解答に要する時間が非常に少なく、論文ネタの事前準備が必要な科目です。


            ■試験結果
            ・期間:7日(勉強時間 12 時間)
            ・費用:18,708円(受験料5,100円、参考書代等13,608円)
            ・得点
            午前1:免除
            午前2:84点(100点満点中60点以上で合格)
            午後1:74点(100点満点中60点以上で合格)
            午後2:A(A評価で合格)

            合格基準は午前、午後ともに60点以上となっていますが、午後1と午後2については合格率調整が入っているものと思われます。毎年合格率が15%ほどになっているのをみると、大体その前後になるように調節されていると考えるのが妥当です。つまり、全受験生の上位15%に入ることが目標になります。


            ■計画
            まずはインターネットでの情報集めです。
            受験の申し込みをしてから、やはり勉強時間がほとんど確保できない状況になりましたので、テキストや問題集をひとつひとつ完璧にするのではなく、複数の書籍を流し読みをして試験に備えるようにしました。この方法は一般的な試験ではNGなのですが、このITストラテジスト試験では有効です。なぜならば、暗記する内容が極端に少ないため1冊をとことんやり込む必要がなく、色々な合格者の論文を数多く読むことで合格レベルの答案の書き方を学ぶことで、試験の感覚をつかむことができるからです。

            購入する書籍は過去問を2冊、その他には午前用の知識まとめに1つ、そして午後2の論文用に1つ購入することにしました。
            過去問については、iTec社の「徹底解説ITストラテジスト本試験問題」と「ITストラテジスト 専門知識+午後問題の重点対策」を購入することにしました。これはどちらかに絞っても良いと思いますが、高々数千円ケチることで1年無駄にしたくなかったため、念のため両方買うことにしました。

            そして午前2用に「ITストラテジの基礎」を1冊購入。午前1から受験する人は、念のため午前対策用書籍を1冊終わらせておくと良いと思います。そして一番力を入れるべき論文用に「ITストラテジスト 合格論文事例集」を採用しました。この本にした理由は、豊富な論文事例とともに、口コミ評価が高かったからです。

            試験準備は試験日直前の1週間前から。他にやることがあったため非常に大変でしたが、時間を見つけて何とか12時間確保することができました。


            ■実行
            まずは午前の基礎知識から。書籍を開いて中を読むと、初見で解ける問題だらけ。筆者は中小企業診断士の対策講師をしていることもあり、経営系の用語には日頃から触れる機会が多いため、1時間ほどかけて半分ほど読み進めたところで十分だと判断し、午後1に進むことにしました。経営系の試験を受験したことのない人はこの1冊をしっかりと終わらせたほうが良いと思いますが、特に中小企業診断士や公認会計士の受験経験者は午前はサラッと確認するだけで良いかと思います。

            次に午後1に進みました。
            初めに過去問を開いて思ったのは……中小企業診断士二次試験と同じ。試しに問題を解いたところ、これも午前同様ほとんど解けました。一応過去問に載っている3年分だけは終わらせましたが、特に実際に時間を計測して解くということはせずに電車の中などの隙間時間を使いました。過去問は2冊購入していたので、1つの問題に対して2冊分それぞれの解説を読みながら進めました。
            午後1は、4つの選択問題から2つを解く形式なのですが、第4問目は組み込み系の問題となっています。そのためか、組み込み系をやったことがない受験生はそれを敬遠するようですが、午後1に関して言えばそれは得策ではありません。午後1は国語の試験です。必ず文中に解答の根拠があるので、組み込み系だろうがシステム開発系だろうが解き方は変らないため、本番は4つの問題をすべて吟味してから選択することをおススメします。
            なお、試験時間は90分ですので、1問あたり45分で解くことを目安にすると良いでしょう。本番では、たとえ1問目を解答中でも45分経過したら次の問題に移るようにすべきです。
            なお、国語試験に自信がないという人に筆者がおススメする午後1対策は中小企業診断士二次試験対策本として有名な「事例攻略のセオリー」です。全ての回答の根拠は本文に存在し、もしも本文中になかった場合は午前の知識で解く、という記述試験の基本中の基本が学べます。ITストラテジスト受験者にとって特に関係するのは中小企業診断士の事例3でしょう。生産管理はITストラテジストでも頻出です。逆に事例4には一切手を付ける必要はありません。この本を仕上げれば合格点に達することができるでしょう。

            そして最後の午後2。
            「ITストラテジスト 合格論文事例集」の第1部の合格論文の書き方を読み進めました。作文と論文の違い、章立てにすること、論文を書く前に全体構成を考えること、文字数指定に気をつけること等、基本的な作法が書かれていました。中でも一番役立ったのはワークシートです。書籍の後ろに論文作成に役立つワークシートが用意されており、それを埋めていくことで論文構成を作ることができます。試験前にこのワークシートを使って論文ネタを作っておきます。

            次に論文のネタについてです。筆者は、ITストラテジストの実務経験がありませんので、自分が下流エンジニアとして携わった案件を思い返し、上流のITコンサルタントや顧客の考えたアイデアをさも自分が考え出したかのようにストーリーを作り上げ、さらにその中で自分なりに工夫したかった点などを盛り込んで、頭の中にオリジナルの案件を2件ほど用意しておきました。それを出題に合わせて調整しながら答案を作ることで、勉強時間を大幅に減らすことができます。
            ITストラテジスト試験の他受験生はベテランがほとんどで、彼らは多くの案件を経験しているため引き出しが多く、そういう人たちは試験の場で出題内容に合わせることができるかもしれません。しかし、実務経験が不足している筆者がそれをできるはずがありません。事前に用意する2つに関してはベテラン勢並み、もしくはそれ以上のレベルで用意しておき、それを適宜問題に合わせて変更するほうが得策でしょう。

            また、午後2は3つの選択問題のうちから1つを選ぶ方式なのですが、必ず組み込み系の問題が1題含まれています。午後1と違って全く携わったことのない案件で論文を組み立てることは難しいので、普通のSEであれば組み込み系は対象外になると思われるため、本番試験では2つのうちから1つを選択する形になると思います。

            試験日までの日数が少なく、一度も論文を書く機会はありませんでしたので、とにかく本書の論文事例を読みました。ただ読むだけでは意味がありません。内容はどうでも良いので、重視すべきは論理展開。案件の中で何かアイデアを出すときは必ず複数列挙し、その中から理由とともに1つに絞るようにしました。そして、案件が順調に進むことはまずあり得ずトラブルはつきものですので、案件の最初と途中にそれぞれ問題(問題解決の際の問題の意)があったというシナリオを入れて、それを○○という工夫で解決した、というような展開にしていきました。
            特に、ITストラテジスト試験においては、問題に直面した際に、ツールを用いて華麗に解決する、という方法は歓迎されないらしく、体を使って動き回ることを盛り込むと評価点が上がる、という意見が多かったので、顧客のキーマンに何度も足を運んで直接提案をしたり、それでも無理なら顧客の担当者にお願いして打ち合わせの場を設けてもらったり、社長に取り次いでもらってトップダウンの意思決定をしてもらったり、といったストーリーを作り上げました。

            最後の改善点については、自分の提案について抜けがあったというストーリーにするのではなく、こういう工夫をすればより顧客の満足を得られた、次のリリースではこういう点を組み込んで利益増加を通じて顧客満足を図る、というようにしました。そうすることで、自分の提案にアナが少なく、かつ顧客志向であることをアピールできます。

            なお、時間配分は、はじめの40分は論文構成を考え、残りの80分で一気に仕上げると良いと思います。書くスピードにもよると思いますが、これなら大体文字数の最低ラインはクリアできると思われます。

            本番では、本書に記載されているレベルの論文を書くことは不可能なので、多少繰り返しを使って字数を稼ぐことを考えたり、多少の矛盾があっても気にせず答案を書こうと思ったり、していました。

            ■本試験
            試験会場は東京都三鷹市の明星学園高校でした。午前1が免除だったので、午前は時間に余裕がありました。なので、自転車で1時間かけて試験会場付近の無料駐輪場に停めてそこから歩いて会場に向かいました。今回は情報セキュリティスペシャリストと同じ試験会場らしく、比較的年齢層の低い受験生も多く見られましたが、自分の部屋に入ると周りはほとんどベテラン技術者といった風格の方だらけでした。

            まずは午前2から。試験時間が短いのですが、その分問題数も少ないので時間を半分以上残して順調に終わりました。途中退室ができないため、何度も見直しして点数予想まで計算しました。厳しめの採点で6割は超えていたので安心して昼食を迎えられることができました。

            午後1は、初めの選択は第2問の物流を選び、問題選択に成功したためほぼ満点を取ることができたと思います。そして残りの3問を見渡して第4問を選びました。初めの方の問題は解答の根拠が見つけやすかったのですが、後半にいくにつれて難しくなっていき、全問解き終えた時には解答を重ねたものが結構ありました。
            時間ギリギリまで根拠を探し続けましたが、結局書き直すことなく試験時間が終了。ここで足切りをくらったかもしれないという不安とともに答案を提出しました。

            午後2では、予想とは大きく異なった問題が出題されました。
            事前に用意したストーリーを適用しづらかったのですが、半ば強引に当てはめて論文構成を作成していきました。そのため、多少問題に対してズレた解答をしていた不安はありましたが、時間は120分と少ないため後戻りはできず、ひたすら書き続けました。
            試験時間が残り30分となったところで、それまで1回も論文を書いていなかったことが仇をなしてか、文字数が足りないという状況に陥りました。そこで、減点を覚悟で特に強調したい部分を言葉を代えて繰り返すことで文字数稼ぎに走りました。試験時間が終わるまで一切止まらずに書き続けて、文字数を少しオーバーしたところで終わりを告げるチャイムが鳴りました。長かった試験が終わってホッとしたと同時に、かなり適当に答案を埋めていたので不合格も確信していたため、来年試験にはどうやって挑もうか思考を巡らしました。

            2ヵ月後の合格発表日も結果を確認せずに、それから10日以上経ったところでたまたま受験票をみつけたので確認してみたら、なんと驚きの合格。思いもよらなかった結果にしばらく呆然としながらも嬉しく思いました。

            ■総評
            今回、12時間という非常に少ない勉強時間で合格することができましたが、誰でもこの時間で合格できるとは思いません。やはり、中小企業診断士試験の経験があり、午後1までの勉強時間を極端に減らせたからここまで勉強時間を減らすことができたと思います。
            また、論文試験は運も必要になってくるため、人によっては何回受験しても受からないという事態に陥る恐れもあります。採点基準が不明なため、雲を掴むような勉強になりがちですが、論文試験に関しては5割弱が合格できるため、まずはほぼ確実に午後1を突破できる力を身につけ、あとは毎年諦めずに受験し続けるという強い意志を持つことが肝心です。

            あと、試験は何が起こるかわかりません。筆者自身、当日自信のない試験は受けずにスルーしたりすることがあったのですが、今回の試験を期にその考えを改めて1%の合格可能性がある限り、取りあえず受けていこうというスタンスにすることにしました。

            受けなければ受かることはないのです。

             

             

            ◎ITストラテジスト試験午後橘簑蠅硫鬚方のnote

            ITストラテジスト試験午後橘簑蠅硫鬚方を説明したnoteを投稿しました。事例攻略のセオリーが絶版になったため、代替書籍を求める声が多かったのがnote執筆理由です。下記リンクより飛んでいただければ幸いでございます。

             

             

             

            なお、午後兇亡悗靴討郎のところ執筆未定です。要望があれば執筆することにいたします。

             

             

            最後に。

            実務経験がないというところで誤解がないようにするため、筆者の経歴は「スカイプ家庭教師」でご確認を。IT業界では下流エンジニアとしてテスター及びプログラマーを担当しておりました。

             






            本ブログはランキングに参加しています。
            応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
            にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



            | katekyonet | 資格勉強 | 20:46 | comments(53) | trackbacks(0) | - | - |
            中小企業診断士試験に合格した後に読む記事
            0

              JUGEMテーマ:検定試験にむけて

              JUGEMテーマ:ビジネス

               

               

              「中小企業診断士試験に合格したはいいけど、どうやってスキルを上げればいいんだろう……」

               

              ほとんどの中小企業診断士合格者にとって資格取得がゴールではありません。その後どのようにスキルアップしていくか、どのように他のコンサルタントと差別化していくか、のように自分自身をブラッシュアップしていくことになるでしょう。

              もちろん現役でバリバリにコンサルタントととして働いているという方もいらっしゃると思います。しかし、中小企業診断士試験を取得したばかりの方にとって実務レベルでのコンサルティングは簡単ではありません。

               

              そこで、小規模企業を転々とし、現在個人スカイプ家庭教師として中小企業診断士の合格者を排出してきた筆者が資格取得直後の読者を対象に、診断士試験の復習の必要性、フレームワーク習得の勧め、そして事例を多くこなす方法、そして最後に具体的なスキルアップ方法を紹介します。
               

               

              ■定期的な中小企業診断士試験の復習

               

              かなりの勉強時間を費やして資格を取得したものの、取得後に復習を疎かにしてしまい、せっかく覚えた知識を全く使わないまま忘れてしまう、というのは多々あることです。特に業務独占資格ではない中小企業診断士においては、忘れてしまうというのはその他の自称コンサルタントと知識で差をつけられないため致命的でしょう。

               

              コンサルタントには第三者立場での広い視野からの意見が求められます。一般的に日々の業務の中では自分の仕事のやり方や考え方というものが決まっていて、基本的にその型に当てはめて物事を進めていくということが多くなります。特に、これは成功体験をしている場合に多くみられる傾向のように思えます。そのような定型思考に陥っている会社の経営陣に対して、一般的な知識をその会社の業務や性質に合わせて提案するには、中小企業診断士一次試験で学んだ運営管理や企業経営理論の知識を完璧に理解しておかなければなりません。

               

              概して知識は覚えているだけでは使い物になりません。ある場面に出くわしたときに、瞬時に思い出せるようになって初めて実用化できます。例えば、新商品の開発をしたいと相談された際に、関連多角化と無関連多角化、そしてブランド戦略などがすぐに頭に浮かび、それぞれのメリットとデメリットを考えられて提案に結び付けられる、といった感じです。

               

              試験から時間が経つとどうしても記憶が薄れてしまいます。試験合格後もスキマ時間を利用して復習すると良いでしょう。
               

               

              ■最小限のフレームワークを抑える

               

              先ほど説明した復習に近いのですが、診断士試験の中で学んだフレームワークは特に集中して学習すべきです。中小企業診断士の二次試験では外部環境や対象企業の特徴などが与件に書かれていますが、実際のコンサルティングにおいては自分たちでそれらをゼロから調査しなければなりません。

               

              そこで5Cや4P、ポーターのファイブ・フォース分析等が役立ちます。念のために説明しますと5CはCompany(自社), Cost(コスト), Competition(競合), Customer(顧客), Channel(流通)の頭文字で主に買い手側からの視点、4PはProduct(商品), Price(価格), Place(流通), Promotion(広告宣伝)の頭文字で主に売り手側からの視点のマーケティングミックスです。また、ポーターのファイブ・フォース分析は外部環境分析に有用で、競争要因が「業界内の競合」「新規参入企業」「代替品」「サプライヤー」「顧客」の5つにあるとする考え方です。

               

              5Cや4Pはコンサルタントとして初めに何を調査したら良いかという手掛かりになりますし、ファイブ・フォース分析は新商品開発や新規市場参入の事例に対して漏れのないストーリーを作り上げることに貢献してくれるでしょう。

               

              フレームワークは数多く存在するため、それらを全て覚えてもあんまり意味がありません。たくさん覚えようとするとかえって消化不良を起こしてしまうことも考えられます。さらに悪いことにはフレームワークに頼ることで企業の事例に柔軟に対応できなくなることもありえます。ですので、上記に説明したような最小限のフレームワークだけを頭の中に入れておき、フレームワークありきで事例を考えるのではなく、事例に取り組んでいる最中に必要に応じてフレームワークを適用する、というやり方がスマートでしょう。

               

              現在筆者は小規模企業に勤務しており、企画ミーティングをすることがあります。業界内の人間だけで企画をしようとすると、どうしてもそれまでの知識や経験から顧客や市場をある程度絞り込んだ状態スタートで戦略を練ってしまうことがあります。そこで、広く浅いところから徐々に深く絞り込んでいく思考できるコンサルタント脳は非常に大事だと痛感します。
               

               

              ■数多くの事例を知る

               

              中小企業診断士として成長するためには多くの事例に遭遇して、多くの問題解決を実践することが一番の近道です。が、実務ともなると1つの事例に何か月もかかるのが常であり、そうなるとコンサルタントとしての力量が中々に上がりづらい。

               

              そこでおススメするのが書籍やインターネットにて事例を収集することです。有難いことに世の中には事例についての多くの書籍やインターネットサイトがあります。最初は解説の充実している書籍などを用いて、慣れて来たらインターネットサイトなどで事例を集めて自力で解いてみるのが良いかもしれません。中小企業診断士二次試験の問題を毎年解くのも良い練習になると思います。

               

              中小企業診断士試験を突破したばかりで実務経験が全くないコンサルタントにとって「弊社の利益が減少している原因とその対策を教えて欲しい」のような白紙の状態から自分で結論までの筋道を立て、論理づけてシナリオを作ることは難しいと思います。


              例えば、利益増加であればまずは目的の確認。次に外部要因を調査し、業界自体が落ち込んでいるのか、それとも自社だけなのか、を判断し、自社だけであれば他社の手法を参考にする、などの戦略が候補となる。次に内部要因に移り、利益を売上とコストに分解して売上面とコスト面でそれぞれブレークダウンさせて考えられる要因を列挙する。最後に、販売戦略の策定として「売上=単価×販売量(×頻度)」に分解して、単価を上げるのであればいくらにするのか、販売量を増やすのであれば流通チャネルを増やすのか、などをひとつひとつ検討していきます。最後に提案をまとめて終了です。

               

              つまり、次のようなステップで考えられる思考を作り上げる。
              1.目的の設定・確認
              2.フレームワークを用いて大項目レベル(目的確認、外部要因、内部要因、販売戦略)で全体の流れを構築
              3.大項目を順番に小項目にブレークダウンし、それぞれ検討
              4.提案まとめ

               

              このような大項目に分けてそれぞれフレークダウンさせていくという思考はコンサルタントにとって必須スキルです。初めにも説明しましたが、コンサルタントに求められるのは第三者立場での広い視野からの意見です。なので、事例を漏れなく細かく分解し、それぞれについてひとつずつしらみつぶしに検討していく、という思考プロセスが常に求められます。これができるようになるためには数多くの事例をこなして慣れるしかありません。
               

               

              ■具体的なスキルアップ方法

               

              以上のように「診断士試験の復習→フレームワークの確認→事例をこなす→診断士試験の復習→……」というサイクルを回すことで知識と応用力を兼ね備えた診断士に近づけます。理論だけでは実践に使えませんし、実践だけでも理論が疎かになると説得力に欠けたり、視野の狭い提案しかできなくなります。ゆえに、両方のバランスを維持することが大切です。

               

              診断士試験の復習については試験勉強で使った参考書を使えば問題ないでしょう。しかし、フレームワークとツールについては実際の事例と関連付けて説明されているような書籍をおススメします。

               

              例えば「戦略コンサルティング・ファームの面接試験 難関突破のための傾向と対策」では、ハーバード大学のMBAコースにてケース面接の指導を何年も行なってきたマーク・コゼンティーノ氏が実践で使えるフレームワークの紹介とともに豊富な事例を紹介してくれています。元々マッキンゼー等の外資系戦略コンサルティングファームのケース面接対策本なのですが、診断士試験を通過したばかりの方にも十分有用な書籍です。

               

              特に、本書のアイビー・ケース・システムは非常に有用で、戦略シナリオ(新規参入や価格戦略など)からオペレーション・シナリオ(売上増加、ターンアラウンドなど)に渡る合計12種類のケースを想定したフレームワークとなっています。また、本書には事例が36個も掲載されており、それぞれの事例について面接官と志願者が対話しながら進めていく形式で解説されています。
              この対話を覚える必要は全くありません。事例を自分で考えてから対話を読み進めて、自分のやり方と比較し、良い部分はどんどん取り入れていくという使い方が良いのではないでしょうか。

               

              中小企業診断士として活躍を目指されている方は、是非とも実務と並行して書籍やインターネットサイトを用いた学習を継続していただければなと思います。

               




              本ブログはランキングに参加しています。
              応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
              にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



              | katekyonet | 資格勉強 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              興味のない本だからこそ学べること
              0

                JUGEMテーマ:ゆとり

                JUGEMテーマ:ビジネス

                JUGEMテーマ:教育

                 


                最近、資格勉強が続いて読書が疎かになっていたので、昔買ったまま何年も読まないで本棚に放置されていた本を手に取ってみました。久しぶりの読書は楽しかった。やっぱり資格試験は頭をフルに働かせて何度も何度も同じページを読み返すのに対して、単純に内容を読んで頭の中が整理される読書は楽しいなって思います。こうやってブログにまとめるのは結構大変ですが(笑)

                 

                今回読んだ本は『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』というタイトル。名前からして共感できなさそうでした。しかし、読んで正解だった。この本の結論とか主張とかよりも、考え方の違った人の意見を読むということの大事さを知る良い経験になったと思います。

                 

                一般的に本というのは、自分が興味があるものしか読まないと思います。タイトルに惹かれて共感するからこそお金と時間を使ってまでも内容を読もうとするのでしょう。
                人間は共感してくれる人に好意をもつ傾向にあります。おそらくほとんどの人は、自分の意見に対して否定されるよりも肯定された方が気分が良いと感じることでしょう。そして無意識に同意してくれる人を選んで深い関係を築いていく。つまりは、自分の考えは元来正しくて、それを肯定してくれた人こそが仲間であり正義ということ。

                 

                本の選定・評価基準もそれと同様。自分の確固たる考えがあって、それが正しいと確信するために、それを補強するために本を読むということは往々にしてあり得ることでしょう。が、そのような行動をとってしまった場合、既存の思考を補完することしかできず、新しい考え方を学ぶことが非常に難しい。敢えて興味のないものを読むのも違った世界が見えて面白い、というのが今回の主題。

                 

                私自身も全く共感できない人の本を読んだことで、違った視点でのモノの見方を知る良いキッカケになりました。共感できない人とでも主張と結論が同じになることもある。しかし、主張と結論に相違はないけれども、その間を埋めるプロセスやメソッドが異なる可能性を知り非常に興味深かった。

                 

                この本の作者はトップダウンの考えの持ち主で、現在のいわゆる「ゆとり世代」とは正反対の考え方をしています。つまり、上司がやれと言われたことを部下は我慢して実行しろ主義者。私自身トップダウンは好きではありません。しかし、その好きではない主張の中でも納得できる部分と納得できない部分がありました。つまり、根本的に違う思考をしている相手でも部分部分では共感できる部分は存在し、全く折り合えないわけではないということに気がつきます。

                 

                自分と正反対の考えを持つ人の思考を知ることで、多種多様な人間に合わせるようになることは社会で生活をしていく上で非常に大切です。ある人が悪人に見えたとしても、本質的にその人が悪人かと言われるとそうではないと思います。その人の育ってきた環境や現在その人の置かれている状況等によってその相手方が自分の敵に見えてしまっている可能性はかなり高い。この場合、相手が悪人というわけではなく、ただ単に相手と自分の考え方やモノの見方が違うというだけ。

                 

                そうした自分とは異なる考え方を知ることで、人との付き合い方を知り、人間としての器が広がるのだと思います。

                皆さんも敢えて興味のない本を手に取ってみてはいかがでしょうか?
                 




                本ブログはランキングに参加しています。
                応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                | katekyonet | ビジネス書 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                eco検定(環境社会検定試験) 独学1発合格 〜勉強時間: 15時間〜
                0

                  JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                  JUGEMテーマ:環境問題

                   

                   

                  ■はじめに
                  11月頃に資格試験の予約を全くしていないことに気がついたので、急いで直近の試験を調べて見つけたのがエコ検定。元々環境問題には興味があったことに加えて、そもそも環境問題について研究をしたかったという理由でイギリスに留学した経験もあるので即申込みました。

                   


                  ■概要
                  eco検定(環境社会検定試験)とは、仕事と環境の相関を的確に説明する能力を習得することを目的とした試験です。合格率は大体75%前後。


                  近年、企業には利益を生むだけではなく、社会貢献に対する責任もあるという考え方が主流になっています。その社会貢献のひとつが環境問題です。

                   

                  オゾン層破壊物質であるフロンガスの使用禁止などの法規制面も厳しくなっており、企業は環境面に配慮した製品設計をしなければなりません。また、排出規制の法律相談所や太陽光発電装置の設置・取付業などの環境ビジネスで台頭しているものもあります。

                  つまり、環境とビジネスは非常に関係が深いため、一般社会人も取得しておいて損はない試験だと思います。比較的容易な部類の試験でもありますし(笑)

                   


                  ■試験結果
                  ・期間:15日(勉強時間 15 時間)
                  ・費用:7,603円(受験料5,400円、参考書代等2,203円)
                  ・得点:95点(100点満点中70点以上で合格)


                  試験結果表が届いたので見てみたら95点と書かれていて驚きました。他に並行して勉強していた試験がなかったのでついつい時間をかけ過ぎてしまったのかも。公式ホームページでも1ヵ月未満の勉強時間での合格者の割合が3割と発表されているので、勉強が得意な方なら数日で合格できると思います。

                   


                  ■計画
                  1ヵ月未満の勉強期間で十分ということなので直前1週間だけで挑もうかとも考えましたが、他に受験予定の試験がないためじっくりと2週間かけることにしました。勉強時間は1日1時間、通勤の電車内だけにします。

                   

                  まずはインターネットにて情報収集開始。
                  公式テキストについて調べたところ「ページ数が多く、文章がみっちり書かれていて読みづらい」との意見が多かったので他のテキストを探すことにしました。


                  eco検定はテキストがそんなに多くなかったのですが特に気になったのが「eco検定 ポイント集中レッスン」。口コミを見てみると、出題される場所だけに絞り、さらに演習問題もあるため解きながら覚えられるというところが気に入ったのでこれを購入することに決めました。

                  確かな知識を得るためには公式テキストと並行して進めるのが良いのでしょうが、あくまでも目標は最短合格。テキストは「eco検定 ポイント集中レッスン」1冊で挑むことにしました。

                   

                  eco検定は公式テキスト内の全6章+テキスト外からの出題となっています。各章ごとの出題割合は第3章が圧倒的に多く、その出題割合は全体の5割以上! しかし、第3章はテキストの中でも一番多く扱っているところでもあるためページあたりの配点の比重が高いわけでもありません。


                  また、勉強を進めると分かりますが1章〜5章までは記載されている内容がかぶっているところが多いため、結局すべて平均的に学習することになるでしょう。そして、第6章とテキスト外からはほとんど出題されません。年度によっては全く出題されないことも多いので、全く読まなくてもOK

                   

                  以上より、学習計画はテキストの第1章から第5章までを15時間で終わらせることになります。
                  テキストが約200ページなので具体的なスケジュールは下記の通り。

                   

                   ◎テキスト1周目
                    1日30ページで7日

                   ◎2周目
                    1日50ページで4日

                   ◎3周目
                    1日100ページで2日

                   ◎総復習
                    ・テキスト全ページを1日で読み切る×2回
                    ・過去問2回分

                   


                  ■実行
                  テキストを書店で取り寄せ注文してから勉強開始。本を開いてみると章が各節に分かれてて、節ごとに説明と演習問題が載ってる形式。

                   

                  テキストの進め方は説明文は飛ばして初めに演習問題を解き、その後左ページの説明文を読む。これが効率的です。これも毎度書いておりますが、参考書ではなく問題集から着手。

                   

                  初めの方の章は読みやすいんですが、後半になってくると1回読んだくらいじゃ覚えられないところも出てきます。理解の難しい箇所は1回読んでなんとなく理解した気持ちになって飛ばします。何といっても合格率が70%以上の試験なので細かいところはできなくても良いでしょう。理解しやすいところでシッカリと得点すれば合格できます。

                   

                  1周目は予定通り7日間(つまり7時間)で終了。過去問はやる必要ありません。
                  先ほど勉強の仕方を説明しましたが、例えば第1章2節の「環境問題の世界動向」は表を全部読む必要はなく、演習問題を終わらせて表と説明文はサラッと読むだけで問題ありません。この節に時間をかけると全く先に進みませんので。

                   

                  2周目は1周目で分かっていたところは読まなくても良いので、これも4日で終了。ここでも過去問はやらず。

                  3周目になってくると細かいところ以外はほとんど自信をもてるようになるかと思います。ここでも過去問はやらず。

                   

                  試験の2日前から全ページを1日かけて読み通すことを2回繰り返しました。ここにて実力試しのために初めて過去問に取り組みます。過去問を完璧にしても構いませんが、これまでの勉強をこなせてあるのであれば7割は確実にとれているはずなので復習は必要ありません。もしも7割取れてないような気がしたり、石橋を叩いて渡りたい場合は過去問の復習をするのもいいかもしれません。ちなみに筆者は復習はしませんでした。

                   

                  全体を通して、グリーンコンシューマーと消費者市民やCSRとSRIとかまで理解しましたが、合格するためならここまで理解する必要はないでしょう。何となく同じようなものだという認識で大丈夫です。国際機関も略称だけ覚えておけば問題ありません。国連なんちゃらかんちゃらはUNEPとかUNESCOで問題ありません。

                   

                  続きを読む >>



                  本ブログはランキングに参加しています。
                  応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                  にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                  | katekyonet | 資格勉強 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  独学で意識すべき5つのこと
                  0

                    JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                    JUGEMテーマ:参考書

                    JUGEMテーマ:教育

                     

                     

                    「資格勉強のために必要以上にお金をかけたくない」という理由で独学をはじめる人は少なくないと思います。実際に、独学は金銭的なコスト面で有利というだけではなく、試験に比較的短期間で合格をするのに適しています。しかし、独学で受験しようとしたはいいけれど、中々最後までやり切れる人が少ないのも事実。そこで独学で何十個も資格を取得している私が、独学において意識すべきことの中でも特に重要だと思われることを5つに絞って紹介いたします!

                     


                    ■1つの分野を完璧にしてから先に進む必要はない


                     予備校や塾、資格学校の授業などでは1つの分野を終わってからその分野に関する確認テストを行い、ある程度ひとつひとつの分野を完璧にしてから先に進みます。このような進め方を予備校等がする理由のひとつには、合格までに必要以上の勉強時間をさせてでも合格者数を増やしたいということがあげられます。


                     試験の合格最低点が60点とした場合に、予備校等は可能な限り生徒に高得点を取らせようとします。合格最低点ギリギリではなく余裕をもたせて合格できるよう指導をした方が合格者数が増えて合格実績が増えるし、何より生徒自身もお金を支払って予備校等に通っている以上は高い確率で合格をしたいと考えるため理にかなっているのでしょう。

                     

                     そのため予備校等は、一つの分野を完璧にさせるために、時間の許す限り定期的に試験や補習をおこなって何回も何回も同じところを復習させます。さらには合格が確実視されるような生徒に対しては、過去数年、あるいは何十年に渡って1度や2度しか出題されなかったような問題についても演習させることがあります。

                     

                     確かに試験に合格するためには合格ラインに余裕をもった方が良いでしょう。もちろん独学でこの方法をとっても構いません。が、折角独学という選択肢を選んだ以上は独学によるメリットを十分に享受するのが賢い選択でしょう。独学の目標としては試験合格ラインギリギリを目指す意識で勉強することをおススメします。私はいつも合格ラインギリギリを攻めており、合格する確率が60%あれば十分だと考えております。そのメリットを生かす方法が「超速繰返し学習法」です。

                     

                     この学習法は、試験の全範囲を何回も何回も繰り返して全範囲を平均的に底上げすることを目的とします。分からない問題はすぐに解答を読み、理解したらどんどん先に読み進めるというもの。1つの分野が終わった時点で復習する必要はありません。取りあえず問題集1冊をすべて終わらせて、最後まで終えたら再び最初に戻って、何回も何回も繰り返し解き続けます。初めの1周目や2周目は時間がかかるかもしれませんが、繰り返しているうちに問題集1周をこなすスピードが上がっていきます。これによって特定の分野だけ偏って学習するということはなくなり、複数の分野に渡って平均的に得点することで合格最低ラインギリギリを目指すことが可能になります。

                     

                     独学の場合はこのように全範囲を少しずつ底上げして、記憶から消えないうちに再び同じ範囲を繰り返すことで記憶定着をはかる方法を採用できることが予備校等とは違う点でしょう。

                     


                    ■分からないところは飛ばす


                     分からない問題に直面した時に、独学では説明してくれる人がいないため、自力で何とかしなければなりません。手持ちの参考書を開いたり、インターネットで調べたりしても中々理解できないことも少なくありません。その場合には潔く諦めて問題を飛ばしてしまいましょう。

                     

                     では、なぜ読んでも分からないところが存在するのか? それは。試験の対策書を作成している人のほぼすべてがその試験の合格者であり、書籍を執筆するにあたって試験に必要な前提知識を備えているからです。彼ら・彼女らは、テキストの後半に出てくる考え方を知らず知らずのうちに前半で使ったりしていることがあります。時には試験独特の考え方があったりもするため、その思考ができない受験生にとっては大きなハードルとなり得ます。ゆえに、初学者がいきなり解説を読んでも理解できないことがあるのは当然であり、ここら辺が独学の難しさともいえます。

                     

                     予備校等では分からなければ先生に質問すると丁寧に、問題を解くのに必要な前提知識を教えてくれたりもしますが、独学ではそうはいきません。分からないと割り切って先に進むという今まで義務教育等で学んできた過程で経験しなかった決断をする必要があるのが独学が難しいといわれる要因のひとつだと思います。

                     


                    ■多くのテキスト・問題集に手を広げ過ぎない


                     予備校等であれば先生が合格に必要な知識を網羅した独自のテキストや問題集を用意してくれます。合格実績があるところであれば、そのテキストだけ勉強すれば十分であるという裏付けにもなるでしょう。しかし、独学となると自分で市販の書籍から使用するものを選ばなければなりません。そうすると、自分で選んだものが合格するための必要十分なテキスト・問題集であるかどうかが不安になることがあります。過去問を解いたときに、自分の選んだ書籍に記載のない初めてみる問題が多かったりすると不安に感じてしまうことも多々あるでしょう。

                     

                     そこで、独学においては使用するテキストを必要と感じた都度購入するのではなく、初めに全て決定してしまう必要があります。まずはインターネット等で合格体験記などを読んで綿密な事前調査の上で合格までに必要な書籍をシッカリと見極めるべきです。自分が選び、信じた書籍を完璧に理解することが先決であり、不安になって下手に他の書籍に手を出してしまうと、どれも中途半端になってしまう、いわゆる消化不良を起こしてしまいます。手持ちの書籍をすべて終えて、そこで初めて他の書籍の購入を考えてください。

                     

                     そのために必要なのが事前計画。使用する参考書・問題集を決めることの他にも、可能であればスケジュール表まで作るのが理想です。他のテキストに浮気せずに自分の信じたテキストをとことんやり切ることが非常に重要です。

                     


                    ■「忙しい」を言い訳にしない


                     仕事で毎日の帰りが遅くなるとついつい口にしてしまう「忙しい」。しかし、忙しい中でも何とか時間を作って合格している人が多いのも事実。予備校等に通ってる人であれば授業料を支払ってしまっているので、忙しい合間をぬってでも既に支払った対価を無駄にしないためにも勉強を続けることができますが、独学だといつやめても大した不利益はないという完全自己責任の状況です。独学で受験を諦める原因の99%は諦めたいという意思に負けてしまうからです。しかし、それを認めたくないという心理が働き、自分の外、すなわち忙しいという外部環境に原因があると思い込むことで自分を納得させようとしてしまいます。これが独学が続かないメカニズムのひとつ。
                     
                     お金と違って時間だけは全員に平等に与えられるものです。また、時間は待っていれば増えるものではなく自分自分で作るものです。もし時間がない状態にあったとしたら、それは自分の時間の使い方が上手ではないか、もしくは自分でそういう状況を作り出していることに他なりません。


                     忙しいと口に出しそうになったら「時間がない」ではなく「時間を作る」というように思考を転換し、自分より忙しくても受かっている人もいるのだと考えましょう。

                     


                    ■適度な遊びを取り入れる


                     勉強習慣がついてくると今度は休みの取り方に目を向けると良いでしょう。1日20時間くらい勉強してしまう人もいると思いますが、それでは体がまいってしまい勉強が続かない恐れが高く、また人間は寝てる間に記憶の整理を行うという研究結果もあるようなので休みを入れることは非常に重要です。

                     

                     休みをいれずに学習をしてしまった結果、段々と集中力がきれてきてダラダラ読み進めてしまったという経験はないでしょうか? この状態の学習効率は非常に悪く、限りある時間の浪費の他何ものでもありません。そういう時は、遊んで気分をリフレッシュしたり、寝てしまったりして、英気を養った方が良いのです。また、学習のモチベーションを維持する点でも遊びは重要です。

                     

                     思いっきり集中して思いっきり遊ぶ。これがもっとも効率の良い学習方法です。

                     


                    ■まとめ


                     以上、独学で気をつけるべき点を5つあげてみました。もちろん他にも気をつける点はたくさんありますが、特に大事だと思われるものに注力して紹介しました。
                     独学で学習を続けることは難しいのも事実ですが、慣れてしまえばなんてことはありません。時間とお金を賢く使うためにも独学できるようになってみてはいかがでしょうか。

                     

                     

                    P.S. 本記事をきらケアさんの「ケア業界でプロフェッショナルを目指す方へ!介護系の資格取得に役立つ学習方法まとめPart2」にて紹介いただきました! 他の方々の勉強法なども多数掲載されておりますので、是非ご参考ください。




                    本ブログはランキングに参加しています。
                    応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                    にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                    | katekyonet | 勉強の仕方 | 16:07 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                    LPIC LEVEL3 300試験 独学1発合格 〜勉強時間: 13時間〜
                    0

                      JUGEMテーマ:検定試験にむけて

                       

                      ■はじめに
                      LPIC Level3試験の中の300試験に合格しました。これで正式にLPICレベル3を名乗れることになります。
                      受験動機は更新月が迫っていたため。LPIC Level2試験に合格したのは5年前の8月でしたので急いで受験しました。PeasonのIDとかパスワードとか忘れてて再発行したりと受験予約するまでが結構大変でした(笑)

                       


                      ■概要
                      LPICとは、特定非営利活動法人LPIがLinux技術者のスキルを評価するために実施している認定試験です。"IT資格といえば Linux技術者認定試験Linux/LPIC"と、公式でもうたっており、IT業界では非常に高く評価される資格試験です。過去にはアイティメディア@IT自分戦略研究所が調査結果では「最もキャリアアップにつながった資格」「最も実務で生かせた資格」「取得したい資格」で三冠に輝きました(ソース: http://www.lpi.or.jp/top1/
                      私自身新卒でいきなりこの資格を取得して非常に良かったと思います。研修を一切せずにいきなりサーバ構築を任されたのは、おそらくこの資格で前提知識をつけていたからだと思います。

                       

                      Linuxとは一般の方には聞きなれないかもしれませんが、Windows、MacのようなOSの1つです。WindowsやMacと大きな違いはマウスを使って画面を操作するのではなく、すべてキーボードでコマンドを叩いて操作するCUIがメインなことでしょうか。あとは、基本的に無料なので費用が抑えられます。Linuxもっとも、この記事を読んでいるような方はLinuxについて理解があるでしょうから詳細な説明は必要ないかもしれませんね。

                       

                      LPIC Level3には、300試験、303試験、304試験と3種類試験があります。どれかひとつにでも合格すればLPICレベル3を名乗れます。今回受験した300試験はLDAPとSambaの概要が問われるもので、広く浅くといった問われ方をします。実は、この300試験はレベル3の中でも難しいと言われているようですが、後述するPing-tが300試験にしか対応していないので受験しました。そこまでPing-tを信頼しています(笑)

                       


                      ■試験結果
                      ・期間:18日(勉強時間 13 時間)
                      ・費用:37,260円(受験料30,000円、参考書代等7,260円)
                      ・得点:700点(800点満点中500点以上で合格)

                       

                      受験料の定価は32,400円なのですがping-tで購入したバウチャーを使いました。期間限定、数量限定で発売されているもののようですので、受験時期によっては販売していませんのでご注意を。……それにしても受験料高い。オラクルに比べればマシだけど。

                       


                      ■計画
                      レベル2までストレート合格していたので今回も前回までと同様の方法で挑むことにしました。LPIC Level1LPIC Level2の記事はハイパーリンク先をご参照ください。昔書いた記事を見てみましたが簡潔に書き過ぎてて参考になるかどうか心配ですが(笑)


                      300試験に合格された方々が次々に口にされるのがレベル2の方が難しかった、という言葉。実際その通りだと思いますので、レベル2まで合格された方は自信をもって受験してください。しかし、受験料が30,000円と半端ないので不合格になったときが非常に痛い。ギリギリ合格をモットーとしていますが、今回に限ってはかなり余裕をもって合格するようにしました。あと、レベル2に合格してからすぐに300試験を受験すると受かりやすいようです。というのも、LDAPとか一部出題範囲がかぶっているので。

                       

                      学習計画はPing-tをすべて金にして、その後コマ問をやりながらあずき本で理解を深める、という方法をとりました。コマ問は最短合格には必要ないと思いますが、先ほど申し上げた通り今回は受験料が高いので絶対に不合格は避けねばなりませんゆえ。
                      Ping-tとは、E-ラーニングのサイトです。月額支払えば期間内は何度でも使用可能。そして1ヵ月から36ヵ月契約までできるのですが、期間が長くなればなるほど割安になる。今回はLPIC 300試験のみ合格するつもりなので1ヵ月契約にしました。これによって1ヵ月で合格しなければならないのでモチベーションの維持にもつながります。

                      今回も電車やバスの移動時間だけで合格します…… といいたいですがコマ問がだけは机に座ってPCにて。

                       


                      ■実行
                      まずはPing-tから。乗り換え時間の短い電車の中では10問もしくは20問ずつ解いて、長い場合は50問ずつ解いていきます。はじめは全然分からないので問題文を読んですぐに解答、解説を読む作業。何回もやって同じ問題や類題が出たときにやっと正解できるといった感じで少しずつ前に前に進んでいきます。


                      All銀になるまで5時間。そこから2時間ですべて金に変わります。金になる直前に不安な問題にはチェックをつけておきましたが、結局復習しませんでした。ここまで合計7時間。全部金になった後はコマ問をやりながらあずき本を片手に理解を深めます。

                       

                      コマ問はスマホではやりにくいのでパソコンを使います。全問題をいきなり解くのではなく、まずはセクションごとに解答。コマ問は解答に時間がかかる上に、全部解き切らないと見直しができないので初めはセクションごとにするのが良いでしょう。コマンドが曖昧に覚えていたことに気がつかされながらも間違えた問題をすべてやり直して、セクションごとにパーフェクトをとります。いきなりすべてのセクションを終えるのではなく、半分の4セクションを終えたら4セクションを全部選択して一気に復習。後半の残り4セクションも同様にまずは1セクションずつ終わらせて、その後まとめて4セクション復習。試験直前日に再度4セクションごとに区切って総復習します。これを全て終わらせるのに4時間くらいかかりました。

                       

                      コマ問をやりながらあずき本を読み進めます。電車の時間をあずき本、机に座ってコマ問という感じです。あずき本は斜め読みで良いでしょう。Ping-tでは分かりづらかったところも図を使って丁寧に説明してくれてるので理解が深まりました。個人的にはあずき本の問題は解く必要がないと思います。あずき本で大事なのは問題以外の部分。説明文を読んで分からないところはシッカリと理解しておきましょう。本番試験では、Ping-tと同様のことを問われていても表現を変えて出題されることもあるので確実に理解しておくことが大切です。あずき本に使った時間は2時間程です。

                       

                      試験日にはPing-tの模擬試験を実施します。何回やっても95%以上は取れるようになっていたので自信をもって試験に挑みました。

                      続きを読む >>



                      本ブログはランキングに参加しています。
                      応援していただける方は下記リンクをクリックお願いします。
                      にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ



                      | katekyonet | 資格勉強 | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        資格キラー (08/30)
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        まめ (08/29)
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        こなた (08/08)
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        資格キラー (08/08)
                      • 中小企業診断士1次試験 独学1発合格 〜勉強時間: 250時間〜
                        こなた (08/08)
                      • 独学で意識すべき5つのこと
                        資格キラー (07/10)
                      • 独学で意識すべき5つのこと
                        ヨウスケ (07/09)
                      • ディープラーニング G検定 独学1発合格 〜勉強時間: 10時間〜
                        あ (07/08)
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        資格キラー (06/24)
                      • 行政書士試験 独学1発合格 〜勉強時間: 100時間〜
                        初学者 (06/24)
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      当サイトはリンクフリーです。
                      + PROFILE